バイオジェニックス

【天然美通】バイオジェニックスとは何でしょうか?

Pocket

 

バイオジェニックスの登場以前は
腸内細菌の手助けなしでは腸管免疫系はつくられない
と、考えられておりました。

注)腸管免疫
私たちの腸管は、食物を消化・吸収する器官であると同時に巨大な免疫器官でもあります。
腸管は内臓器官ですが、その両端に位置する口腔と肛門を介して外界と接しています。

 

ところが、バイオジェニックス、特に乳酸菌生産物質によれば、
腸内細菌の助けを借りなくても、腸管免疫に直接働きかけることができます。

まずは、腸内細菌と免疫の関係をご説明いたします。

腸内細菌と免疫.png

免疫系は腸内細菌の手助けへの返礼として、同じ細菌である病原菌やウィルスは敵として殺しても、腸内細菌とは平和的に共存をしております。
まさに、この友好関係は生命の神秘ともいうべき現象です。

免疫系は自分に望ましい細菌だけを腸内に共生させていますが、この腸内フローラ(腸内細菌叢)が理想的なあり方からはずれると、免疫系の異常をもたらし病気を起こします。

 

腸内細菌が病気になると、私たちも病気になるのです。
腸内細菌に元気でいてもらわなければ困ります。

 

腸内細菌を元気にする方法の一つが最近の驚異的なヨーグルトブームであり、
腸内細菌から見つかったプロバイオティクスの素晴らしい作用を多くの人が認めた結果です。

しかしながら、経口摂取したプロバイオティクスは、
腸内に棲息する腸内細菌と同一のものであっても、
小腸や大腸まで到達することができず、
万一到達できても腸内に定着することができないという研究報告が多数あります。

 

ところで、腸内細菌の善玉菌(有益菌)を増殖・活性化する難消化性食品成分を
プレバイオティクスと呼んでいます。
代表例としては、オリゴ糖や食物繊維などが挙げられます。

オリゴ糖などのプレバイオティクスを摂取すれば、
腸内に棲む善玉菌を増殖・活性化することにより腸内環境を改善できるというわけです。

 

第3の方法として、
バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)を摂取することで、
免疫の働きを高めて、感染症やガンを予防し、
さらにアレルギーも予防するという安全で確かな健康法があるわけです。

乳酸菌生産物質は死菌あるいはその生産物質ですから、
そもそも、小腸や大腸まで到達することができないとか、
腸内に定着できないとかいう問題はありません。

 

例えば、乳酸菌などによって生成された生理活性物質(乳酸菌生産物質)を
機能性食品の形で摂り入ることで、
腸管免疫を活性化させると同時に、
腸内フローラを改善することができるのです。

もっとも、一口に「乳酸菌生産物質」といっても、
その性能には大きなバラツキがあることも明らかです。

 

私のお勧めするバイオジェニックスサプリは、天然美通です。
天然美通は、便秘解消のためだけのサプリメントではありません。
こちらをじっくり読んでいただければ、天然美通がバイオジェニックスサプリであることを、
ご理解いただけると思います。
もしお時間があれば、天然美通と、他のバイオジェニックスサプリをじっくりと比較してください。
必ずや、天然美通の素晴らしさをご理解いただけると思っております。

 

 

Pocket

【天然美通】バイオジェニックスは疾病に直接作用する!

Pocket

わたしたちが今まで乳酸菌の作用として認識してきた整腸作用をはじめとする保健効果の多くは、乳酸菌が生成・放出した乳酸菌生産物質によるものだったのです。

現在、腸内環境を改善させる機能性食品は、プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックスの3種類に分類されています。

プロバイオティクスに期待する保健作用は、乳酸菌の生菌や生菌製剤を摂取することで、腸内環境を改善することです。

また、プレバイオティクスに期待する保健作用は、オリゴ糖などのように腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなるような物質を摂取することで、腸内環境を改善することです。

しかし、腸内フローラの機能性は加齢とともに次第に低下いたします。
すなわち、善玉菌のビフィズス菌自体が減ってくるのです。
これでは、プロバイオティクスやプレバイオティクスによる保健作用は、充分に発揮されない虞があります。

つまり、腸自体が老化している状態に善玉菌や善玉菌のエサとなるようなものを外からいくら摂取させたところで、その多くは通過菌として体外に排出されてしまいます。
それこそ、1 ~2リットルのヨーグルトを毎日摂取しないと、腸内環墳を改善させることはできないことになります。

そこで、腸自体のコンディションに関係なく、腸内環境を確実に改善させる方法として医療関係者が注目しているのが「バイオジェニックス」なのです。

例えば、乳酸菌などによって生成された生理活性物質を機能性食品の形で摂り入ることで、腸管免疫を活性化させると同時に、腸内フローラを改善することができます。

バイオジェニックスとしては、各種の免疫賦活物質やビタミン類、植物フラボノイドなどがその代表的な素材として挙げられ、「乳酸菌生産物質」も含まれます。

「バイオジェニックス」が、プロバイオティクスやプレバイオティクスの働きと大きく異なる点は、後者が腸内フローラを改善することで疾病に間接的に働きかけるのに対して、前者は腸内フローラを改善するだけでなく、腸管免疫や生理活性作用を介して疾病に直接働きかけることにあります。

つまり、疾病に対して直接的・間接的の両面から効果を発揮するのが「バイオジェニックス」の特徴です。

そのため、バイオジェニックスには抗ストレスをはじめとする生体調節機能や、免接賦活・抗アレルギーといった生体防御機能、抗腫瘍効果、血圧降下や血糖低下作用、コレステロール低下作用に代表される疾病予防や疾病回復作用など、幅広い機能性が期待できるわけです(下図参照) 。



『乳酸菌の機能性は生菌自体にあるのではなく、その生成物質にあると考えられます』
この独創的な考えによって生み出されたバイオジェニックス理論は、光岡博士によって提唱されました。

光岡博士は、乳児の腸内にしか存在しないといわれていたビフィズス菌が成人の腸内にも存在することを発見し、両者の性格がまったく異なることを突き止めました。
光岡博士は、日本における腸内細菌研究の第一人者なのです。

光岡博士は、腸内細菌叢の研究を続けていくうちに、プロバイオティクスやプレバイオティクスの範疇に入らない機能性食品であっても、腸内環境を改善する機能があるのではないかと考えるようになり、これらをまとめて「バイオジェニックス」と命名したのです。

バイオジェニックスの中でも、その代表ともいえる乳酸菌生産物質の利用が適しているのは、どのようなケースなのでしょうか?

ご高齢の方や入院患者には乳酸菌生産物質を
「高齢者の方の健康維持や、免疫力が低下している入院患者さんに対しては、乳酸菌生産物質のようなものを日常的に摂取することは理にかなっていると思います。
特に入院患者さんの場合、院内感染や日和見感染の危険性も考えられますから、予め免疫力を高めておくことは大切でしょう」

光岡博士は、「高齢化社会が進む現在、バイオジェニックスの活躍の場はますます広がっていくでしょう」とおっしゃっています。

「乳酸菌生産物質よれば、腸内にある善玉菌を安定させることにより腸内フローラを安定化させ、生体ホメオスタシスを維持できる」とも語っています。

「プロパイオティクスとプレバイオティクスでしか腸内環境を改善できない」という誤った固定観念を捨てきれない方がたくさんいます。

しかしながら、乳酸菌の生菌は、いくら投与したからといっても腸内になかなか定着できないことも判っておりますので、「バイオジェニックスの可能性」についても調査・研究されることをお勧めしております。

 

 

Pocket

【天然美通】乳酸菌生産物質はバイオジェニックスの代表格!

Pocket

乳酸菌生産物質とは、人が健康に生活していくのに必要不可欠な物質であり、腸内フローラ中の善玉菌が、毎日作り出している大切な物質のことです。

これは、主にビフィズス菌や乳酸菌等によって作られています。
乳酸菌生産物質は「乳酸菌代謝産物」とも言われ、
腸内細菌のバランスを正常に保持し免疫等に関与して、
人の健康を維持しています。

一般的に細菌は、生まれてから死滅するまでの間に、
いろいろな物質を体外に放出します。
このような物質を「代謝産物」「分泌物」と呼びます。
つまり、細菌は食べた物を「まったく別な物質」として放出します。

例えば、蚕は桑の葉を食べて「絹」を作りますが、
もともと「絹」は、蚕にも桑の葉にも存在しておらず、
蚕が桑の葉を食べたときにだけ放出される物質です。

これと同じように、乳酸菌生産物質も、乳酸菌が作り出す「代謝産物」なのです。

腸内フローラと乳酸菌生産物質

乳酸菌生産物質は本来、下の図にあるように体内で作り出されています。
これは、まさに体内工場ともいうべき優れた営みです。
したがって、体内工場を模した生産現場を設けることができれば、
乳酸菌生産物質を製造できるわけです。

その仕組みについては、この図をご覧ください。



乳酸菌生産物質を、なぜ敢えて体外で作るのでしょうか?

人の健康に不可欠である、乳酸菌生産物質を作るのは腸内細菌です。
人の腸内には100種類以上100兆個の腸内細菌がいて、バランスを保っています。
人間の細胞が60兆個ですから、人を構成している細胞よりも多く、重量としても1kg以上もあります。

これら腸内細菌のうち、善玉菌といわれるビフィズス菌などの細菌が作る代謝産物が
「乳酸菌生産物質」であり、人の健康に必要不可欠な物質です。

しかし、食生活の変化や加齢により、私たちの腸内の善玉菌数少なくなる傾向にあります。
そこでヨーグルトなどの「乳酸菌」を食べれば良いというような話になるのが一般的です。
しかし、仮にヨーグルトを100g(菌数にして100億個位)毎日食べてみても、
腸内細菌の数の10万分の1程度です。

また、外から取り入れた菌は腸内でなかなか増殖させてもらえず、
単に通過するだけとなってしまいます。
つまり、体内に定着することができません。

そこで、体内ではなく、体外に人の腸内環境を再現しようとの試みが行われてきたわけです。

我々は、乳酸菌生産物質を作ってくれる善玉菌を常に補い続けることは容易ではありません。
したがって、人の腸内である体内工場において、
乳酸菌生産物質を常に効率よく作るのは難しいと言わざるを得ません。

このため、乳酸菌生産物質を体外で作り、体内に取り入れるという着想が産まれたわけです。

体外において、栄養素、温度など腸内と同一環境を作り出し、そこで、
人の腸内常在菌の中から選び抜いた善玉菌を用いて、
培養(これを共棲培養といいます)することにより、
人の腸内細菌が生み出すものに限りなく近い代謝産物(=乳酸菌生産物質)を作ります。

得られた乳酸菌生産物質は、必ず、人の健康に役立つものとなります。

乳酸菌共棲培養とは?

上記体外培養に用いる善玉菌としては、研究により、選りすぐりの「エリート菌」を見つける必要があります。
また、「エリート菌」同士であっても、相性の問題があるので、その組み合わせの研究も大変重要です。

研究の成果次第では、体内代謝物よりも優れた乳酸菌生産物質を製造できるわけです。

バイオジェニックスと乳酸菌生産物質

「バイオジェニックス」という言葉は、
腸内細菌研究の第一人者である光岡知足博士(世界的に著名な東京大学名誉教授)が提唱する、
健康に関する概念の一つです。

乳酸菌生産物質は、バイオジェニックスの代表格であり、
光岡博士によって、乳酸菌生産物質のさまざまな効果・効能が表明されています。

光岡博士によれば、乳酸菌生産物質は人の健康に欠かせないものです。

腸内細菌のバランスは、ストレス、生活習慣病、加齢によって崩れ、
健康に大きく影響が出ることがあります。

そんなときに乳酸菌生産物質は、腸内細菌のバランスを整え、
免疫作用に直接働きかけて総合的に健康をサポートします。

さらに、乳酸菌生産物質は腸内フローラを介することなく、
直接身体に働きかけ免疫力の向上などの効果を発揮します。

Pocket