ブロリコ

【ブロリコ】すべての病気は「白血球」がキーワードです

Pocket

人間の体は一つなのですから、
一つの体の中で起こる病気に関連性がないと考えるほうがおかしいのです。

この関連性は、白血球を中心として見ていくと大変わかりやすいです。

白血球.png

 



白血球と病気との関係を一言で言ってしまえば、
白血球が正常に機能しない・うまく動かないことから病気が発生します。
言い換えれば、白血球をいつもいい状態にしておくと、すべての病気は防げます。

白血球がうまく働かないということを、
① 活性が低い、
② 活性が悪い方向に歪んで高まりすぎている、
の2つに大別できます。

① 白血球の活性が低くて起こる病気としては、
ガン、感染症、動脈硬化や糖尿病などの成人病などが挙げられます。
② 白血球が歪んで高まりすぎることによって起こる病気としては、
アトピー、アレルギー、花粉症、リウマチなどが挙げられます。

 

① 白血球の活性が低くて起こる病気に対しては、
白血球の活性を高めてやることがポイントになります。
キュウリ、ナス、ダイコンなどの淡色野菜がとても大きな効果を持っています。

② 白血球が歪んで高まりすぎることによって起こる病気に対しては、
シソやショウガが非常によく効きます。

 

ブロリコの詳細を、公式ページでご確認ください ↓↓↓


Pocket

【ブロリコ】自然免疫とは?

Pocket

免疫とは、生物が病原菌などの外的から身を守る仕組みをいいます。


自然免疫と獲得免疫.png

 


免疫には、「自然免疫」と「獲得免疫」の 2 種類があります。

自然免疫とは、体内に侵入した病原体や、自分の体とは異なる異物と判断したものを、相手を特定せずに排除する仕組みです。

これに対して、獲得免疫は、自分の体内に侵入した病原体などを覚えていて、それを特異的に攻撃するものです。
例えば、無毒化した病原体であるワクチンを注射することで、人体はその病原体がもう一度体内に侵入した際に、その病原体を排除する仕組みを獲得します。

自然免疫は20代前後をピークに年齢とともに低下し、50代でピーク時の半分にまで低下すると言われています。
自然免疫が低下すると、さまざまな病気にかかるリスクが高まります。
年齢とともに病気にかかる方が多くなるのはこのためです。
自然免疫を高めることで、病気にかかるリスクが軽減すると考えられます。

 

ブロリコの詳細を、公式ページでご確認ください ↓↓↓

 

 

Pocket

【ブロリコ】試験参加者の体感

Pocket

ブロリコの試験参加者の体感について:


ブロリコの活性1.png


NK細胞活性1-1.png

試験に参加した人たちからは、
a)風邪の諸症状が緩和された(喉の痛みが軽減した、発熱が 抑えられた等)、
b)口内炎や湿疹、にきびの治りが早くなった、
c)体調が改善された(けだるさや 疲労感が治まった等)、
などの体感が伝えられているようです。

 

【ブロリコ】についての詳細を、公式ページでご確認ください ↓↓↓

Pocket