ユーグレナ

【ユーグレナ】ミネラルは植物から摂取してください!

Pocket

我々人間は、体内でミネラルを作り出すことができません。

つまり、ミネラルは外部から補給する以外ありません。
「じゃあ、つまりミネラルをたくさん摂ればいいのね!」と、
たくさんのミネラルを「サプリメントで摂取しよう」と短絡的に考えるのはやめてください。
危険です。

 

「ミネラル」と一口にいっても種類があります。
ミネラルのタイプには大きくわけて2種類あります。
このタイプの違いによっては、人体に害をもたらす場合があります。

人体に害をもたらすタイプのミネラルが、「金属ミネラル」です。
「水俣病」などの病気は、この金属ミネラル“水銀”の摂取が原因です。

最も理想とされる「良質のミネラル」というのはこういった「金属ミネラル」ではなく、
体に害のない植物由来の「植物ミネラル」なのです。

*金属ミネラル
手に入れ易いミネラルは、このタイプです。
吸収率8~12%。
吸収率が悪く、摂りすぎると害があります。
にがり・海洋深層水など、一般に出回っているミネラルはいくら自然から採れたミネラルでも
「金属ミネラル」にあてはまります。

吸収率をよくしたアミノ酸キレートタイプの金属ミネラルでも、
その吸収率は40~60%といわれています。

 

*植物ミネラル
植物由来のミネラルのことです。
ガラスを通り抜ける程の超微粒子です(勿論、通り抜けるわけではありません)。
吸収率は限りなく100%に近いといわれています。
100%天然由来なので摂りすぎによる害もなく、お子様や妊婦さんにも安心です。

 

「金属ミネラル」と「植物ミネラル」ではミネラルの粒子の大きさが違います。
植物ミネラルの粒子の大きさは小さいものだと、
1インチ(2.54cm)の「1000万分の1」の大きさで、
これは顕微鏡でも見ることができず、
ガラスを通り抜けるほどの超微粒です。
(勿論、通り抜けることはありません)

これに比べて「金属ミネラル」は植物性ミネラルの「数100倍、数1000倍」、あるいはそれ以上の大きな粒子です。
この粒子の大きさの違いは「吸収率の違い」に直に関係しています。

植物は根酸を分泌することにより、土壌中の不溶性ミネラルを可溶性に変換できます。
つまり植物は、根酸により不溶性ミネラル(金属)をキレート化することにより吸収可能にするわけです。
したがって植物が吸収したミネラルは、キレート化された有機物ということになります。

 

我々人間は、植物を食べることにより「植物性ミネラル」を摂取するわけです。

繰り返しになりますが、
植物を食べることにより摂取するミネラルはキレート化されたものであるため、
我々の吸収率が高いわけです。

 

マルチビタミン・ミネラルは、
我々に必要な栄養素を
複合的にバランスよく、手軽に摂取できるようにしたものです。
このマルチビタミン・ミネラルは、大変便利ではあります。

しかしながら、
天然由来成分、特に植物由来ミネラルを用いたマルチビタミン・ミネラルは、
お手ごろ価格では入手できないのが実情です。

その理由は、
植物由来ビタミン・ミネラルに関しては、
その生育条件等により含まれる有効成分量が大きく異なり、
有効成分の含有量を表記できないのです。

例えば、
「ほうれん草○○g配合」と記載することは容易ですが、
「ビタミンE:○○mg、K:○○mg、B1:○○mg、…を含有」
という記載をすることは極めて困難です。

 

評判のサプリメント製品においても、例えばカルシウムを配合するために、貝殻を利用するのが一般的です。
これは貝殻であれば、その有効成分の含有量を定量化できるからです。

勿論、吸収率を良くする工夫はされているのですが、
結局「いくら砕いても岩は岩(貝殻は貝殻)」でしかありません。

 

ところで、最近話題の「ユーグレナ」は、
「天然の総合サプリメント」と呼ばれております。

従来、「総合サプリメント」と称する「サプリメント」は、数多く販売されておりました。

たとえば、我々が不足するであろうと考えられる栄養素を、
様々な食材から抽出し、
抽出した様々な栄養素を、
一粒に錠剤化(あるいは1カプセルに封入)すれば、
総合サプリメントが一応製造できるわけです。

得られた錠剤(あるいはカプセル)に、所望の栄養素が配合されていれば、
一応「総合サプリメント」が完成しているわけです。

しかしながら、実際には様々な不都合が生じます。

 

その一例を、ご説明いたします。

植物由来ビタミン・ミネラルに関しては、
その生育条件等により含まれる有効成分量が大きく異なり、
有効成分の含有量を表記できないのです。

「ほうれん草○○g配合」と記載することは容易ですが、
「ビタミンE:○○mg、K:○○mg、B1:○○mg、…を含有」
と表記することは極めて困難です。

そこで、従来の総合サプリメントにおいては、カルシウムを配合するために、貝殻を利用するのが一般的です。
貝殻であれば、そのカルシウム含有量を簡単に表記できるからです。

勿論、吸収率を良くする工夫はされているのですが、
しょせん「いくら砕いても岩は岩(貝殻は貝殻)」でしかありません。

 

別の例を紹介いたします。

ガンの予防効果があるβカロチンの配合を目論んだといたします。
人参のがん予防効果がわかり、 その有効成分はβカロチンだと推測されているので、
なんら難しくないはずなのです。

ところが、人参から抽出したβカロチンを単独で摂取すると発ガンのリスクがある
という研究結果が得られたりもするのです。

 

優れた「総合サプリメント」の製造は、きわめて困難なのです。

個人的には、合成された「総合サプリメント」には大きな期待はしておりません。

 

 

Pocket

【石垣島のユーグレナ】天然の総合サプリメントの素晴らしさ

Pocket

ユーグレナは、「天然の総合サプリメント」と呼ばれております。

「総合サプリメント」と称されるサプリメントは、既にたくさん市販されております。

 

ユーグレナは、それ単独で既に総合サプリメントなのですが、
「必要とする有効成分を配合し、それらをブレンドすれば、
なにもユーグレナなど利用しなくても、
簡単に「総合サプリメント」を製造できるのではないか?」と、
思われるかもしれません。

 

しかしながら、ホントは「総合サプリメント」の製造は極めて困難なのです。

 

一例として、大切なミネラルの一つであるカルシウムについて、ご説明いたします。

サプリメントに配合するカルシウムは、通常、貝殻を利用いたします。
勿論、吸収率を少しでも高めるために「いわゆるナノテクノロジー」などと呼ばれる技術で、 細かく砕いて細分化しております。

しかしながら、どんなに細分化しても、分子レベルでは巨大な塊なのです。
このことを、我々は「どんなに砕いても、岩は岩」と表現いたします。

これに対して、植物では葉緑素(クロロフィル)中に単独のカルシウムイオンが含まれており、
植物によれば吸収率の良いカルシウムを摂取できます。

しかし、ここでも問題があります。

「青汁」の成分表示は、大麦若葉○○mg、ケール○○mg、…のように表記されていると思います。
カルシウム○○mgなどと成分表記している青汁はありません。

これは当然のことで、栽培した(あるいは天然で育った)大麦若葉のカルシウム含有量など誰も判らないのです。

したがって、植物を用いて「狙いとするカルシウム含有量」を配合することは不可能に近いわけです。

総合サプリメントを標榜するからには、
大凡のカルシウム含有量程度は表示したいと考えたとき、
植物由来のカルシウムを使用することができないわけです。

そのようなわけで、総合サプリメントと称されるものには、
貝類からの「動物由来のカルシウム」が利用されているわけですが、
上述の説明でご理解いただけるように、
動物由来のカルシウムは、その吸収率が極めて悪いのです。

総合サプリメントにカルシウムの目標摂取量が含まれていることは、
「目標摂取量のカルシウムを取量できること」をまったく保障していないのです。

 

ところが、ユーグレナはその吸収率がなんと93.1%なのです。

であるならば、ユーグレナをどれだけ摂取すれば、
「カルシウムの目標摂取量を取量できるか?」
を知ることは極めて容易なわけです。

 

ここまでで私が申し上げたことは、
「優れた総合サプリメントの製造は極めて難しいものだ」ということです。

端的に言えば、「これ一つで万能」などというサプリメントはありません。

それでも、ユーグレナ・サプリが「万能なサプリ」により近いサプリメントであるということはできます。

 

 

Pocket

【石垣島のユーグレナ】ユーグレナって何?

Pocket

ユーグレナの和名はミドリムシで、名前に「ムシ」と付くので「虫」をイメージしてしまいがちですが、虫ではなく「藻類」に分類されます。

ユーグレナ植物門、ユーグレナ藻綱、ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間です。

5億年以上前に地球で初めて生まれた微細藻類の単細胞生物です。

とても珍しいことに、ユーグレナは動物性と植物性の両方の性質を持っています。

ユーグレナ1.png


つまりユーグレナは、動物でもあり植物でもあるのです。

ユーグレナの体長はわずか約0.05mmです。

ユーグレナは、パラミロンという独自の成分を持っています。

 

 

パラミロンを含む生物はユーグレナ以外に見つかっておりません。

 

動物的性質をもっており、鞭毛(べんもう)運動をします。

鞭毛という体表面にある糸状の突起を使って動くのです。

そして、同時に植物的性質をもっており、葉緑体により光合成を行います。

「動きまわる藻」と思っていただけたらわかりやすいと思います。

 

光合成によって成長するので、太陽光と水および二酸化炭素だけで育ち、その栄養素の生産効率はなんと稲の約80倍とも言われています。

生存能力がとても高く、大気中の約1,000倍という高い二酸化炭素濃度の中でも成長します。

このため、地球温暖化対策にも有望です。

 

動物性と植物性の両方の性質を持っているので、動物性と植物性の両方の栄養素も持っています。

アミノ酸18種類、不飽和脂肪酸13種類の動物性栄養素と、ビタミン13種類、ミネラル10種類の植物性栄養素、さらに特有成分であるパラミロンなどの5種類の特殊成分をバランスよく含有しており、完全栄養素とも呼ばれています。

ユーグレナを摂取すれば植物性、動物性の両方の栄養素を同時に得ることができるので、我々の栄養不足や栄養バランスの乱れを解決する「未来の食材」として期待されています。

体長は小さくとも、たくさんの栄養を含むユーグレナは、今、最も注目されている「生き物」です。

 

 

Pocket