育毛

【アロエ育毛液】に配合されている有効成分

Pocket

センブリ抽出リキッド

 



センブリ抽出リキッドは、後述のビタミンE誘導体とともに頭皮の血行を促進するために働きます。
センブリ抽出リキッドとビタミンE誘導体は協同して働き、相乗効果を発揮します。

このセンブリ抽出リキッドというのは、リンドウ科の植物である「センブリ」からアルコール抽出することにより得られる成分です。

 

β-グリチルレチン酸

 



β-グリチルレチン酸は、甘草という植物から抽出されるグリチルレチン酸という成分を加水分解することにより得られる成分です。

β-グリチルレチン酸は、男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する効果があります。
>男性の薄毛の大部分を占めるこの脱毛症は、体内の無害な男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついてDHTに変化し、これが毛根に脱毛指令を発することで起きるものです。
β-グリチルレチン酸はテストステロンと5αリダクターゼが結びつくことを阻害する作用があり、DHTの生成を防いで毛根が脱毛指令に曝されることを防ぎます。

β-グリチルレチン酸は他に殺菌作用があり、頭皮の雑菌の繁殖を抑制する効果があります。
雑菌の影響で発生するかゆみやフケの発生を抑えて頭皮を健康に保ちます。

さらに抗炎症作用もあるので、雑菌がもたらす炎症にも、シャンプー剤や紫外線など他の要因から来る炎症にもアプローチすることができます。

 

ビタミンB6

 



ビタミンB6は、髪の毛を作り出す酵素に必要な成分です。
不足すると、健康な髪の毛が育ちにくくなります。

また、皮脂分泌を抑える作用もあります。
過剰な皮脂は、頭皮環境を悪化させ抜け毛の原因になります。

 

ビタミンE誘導体(トコフェロール)

 



ビタミンE誘導体には、血流改善作用があり、血流をよくして毛根の働きを活性化させることができます。
血流が悪いと毛根の活動も弱くなるので、育毛のためには必須の成分と言えます。

また、ビタミンEには抗酸化作用があります。
薄げが起こる原因の一つに「皮脂の酸化による毛穴詰まり」があります。
ビタミンEの抗酸化作用により、毛穴詰まりを防止できるわけです。

なお、ビタミンE誘導体は、上述のセンブリ抽出リキッドと協同して働くことにより相乗効果を発揮します。

 

 

Pocket

【アロエ育毛液】ヒノキチオールは殺菌力と抗菌力に優れる!

Pocket

ヒノキチオールは、殺菌力と抗菌力に優れています。
また、「傷の収斂(しゅうれん)作用」や「細胞の増強作用」があることも明らかになってきました。


「ヒノキチオール」は、1936年に台湾に自生する「タイワンヒノキ(檜)」の精油から、日本人科学者 野副教授により発見されました。

残念ながら、日本の森林に数多く植えられている「ヒノキ(檜)」には、ヒノキチオールは、ほとんど含まれていません。

日本においてヒノキチオールを含む主な樹木は、「青森ヒバ」、「エゾヒバ」、「ネズコ」の3種類です。


ヒノキチオールには、優れた“殺菌力や抗菌力”があることが、発見当時から分かっており、その効能には様々な方面から注目が集まりました。

また、“皮膚の傷の収斂(しゅうれん)作用”や“細胞の増強作用”があることも明らかになってきました。

最近では、ヒノキチオールのこれらのチカラに着目して、養毛剤や基礎化粧品などにも配合されており、主に「医薬部外品」を中心に活躍の場が広がっています。

また、天然のヒノキチオールは、1989年からは「食品添加物」として使用することが、法律で認められております。

 

 

Pocket

【アロエ育毛液】キダチアロエだけが「アロエニン」を含む!

Pocket

アロエは古来より「医者いらず」と呼ばれ、薬草として世界各地で重宝されてきました。

アロエの葉に含まれる液体には、
・ 肌荒れを防いでうるおいを保つ保湿作用、
・ 肌を守る抗菌作用、
・ 肌の炎症を和らげる抗炎症作用、
などの働きがあることが判っております。

アロエが肌をケアする化粧水として使用されるのは、このためです。

アロエの中でも特に「キダチアロエ」だけが、「アロエニン」を含んでおり、この成分には肌を活性化する働きがあることが認められています。

小林製薬の「アロエ育毛液」では、アロエとして「国内産キダチアロエ」を使用しておりますので、含まれるアロエニンの働きにより頭皮が活性化され優れた育毛効果が発揮されます。

 

 

Pocket