ユーグレナ

 

  1. 1.ユーグレナ(ミドリムシ)の歴史

ユーグレナ

ユーグレナ(Euglena)は、ラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味です。
5億年以上前に原始の地球で誕生した生き物です。

1,660年代オランダの「微生物学の父」と言われた アントニ・ファン・レーウェンフック氏によって発見されました。

ユーグレナはべん毛の近くに、光を感じるきれいな赤い点(眼点)を1つ持っています。
この赤い点が美しい瞳に見えたことから、「ユーグレナ(美しい眼)」と名付けられました。

その後、1,950年代にアメリカのメルヴィン・カルヴィン氏らが、 ユーグレナを用いて光合成の研究を行い、 1,961年ノーベル化学賞を受賞しています。

 

NASAでも大注目!!

1,970年代、ユーグレナはアメリカ航空宇宙局(NASA)で、 宇宙開発の分野でも注目されました。
ユーグレナが太陽光と二酸化炭素だけで育つからです。

宇宙空間において、 クルーの呼吸によって排出された二酸化炭素でユーグレナが生長し、
ユーグレナの生長過程で酸素が得られるというわけです。
近い将来、空気のない宇宙空間において、 ユーグレナが大活躍するかもしれません。

 

昔から注目されていたのに、どうして今??

1,990年代には既に、 ユーグレナを使った医療、医薬品の開発、二酸化炭素固定法などについて
研究がおこなわれておりました。
ところが、実用化の目処が立たなかったのです。
ユーグレナは豊富な栄養素を持つため、 ほかの微生物にとっても究極のご馳走となってしまうのです。
つまり、培養の際にわずかでも細菌や微生物が混入すると、すぐに全滅してしまうのです。

大量に培養するのは非常に難しく、 実現不可能と多くの研究者が考えていました。

 

不可能を可能にした東京大学ベンチャー

東京大学の研究者は、 ユーグレナが発展途上国の食糧問題を解決する切り札となると考えました。
そして、ユーグレナの大量培養の実現に向けた一大事業に挑みました。
栄養価が豊富なユーグレナなら、 栄養不足で生きることができない世界の子供たちを
救うことができると考えたのです。
研究に研究を重ね、 ついに沖縄の石垣島で大量培養に成功しました。

これは世界初のことで、 今、日本のユーグレナは世界のあらゆる機関から注目されています。

 

  1. 2.ユーグレナの何がすごい?

ユーグレナは「光合成ができる植物なのに動物のように動き回ることができる」 不思議な生き物です。
和名の「ミドリムシ」がよく知られていますが、 虫ではなく「藻」(微細藻類)の仲間です。
体長は0.03mm~0.05mm。

ユーグレナは、動物と植物の2つの特徴をあわせもっています。
植物であり葉緑素を持っています。
植物の性質と動物の性質の2つの特徴をあわせ持つ生物はとても珍しく、
おおくの可能性を秘めたスゴイ生命体なのです。

どれだけスゴイ栄養素を持っているかというと…
我々が必要とする栄養素は、ユーグレナだけで全て補えます。
ユーグレナだけでも人間は生きていける! とまで言われています。

ユーグレナは体内で我々が必要とする全ての栄養素を作り出すことができます。
しかも、 水・光・二酸化炭素だけあれば光合成を行うことにより育つのです。
だから、地球の未来の食糧問題を解決する切り札として、
何十年も前から世界中で研究されていました。

ユーグレナは、栄養たっぷりで理想的な食べ物といえます。
しかも、光合成ができるので、二酸化炭素を吸収し酸素を生み出します。

また、その生命力も素晴らしく、さまざまな環境で生きることができます。
例えば、大気中の1,000倍という高い二酸化炭素濃度の中でも、 元気に育つことがわかっています。
地球温暖化が進む地球の未来を救う切り札になるかもしれませんね!

 

  1. 3.ユーグレナが食料問題の救世主!?

2,005年に東京大学の研究者が、ユーグレナの大量培養に成功しました。
でも、ユーグレナが大量培養できるようになったことが、 どうしてそんなにも注目されたのでしょうか?
それは、栄養素がバランス良く含まれているユーグレナの大量生産が可能になれば、
飢餓や栄養失調、食料問題で苦しむ人を助けられるからです。

 

「食料不足」と「地球温暖化」「エネルギー問題」にも!

現代を生きる人類には、大きく3つの課題があります。
1. 食べ物 … 「飢餓」や「食糧問題」を解決すること
2. 地球温暖化対策 … 増え続けるCO2についての対策
3. エネルギー問題 … 石油に代わる代替エネルギー 
なんと! ユーグレナが、この3つの課題をすべて解決してくれるかもしれません。

 

1.ユーグレナは理想的な栄養素

食糧危機の問題は、 「食べるものがない」ということだけではなく
「栄養価が足りない」ということも問題なのです。

「エンプティーフード」という言葉をご存知ですか?
まさに「空の食べ物」です。 近年、食料の栄養価の減少は顕著です。
栄養価が減少しているならば、たくさん食べればいいじゃないか? と、考えないでください。
栄養価は減っていますが、カロリーは同じなのです。
お腹を満たすだけの食べ物なのです。
アメリカでも日本でも、お腹を満たす食べ物は豊富にありますが、 栄養価は減少しているのです。
魚や新鮮な野菜に多く含まれるビタミン類や不飽和脂肪酸(DHA,EPA)を摂取する食糧が不足しているのです。

この問題を解決するものこそ、「ユーグレナ」なのです!!

 

【ユーグレナに含まれる栄養素】

ユーグレナは、ビタミンB群、ビタミンEをはじめ59種類の栄養素を
大量に含んでいるので栄養バランスは完璧!

特に摂りにくい亜鉛は75mg/100gとクロレラの約77倍も含んでいます。
ユーグレナは動物性と植物性の2つの栄養素を持っているため、
必須アミノ酸やDHA、EPA、リノレン酸などの不飽和脂肪酸群も十分摂ることができます。
しかも、どこでも効率的に生産でき、 過酷な環境下でも増殖するので食料問題を解決できます。
また、メタボリック症候群やダイエットにも効果的です。

 

2.光合成による地球温暖化対策

ユーグレナは、光合成によりCO2を吸収し、酸素を放出します。
しかも、ユーグレナは水と二酸化炭素および光だけあれば生長します。
したがって、ユーグレナの培養は地球温暖化対策になります。

 

3.代替エネルギー

石油は、いずれ枯渇するといわれます。
ユーグレナは、バイオ燃料として大変有望です。
バイオ燃料としては、トウモロコシなども研究・実施されています。
しかし、残渣すら有効活用できるユーグレナは、
トウモロコシ以上の経済的サイクルを完成できるかもしれません。

 

ユーグレナは、捨てるところがない究極のエコ食品!

ユーグレナの凄さは、サプリメントやバイオ燃料を作った後の残り滓ですら有効活用できるところです。

たとえば、バイオ燃料の原料としてユーグレナを大量に使ったとします。
すると問題になるのは、油脂分を抽出した後の残りカスです。
ところが、ユーグレナの場合は、この残りカスに良質なタンパク質やビタミン、DHA・EPAなどの栄養素が残っています。
これを養殖魚への飼料として与えてみたところ、生存率が上がり活力も向上しました。
また、残りカスを家畜の飼料としてニワトリに与えたところ、 栄養素のタウリンが増加しました。
タウリン高含有鶏肉は、 ベビーフードや生活習慣病予防のための食べ物として喜ばれます。
ユーグレナの利用は、ムダのないエコロジーな循環型サイクルが可能です。
このように、ユーグレナは二次利用、三次利用も考えられる理想的な食べ物です。

東京大学と日本の企業が世界で初めて大量培養に成功したユーグレナが、
これらの21世紀の大問題を解決できるかも知れないのです。

 

  1. 4.ユーグレナは天然の優秀な
    サプリメントです!!

 

ユーグレナは黄金バランスの天然サプリメント!

ユーグレナには栄養成分が59種類も含まれています。
ユーグレナには、我々の必須アミノ酸9種類が全てバランス良く含まれています。
「アミノ酸スコア」で見た場合、ユーグレナの数値は「83」です。
この値は理想のアミノ酸数値100に近く、 乳タンパクのカゼインとほぼ同じ理想的な形をしています。
ビタミンもミネラルも、DHA・EPAも含まれる理想のサプリメントです。
人間が食事から採り入れなければならない栄養素の全てを含んでいます。
現代人に不足しがちな亜鉛やβ-グルカン、 不飽和脂肪酸(DHA、EPA)も入ってます。
これはユーグレナが持つ動物性栄養素のチカラです。

 

ユーグレナ1gで摂れる栄養素

〇 ビタミンB1 0.18mg ≒ 豚肉(生) 薄切りロース肉約150枚分
〇 ビタミンB2 0.06mg ≒ 生卵M 約25個分
〇 ビタミンB6 1.36㎎≒バナナ 約3本分
〇 ビタミンB12 1.9μg ≒ 鶏レバー 約427g
〇 ビタミンE 23.8㎎ ≒ かぼちゃ(中) 約1/2個
〇 カリウム 443㎎ ≒ 納豆 約1パック強分
〇 鉄 48mg ≒ ホウレン草 約5.3kg
〇 亜鉛 0.75mg ≒ 車エビ(生) 約150g
〇 鉄 0.48mg ≒ ホウレンソウ 約50g
大切なビタミンB群のバランスもバッチリです!

ユーグレナでは59種類の栄養素が一度に摂れるので、
それぞれの栄養素の相互作用を高め吸収率をアップさせる、相乗効果が期待できます。

ユーグレナは水溶性のビタミンB群を多く含んでいます。
特定のビタミンBだけ一度に多く摂っても意味がありません。
余った分は体外に排出されてしまいます。

ドベネックの桶の法則とか、リービッヒの最小律とか言われるものです。

ドベネック3
植物の生長を桶の中に張られる水に見立て、 桶を作っている板を養分・要因と見立てます。
たとえ1枚の板がどれだけ長くても、一番短い板の部分から水はあふれだし、 結局水カサは一番短い板の高さで決まります。

ビタミンB群は多くの種類をバランス良く、毎日とることが必要です。
EPAやDHAなどの酸化しやすい栄養素も、 ユーグレナでは効果的に働きます。
ユーグレナの中には、 抗酸化力を持つビタミンCやE、β-カロテンなども含まれているので 相乗効果が高くなります。

多くのビタミンB群や栄養素を含むユーグレナは、 まさに理想のサプリメントとして 世界中から注目されております。

さらに、ユーグレナの吸収率は、脅威の93.1%です。
これは、ユーグレナが植物であるにもかかわらず 「細胞壁」を持たないことに起因します。

さらに、ユーグレナは「パラミロン」という独自成分を含んでおり、
この成分は不要物を吸着し排出するデトックス効果をもっております。
これにより、メタボシンドロームをはじめとする生活習慣病を予防してくれます。

 

  1. 5.ユーグレナの効果・効能について

 

① 便秘

ユーグレナには、便秘解消に効果的な成分が多く含まれています。

パラミロンはユーグレナ特有の成分であり、 ユーグレナの総重量の20~30重量%を占めています。
パラミロンはβ-1、3グルカンによって構成される多孔質繊維状物質であり、
腸のなかにある余分な脂を、スポンジのように吸収してくれます。
脂を吸収したパラミロンは、 消化酵素では消化されない食物繊維であるため便秘を改善します。
ユーグレナに豊富に含まれるマグネシウムやカリウムなどのミネラルは、
腸内の水分移動を助け、腸の働きをサポートします。
また、アミノ酸は、粘膜の再生、保護に役立ち、胃腸の負担を減らします。
不飽和脂肪酸(DHA・EPA・オレイン酸など)は、便通をさらに改善します。

 

② メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満を共通の要因としており、 高血糖、脂質異常、高血圧の原因になります。
メタボリックシンドロームは悪い生活習慣の積み重ねが原因となって起こるため、
生活習慣の改善によって、予防・改善できます。
パラミロンは、β-グルカンで構成された多糖体で、 食物繊維として便秘を改善し、
毒を吸着して体外に排出するデトックス効果があり、 腸内環境を整えます。
また、体内の余分な油の吸収を抑えることでメタボリック症候群を予防します。
ユーグレナの摂取により、 アディポネクチン濃度が増加するという実験結果が得られています。
アディポネクチンは、肥満や動脈硬化が進むと分泌量が減ってしまいます。
ユーグレナの摂取により血液中の善玉物質アディポネクチンを増やせば、
高血糖、脂質異常、高血圧を予防・改善できるわけです。

 

③ 大腸がん

ユーグレナに含まれる成分には、 大腸がん抑制効果があることが確認されています。
大腸がんを誘発する物質を投与したマウスに (ユーグレナに含まれる)パラミロン、アモルファスパラミロンを
2%混ぜた餌を与え、 11週間飼育いたしました。
11週後、解剖して大腸の細胞を調べ、異常細胞の数を観察した結果、
マウスの異常細胞の数の減少が確認できました。
つまり、パラミロン・アモルファスパラミロン投与群では、 異常細胞が有意に減少いたしました。

 

④ ダイエット

ユーグレナに含まれている成分のいくつかは、
余分な油やコレステロール、中性脂肪を吸収して、 体の外に排出するチカラを持っています。
パラミロンは葉緑素と共に体内にある有害物質(ダイオキシンや重金属)も掴まえてくれるうえ、
有害物質を抱え込み、便として排出してくれます。
結果として、ユーグレナの摂取は、 脂の吸収を阻害し太りにくい体質にしてくれます。
ユーグレナによるダイエットは、 健康で美しい体に生まれ変わり、 痩せやすく太りにくい体になりたい方におススメです。

 

⑤ ストレス

人間の脳はストレスを感じると「セロトニン」という物質を分泌します。
セロトニンが分泌されると、安らぎや落ち着きを感じることができ、 イライラや落ち込みなどが解消されます。
ストレス状況が長く続くと、 脳の緊張が長引いてしまいセロトニンが不足します。
このセロトニンの原料となる物質は、 必須アミノ酸の一種である「トリプトファン」で
「ビタミンB6」と化合してセロトニンを生成します。
したがって、ストレスを解消するためには、 「トリプトファン」と「ビタミンB6」を摂取する必要があります。
ユーグレナにはトリプトファンを含む必須アミノ酸の全種類がバランス良く含有されており、
ビタミンB6も高濃度で含有されています。
つまり、ユーグレナはセロトニン生成に必要な原料を全て含んでおります。

 

⑥ 冷え性

冷え性の原因の多くは、身体の血行が悪くなっていることです。
血行が悪いと、足や手の先まで十分に血液が循環しないため、 身体が冷たくなってしまいます。
これを解消するためには、 新陳代謝を活性化させることにより、血行を良くする必要があります。
ユーグレナは59種類の栄養素を豊富に含んでいるので、 新陳代謝を活発にし、血行を改善します。

血行不良を改善する栄養素として、 特に以下の成分が有効に働きます。
・ビタミンC(血液をサラサラにする作用)
・ビタミンE(抗酸化作用があり、血流をスムーズにする)
・ミネラル類
(カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、銅、亜鉛、リン、ナトリウム、マンガン)

 

⑦ デトックス効果

ユーグレナのサプリメントはデトックス効果に優れています。
ユーグレナが含むパラミロンや葉緑素は、
人の体にとって有害な成分や、中性脂肪、コレステロールを吸着して、
体外に排出する天然のデトックス(解毒)効果に優れています。
このデトックス効果について、 特に注目されているのが特有成分である「パラミロン」です。
このパラミロンは、β-1,3-グルカンだけで構成された多糖体で、 多孔質の食物繊維であり、
その空洞中に色々なものを吸収・保持する働きがあります。
つまり、パラミロンは吸油性、吸水性に優れたスポンジ状物質で、
現代人の深刻な悩みを解決する効果・効能が期待できます。

 

「パラミロンの効果」

・ 腸管の粘膜細胞を刺激するので免疫機能アップ
・ 不要な油やコレステロールを吸収して排出
・ 有害な物質「重金属」や「ダイオキシン」もデトックス(解毒)
・ 食物繊維であり消化・吸収されず、油を吸着し体外に排出

 

⑧ 免疫力

パラミロンは、β1,3-グルカンで構成された多糖体で免疫機能を有し、
抗菌、抗ウイルス、代謝改善、抗腫瘍、抗アレルギーなどの機能を発揮します。
β1,3-グルカンは、キノコ類をはじめ、アガリクス茸や霊芝などにも含まれる、 免疫機能を有することで有名な成分です。
さらに、パラミロンの働きにより腸内をデトックスし、 体内の不純物を取り除くことができるので、
一層免疫力がアップいたします。

 

  1. 6.サプリメントについて!!

 

健康維持のためには、「野菜だけ摂ればいい!」と思っていませんでしたか?
「日本でも栄養不足は深刻だ」と知っていましたか?
いまや、日本でも栄養不足は深刻な問題なのです。
もはや、「野菜だけ摂ればいい!」という状況でなくなっています。

ユーグレナは、ビタミンB群、ビタミンEをはじめ59種類の栄養素を
大量に含んでいるので栄養バランスは完璧です!
ユーグレナだけでも人間は生きていける! とまで言われています。

また、吸収率にも着目していただきたいのです。
「マルチビタミン・ミネラルだけ摂れば十分だろう」と思っていませんでしたか?
サプリメントの業界では、「いくら砕いても岩は岩」という言葉があります。
この言葉は、「いくら有効成分の含有量が多くても、吸収率が悪ければ役に立たない」
ことを表現しています。
ユーグレナの吸収率は脅威の93.1%であり、「天然の優秀なサプリメント」と呼ぶにふさわしいものです。

これを試してみませんか?
\送料無料のサプリメントは小林製薬/
  ≪≪石垣島のユーグレナ≫≫

小林製薬

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
無料プレゼントがありますので、お受け取りください。

1.パンデミック・システム(PMS)

無料レポートを配布するツール(システム)です。
無料レポートを配布し、
これを受け取った方(ダウンロードした方)のメールアドレスを
自動収集するツールです。

ツールが2ティア制を採用しているため、
リスト(メールアドレス)が勝手に集まります。
リストマーケティングツールとして、とても便利です。
詳細は、プロジェクト・パンデミックで解説しております。

2.LPテンプレート【ライト版】

初心者であっても簡単にランディングページ(LP)を作成できるツールです。
使い方は動画で丁寧に解説されておりますので、
これを用いれば初心者でも簡単にLPを作成できます。