オリゴ糖

【カイテキオリゴ】オリゴ糖で腸内環境改善

Pocket

腸内細菌1

 

私たちの腸の中には、数百種類、数百兆個以上の細菌が棲んでいます。

人の身体に良い影響を及ぼす善玉菌や、腐敗産物などを作り出す悪玉菌、まだ生理機能がよく分かっていない菌が常にせめぎあってバランスをとった状態を保っています。

ところが、不規則な生活やストレス、加齢、抗生物質の服用、脂肪の多い食事などによって、ある日突然、あるいは徐々にバランスを崩してしまいます。

近年では、腸内細菌はいろいろな疾病に関係していることが次々と明らかにされており、腸内細菌叢をバランスよく保つことが健康のカギと考えられています。

 

我々の体内には、30種類以上の善玉菌が棲息しております。
そして、それぞれの善玉菌にはオリゴ糖との相性があります。
したがって、オリゴ糖を摂取することで体内に棲息するすべての善玉菌をサポートできれば、腸内環境を大幅に改善できるわけです。

 

オリゴ糖製品は多数市販されているのですが、私がお勧めするのはカイテキオリゴです。

なお、店頭などでもよく見かける「シロップ状のオリゴ糖」は、もっぱら甘味料として用いられているもので、「善玉菌をサポートする」効果は少ないです。

日本一選ばれているウワサのオリゴ糖

『カイテキオリゴ』


日本で一番売れているオリゴ糖です。
おかげさまで、売り上げ実績日本一になりました。
甘さは砂糖の4分の1程度で、ほんのり甘いくらいなので、お好きな飲み物やヨーグルトにサット入れるだけ!!
お料理に入れてもほとんど味をかえません。
普段の食生活に、スプーン1杯取り入れるだけのカンタン習慣です。

オリゴ糖は善玉菌(ビフィズス菌)をバックアップして、体内環境をサポートしますが、体内で活動する30種類以上の善玉菌にはそれぞれオリゴ糖との相性があります。
カイテキオリゴは、30種類以上の善玉菌のほぼすべてをまんべんなくサポートすることに成功したオリゴ糖商品なのです。

人気の双璧であるカイテキオリゴとはぐくみオリゴを徹底比較してみました。

 

「赤ちゃんのスッキリ」に悩んでいるママへ
  ~悩んでいるのは、あなただけではありません~


本来、赤ちゃんはスッキリ出来ないことはありません。

なぜなら、生後まもない赤ちゃんのお腹は
腸内細菌の約90%が善玉菌(ビフィズス菌)という状態で、
これは、本来ならば“スッキリ出来る腸内環境”だからです。

そのため、医薬の世界では“赤ちゃんがスッキリできない”
という概念自体がありません。

でも、実際のところ、どうなのでしょう。

実は、今、赤ちゃんがスッキリ出来ずに
悩みを抱えているというのがとても増えています。

なぜなら、「母乳の栄養の偏り」や
「粉ミルクを使うことが多い」という
赤ちゃんの食の環境が変わってきたからです。

しかし、前述したように医薬の世界では
「赤ちゃんがスッキリ出来ないとことはない」
という前提なので、
はっきりとした療法が確立されていないわけですから、
ママ達は、“一体どうすれば良いの?”
という状況に陥ってしまいます。

“とにかく我が子がスッキリできない状態を何とかしたい”
そう切実に思っていても、具体的な手段を見つけるのは
困難なのです。

なぜ、『カイテキオリゴ』が
子供のスッキリに悩むお母さん達に選ばれているか。

赤ちゃんがスッキリできないのが続いてしまい
苦しそうにしている場合、どうしても無理やり・・・という方法を選んでしまいます。

大人もそうですが、一時しのぎの処置で、
できれば、何度もしたくないですよね。

生まれたばかりの我が子には
「自然にスッキリさせてあげたい」
というのが、ほとんどの親の共通意見
です。

いつも“安全で自然なスッキリ”をさせてあげたいのが親心。

『カイテキオリゴ』が選ばれている理由は、
  お母さん達が選びたくなる2つの優れた性質にあります。

■安心と信頼

オリゴ糖はビフィズス菌の大好物です。
だから、赤ちゃんのお腹のビフィズス菌が元気になって
痛みを伴わない自然なスッキリを促します。

そして、“オリゴ糖は母乳にも含まれている成分”
ですから、安心してお召し上がり頂ける食品です。

 

■食べさせやすい。

味はお砂糖の1/5程度の甘さでほんのりと甘さです。
溶けやすい粉末状ですので、
水やお茶、ミルクにも簡単に混ぜることができますし、
お粥などにいれてもほんのり甘くなって
赤ちゃんが美味しく摂取できます。

だから、『カイテキオリゴ』を
毎日の食事に少しプラスするだけで
無理なく簡単にしっかりと赤ちゃんの毎日のスッキリを
手に入れることができます。

実は、『カイテキオリゴ』は
日本で一番選ばれているオリゴ糖なのです。


そうは言っても、他にも色々なオリゴ糖はあるし、
他でもいいんじゃないの?と思われたかもしれません。

しかし、親にとって子供は命より大切なもの。
“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。

皆さんがよくご存知のオリゴ糖は、
シロップ状の物ではありませんか?
実はシロップ状のオリゴ糖は、甘味料としての物で
オリゴ糖の成分自体はたった30%程しか含まれていません。

『カイテキオリゴ』が、
期待できる健康食品かどうか。

それは、販売者の「買って下さい」という
一方的なメッセージだけではお伝えすることができません。

ご購入いただいたお客様から、
「もっと早く知っていれば良かった」
「こんな手応えは初めて!」

というお喜びの声が殺到し、クチコミが広まって

その結果、今では「日本一売れているオリゴ糖」※として
皆様に信頼をいただいている商品です。
※2010年3月現在 日本能率協会総合研究所調べ

【体感できて信頼できる品】
だからこそ、皆さんに選ばれているのです。

ですから、どうぞご安心してお召し上がり下さい。
そして、今すぐ赤ちゃんのスッキリ生活にお役立て下さい。

▼『カイテキオリゴ』
  もっと詳しく知りたい&ご購入はこちら!

オリゴ糖についての詳細は、「オリゴ糖とビフィズス菌で腸内環境改善」をご覧ください。

オリゴ糖とビフィズス菌で腸内環境改善(目次)

  1. 腸内細菌と健康の関係
  2. 腸内細菌の変化
  3. ビフィズス菌の働き
  4. ビフィズス菌の種類
  5. ビフィズス菌と乳酸菌の違い
  6. オリゴ糖の種類と特徴
  7. オリゴ糖はビフィズス菌などの餌になる
  8. オリゴ糖を飲むと下痢になってしまう?その原因と対処法
  9. ヨーグルト+オリゴ糖の黄金コンビで便秘解消
  10. オリゴ糖を無理なく食事に取り入れましょう
  11. オリゴ糖が含まれている食品とはどんなもの?
  12. 腸内環境を良くするオリゴ糖
  13. 便秘解消にはオリゴ糖
Pocket

プレバイオティクスとプロバイオティクスの違いは?

Pocket

プレバイオティクスは、プロバイオティクスと名称が似ていますが、どのようなものなのでしょうか?

プレバイオティクスは1995年にイギリスの微生物学者のギブソンやロバーフロイドによって提唱され、
その定義は「大腸に常在している善玉菌だけの増殖を促して、腸内フローラを改善し、
健康に有益な効果を与える腸内で消化されにくい食品成分」 といったものです。

簡単に言うと、
プロバイオティクスは善玉菌(生きた菌)
プレバイオティクスは善玉菌の餌(食品成分)
ということです。

プレバイオティクスには、具体的にはオリゴ糖や食物繊維を含んだ食品が該当します。

オリゴ糖や食物繊維は人間の消化酵素で分解されず、大腸まで届いてビフィズス菌など
善玉菌のエサになることで、善玉菌の増殖を促し、悪玉菌の増殖を抑制します。

善玉菌は腸内を酸性にしますので、酸性の場所では生きられない病原菌(悪玉菌)は活力を失うことになるのです。

また、食物繊維も善玉菌の餌になりますが、善玉菌を増やす餌としての能力ではオリゴ糖には勝てません。

プロバイオティクスとして外部から取り入れる善玉菌は腸内に長く住み着いてくれませんが、オリゴ糖はもともと腸内に常在しているビフィズス菌などを増やしてくれる点が大きなメリットといえます。

プレバイオティクスとしてのオリゴ糖、食物繊維それぞれ主な働きは、
食物繊維の主な整腸作用 ⇒ 便のカサを増すことで、腸の蠕動運動を刺激し便通を促す
オリゴ糖の主な整腸作用 ⇒ 腸内の善玉菌のエサになって、善玉菌を増殖させる
つまり、食物繊維は腸をキレイにすることで、オリゴ糖は善玉菌の勢力を優勢にすることで、
腸内フローラの改善に貢献することが、主な働きということです。

プレバイオティクスとして認められている食品成分

ガラクトオリゴ糖 牛乳や乳製品など
フラクトオリゴ糖 にんにく、アスパラガス、ねぎ、たまねぎ、ごぼう等
大豆オリゴ糖  大豆や豆乳、味噌などの大豆製品
乳果オリゴ糖 ヨーグルトなど
キシロオリゴ糖 トウモロコシ、タケノコなど
イソマルオリゴ糖 ハチミツなど
ラフィノース キャベツ、ブロッコリー、アスパラガスなど
ラクチュロース 牛乳や乳製品など
コーヒー豆マンノオリゴ糖 コーヒー豆
グルコン酸 ハチミツ、ローヤルせりー、大豆、米、しいたけ、発酵食品など
ボリデキストロース トウモロコシを原料に人工的に合成した食物繊維
イヌリン(食物繊維) たまねぎ、にんにく、ニラ、菊芋やたんぽぽ等キク科の植物の根

シンバイオティクスとは?

シンバイオティクスとは、プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に摂ること、 またはプロバイオティクスとプレバイオティクスの両方を含む機能性食品のことを指します。

プロバイオティクスだけを摂るより、プレバイオティクスを同時に摂取することで、
善玉菌の増殖が加速し効果を実感できます。

プレバイオティクスは、毎食、食事できちんと摂ることはなかなか大変です。
やはり、サプリや健康食品等を利用すると便利です。
腸内改善を目指すなら、シンバイオティクスの実践がおすすめです。
便秘でお悩みなら、是非お試しください。

オリゴ糖は腸内に住む善玉菌のエサとなり、活性化・増殖させるため、日常的に摂ることは多くの方の腸内環境を改善する有効な手段となります。
しかし、腸内環境は各々異なりますので、オリゴ糖は人それぞれのお腹に合う合わないといった相性があります。
より良い効果を実感するためには、自分に合ったオリゴ糖を摂取することが大切です。

複数のオリゴ糖を配合しており、ほとんどすべての善玉菌を活性化できるオリゴ糖がおすすめです。

我々の体内には、30種類以上の善玉菌が棲息しております。
そして、それぞれの善玉菌にはオリゴ糖との相性があります。
したがって、体内に棲息するすべての善玉菌をサポートできるオリゴ糖を摂取すれば、腸内環境を大幅に改善できるわけです。

 

1分に1個のペースで日本一売れてます!!『カイテキオリゴ』
便秘の悩みを解消する健康食品のうち、オリゴ糖食品で日本一売れています!

売れる秘密は…
◇30万人以上の便秘に悩む方が愛用!
◇高純度オリゴ糖食品市場売上日本第1位(日本能率協会総合研究所調べ)
◇ほぼ純度100%なので赤ちゃんやお子様でも安心して使用出来ます!
◇ほんのりした甘さで味を壊さないので、飲み物だけでなく料理にも使えます!
◇国際品評会モンドセレクションにおいて4年連続最高金賞を受賞!
◇世界に認められた最高品質の商品!

Pocket

腸を健康にする善玉菌の増やし方

Pocket

善玉菌の効果と特徴

腸内環境を改善し、良好に保ってくれることで注目される善玉菌。
健康にはもちろん、美容にもよい影響を与える善玉菌を増やすには、どのような方法があるのでしょうか?

腸内に存在し、健康な体を保つために役立っている善玉菌
腸内には善玉菌のほかに、体に悪い影響を与える悪玉菌も存在しており、善玉菌よりも悪玉菌の方が多くなると、便秘やさまざまな病気が引き起こされます。
腸内環境を整えて健康を保つために、善玉菌を増やすことが大切です。

善玉菌の栄養源となる食品を食べる
まず意識したいのが、腸内にもともと存在している善玉菌を増やすこと。
そのためには、善玉菌の栄養源となる食品を摂ることが大切です。
善玉菌の栄養源となる成分としてぜひ摂りたいのが、食物繊維とオリゴ糖です。

食物繊維は、穀物、芋類、豆類などの他、海藻類やキノコ類、コンニャク、ゴボウやニンジンなどの野菜に多く含まれる成分です。
毎日の食事に積極的に取り入れましょう。
腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にするなどの働きにより便通が改善するので、腸内環境のためには一石二鳥の効果が望めます。

もうひとつの成分はオリゴ糖です
オリゴ糖は、他の糖類とは異なり、胃や腸で消化されずに大腸まで届き、善玉菌の栄養源となってくれる成分です。
タマネギ、ゴボウ、アスパラガス、トウモロコシ、ネギや、大豆などの豆類、バナナや牛乳、ハチミツなどにもオリゴ糖が多く含まれています。

善玉菌を多く含む食品や、サプメント・ドリンクで摂る
もともと腸内にある善玉菌を増やすことと並行して、外から善玉菌を摂取するのも効果的という意見があります。

しかし、残念ながら摂取した善玉菌が腸内に定着することはほとんどありません。
実験によれば、摂取した善玉菌とほぼ同量の善玉菌が排泄した便中から確認されます。

食品ならばヨーグルトやチーズ、発酵食品の漬け物やキムチ、味噌や納豆などに、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が豊富に含まれています。
乳酸菌飲料などのドリンクやサプリメントも、おやつ感覚で手軽に取り入れられるので便利です。
摂取した乳酸菌やビフィズス菌が生きて腸まで届くことはありませんが、死んだ菌でも腸内細菌の餌としての役割を果たしてくれます。
腸内に継続的に補充することで効果が出てくるので、毎日続けて摂取することが大切です。

適度な運動、ストレスの少ない生活を心がける
腸に直接関係ないことのように思える日常生活の習慣も、腸内環境に影響しています。
実は現代人ではなかなか避けることが難しい「ストレス」が、悪玉菌を増やし、腸内環境のバランスを崩す大きな原因のひとつです。
過度なストレスを感じると腸の消化液の分泌が抑制され、悪玉菌が存在しやすい環境が作られてしまうのです。
規則正しい生活、バランスのよい食生活を心がけるとともに、良質な睡眠、適度な運動でストレスを溜めないようにしましょう。
特にウォーキングなどの軽い運動は、ストレスを解消できるうえ、便通を促す効果もあるのでオススメです。

自分の腸内細菌を育てましょう
存在する細菌の数や種類など、腸内環境は人によってそれぞれ違います。
ヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントなどでせっかく摂取した乳酸菌やビフィズス菌も、腸内環境に適合できなければ、その多くが体外に追い出されてしまいます。
それでも、体内の善玉菌の餌となり腸内環境改善に寄与しています。
摂取した乳酸菌やビフィズス菌が自分の腸内環境に合っているか否かは重要な問題ではありません。
便通や便の質がよくなったと感じられれば十分です。

「菌の効果を発揮させるには、摂取するタイミングにも注意が必要です。乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱いので、しっかり腸まで届けるためには空腹時を避け、胃酸が薄まる食後に摂りましょう。」という意見があります。
しかしながら、「生きたまま腸まで届ける必要はありません」から、摂取するタイミングは重要ではないと考えられます。

以上述べたように、腸内環境の改善には、善玉菌の餌となる「オリゴ糖」の摂取が一番です。
ただし、我々の体内には30種類以上の善玉菌が棲息しており、これらすべての善玉菌を大切にする必要があります。

我々の体内には、30種類以上の善玉菌が棲息しております。
そして、それぞれの善玉菌にはオリゴ糖との相性があります。
したがって、体内に棲息するすべての善玉菌をサポートできるオリゴ糖を摂取すれば、腸内環境を大幅に改善できるわけです。
1分に1個のペースで日本一売れてます!!『カイテキオリゴ』
便秘の悩みを解消する健康食品のうち、オリゴ糖食品で日本一売れています!

 

売れる秘密は…
◇30万人以上の便秘に悩む方が愛用!
◇おかげさまで売上累計180万個突破!
◇高純度オリゴ糖食品市場売上日本第1位(日本能率協会総合研究所調べ)
◇ほぼ純度100%なので赤ちゃんやお子様でも安心して使用出来ます!
◇ほんのりした甘さで味を壊さないので、飲み物だけでなく料理にも使えます!
◇国際品評会モンドセレクションにおいて4年連続最高金賞を受賞!
◇世界に認められた最高品質の商品!

Pocket