免疫と自然治癒力のしくみ

7章 ユーモアと笑いが自然治癒力を高める

Pocket

最近になって、自然治癒力を高めるための研究が活発化している。

それは薬や手術による従来の医療のあり方に疑問が投げかけられ、 本来人間が持っている力をより有効に使おうという意識の高まりによるものだろう。

この章では、なかでもユーモアと笑いの効用について、詳しく述べることにしよう。

単に笑うことで気持ちが明るくなり、病気の痛みから解放されたといったことだけでなく、そのメカニズムについても解説する。

いかにユーモアと笑いが大切かがみえてくるだろう。

『各論』

Pocket

6章 自然治癒力を高める

Pocket

脳、免疫系、内分泌系の3者のバランスに影響を与えるのが、栄養素、睡眠・休養、ユーモア・笑いである。

前章では、自然治癒力を低下させる疲労・過労を解消するためには、睡眠・休養をとることがいかに重要かを述べた。

本章では、栄養素と運動が自然治癒力を高めるのに役立つことをみていこう。

『各論』

Pocket

5章 疲労・過労が自然治癒力を低下させる

Pocket

ヒトが生きるには、体温、血液、水分、塩分、伝達物質、ホルモン濃度などの体内環境を常に一定の範囲内に保つことが絶対条件である。

そのために、脳、免疫系、内分泌系の3者が相互に連係をとりあっている。

この三角形のバランスがとれているとき、強い自然治癒力が発揮される。
だが、その三角形は、疲労・過労といった強いストレスによってバランスを崩しやすい。

本章では、疲労・過労の脳、免疫系、内分泌系への影響について考えてみる。

『各論』

Pocket