「動画コンテンツASPのワザール」のライフタイムコミッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフォトップ創業者の菅野さんが、
次の一手に選んだのが、
動画コンテンツASP
である、「ワザール

グランドオープンは9月10日で、
そこから1週間は先行募集期間。

その期間にアフィリエイターとして、
ユーザー誘致を行うと・・・
ライフタイムコミッション
がもらえる。

「ライフタイムコミッション」とは、
何もしなくても半永久的に収入が入ってくる権利
である。

※ワザールのアフィリエイター登録は、
http://affiliates.wazaar.jp/register?stai=7210

ライフタイムコミッション」について説明する。

例えばあなたがワザールのアフィリエイターとして、
ユーザーを誘致したとする。

仮に100人のユーザー(無料登録)を集めたとして、
その内の10人がワザールで買い物をしたとすると、
売上の何%分かが報酬として支払われる・・・
これがいわゆる「アフィリエイト」

ライフタイムコミッションの場合は、
1回の購入ではなく、あなたが誘致したユーザーが、
5年後に買い物をしたとしてもあなたに報酬が支払われる。

毎年毎年、何回も何回も買い物したとしても、
その全ての売上から報酬がもらえる・・・

生涯報酬発生型アフィリエイト
と言うのがライフタイムコミッションだ。

ワザールが「良いサービス」になり、
売り上げが拡大すれば、
本当に「何もしなくても半永久的に」
大きな報酬が入り続ける。

ただし、このライフタイムコミッションを得られる権利は、
9月10日~17日までの1週間だけ。

あなたが即刻紹介すれば、
あなたの2ティアも「ライフタイムコミッション」
を得ることができる。

※ワザールのアフィリエイター登録は、
http://affiliates.wazaar.jp/register?stai=7210

これはいわゆる「オープニングキャンペーン」の一種。

「オープン記念に定価の○○%割引!」
「先着○○名様は完全無料!」

こういうオープニングキャンペーンの一種で、
ワザールとしてのスタートダッシュを切る為の仕掛けである。

ビジネスの立ち上げと言うのは、

・初動
・軌道乗せ
・ブレイク

という3段階で立ち上げる。

その後も「安定」とか第2フェーズとか、
立ち上げ以降の戦略があるのだけれど、
「立ち上げ期」においてはこの3つ。

その「初動」部分を成功させる仕掛けが、
オープニングキャンペーンである。

こういう3つの段階って、
バーベキューとかの際の「火おこし」と同じ。

初動は「火がつきやすいモノ」を用意する。
いわゆる「着火剤」である。
人が釣られやすい餌を撒くのが、
オープニングキャンペーンだと思ってもらえば良い。

瞬間的に着いた火を消さないために、
今度は「炭」に引火させる必要がある。
炭はつきにくいけど消えにくい。
ここが軌道に載せるポイント。

具体的にはコンテンツだったり仕組みだったり、
そのサービスそのものの質が問われる段階。

その後は肉を焼いてれば自然と油が出て、
それに火が燃え移って爆炎となる・・・
これが「ブレイク」である。

人気を博すことでテレビで取り上げられたり、
雑誌で紹介されたり何だかんだするタイミング。

この3ステップを前提にして、
立ち上げの戦術を決めていくわけだ。

「動画コンテンツ」と言うのは、
時代にマッチしているので、
大ブレークの可能性は大きい。

アメリカでは既に大ブレイクしており、
とんでもない市場規模である。

日本ではベネッセが同様のモデルを、
すでに展開している。

そういう意味では、
スタートダッシュは大成功するはずだ。

あなたがアフィリエイターとして動くなら、
即刻登録して17日までに、
可能な限り(無料)登録を獲得すべきだ。

「半永久的に」大きな収入を得られる可能性がある。
例えるならば、会社の創業者一族に加わるようなものだ。

ワザールの運営と時代の波次第では、
とんでもない可能性を秘めている。

「成功した場合」を考えると、
ライフタイムコミッションは素晴らしい権利である。

一方、万一失敗したからといってまったく被害がないわけだ。

何にせよ、
「ライフタイムコミッション」
を得たいならば、即刻動くこと。

※ワザールのアフィリエイター登録は、
http://affiliates.wazaar.jp/register?stai=7210

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です