アスペルロシド

【アスペルロシド】メタボリックシンドロームには杜仲茶が有効?

Pocket

メタボリックシンドロームには、杜仲茶が効果があるのでしょうか?

日本でも、「メタボリックシンドローム」には多くの人が悩まされています。
メタボリックシンドロームは、日本語では「代謝症候群」と言いますが、『メタボ』という通称がかなり浸透していますね。



1.メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームとは、内蔵脂肪型肥満と、高血糖・高血圧・脂質異常症の中の2つ以上を合併した状態のことを言います。

高血糖や高血圧は、単独でも動脈硬化系の病気になりやすくなりますが、これらが重なると、相乗的にリスクがさらに高くなります。

このように、リスクが積み重なってしまう状態は偶然に起こるのではなく、共通の原因があります。

日本では、特に内臓脂肪の蓄積による肥満が共通の原因として注目されております。
とくに、男性型肥満と言われる「上半身型肥満」に対して注意が必要です。

日本人は特に、メタボリックシンドロームの悪影響を受けやすいとされています。

 

日本肥満学会(JASSO)の診断基準(2005年)では、

腹囲男性85cm、女性90cm以上で、
・血圧130/85mmHg以上。
・中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満。
・血糖110mg/dL以上。

の3項目中2項目以上で、メタボリックシンドロームだと診断されます。

 

メタボリックシンドロームの予防と治療

メタボリックシンドロームの場合、動脈硬化の発生・進行を防止するのが大切で、そのためには脂肪を溜め込まない・脂肪を減らすということが重要な対策となります。

食事や運動などの生活習慣の改善でよくならなくて、薬による治療を行っている方もたくさんいます。

 

杜仲茶が内臓脂肪を減らしてくれる

メタボリックシンドロームの解消には、内臓脂肪を減らすことが最も有効とされています。

内臓脂肪は、皮下脂肪よりも減らすのが簡単だと言われますが、生活習慣が乱れてしまっているとなかなか減らすことができません。

 

杜仲茶は、内臓脂肪を減らすのをサポートしてくれます。

杜仲葉の成分である「アスペルロシド」が胆汁酸の分泌を高めるので、その結果として胆汁酸が脂質の代謝を高めます。

新しい胆汁酸が増えることによって、体脂肪が減って、肥満を改善してくれるという仕組みです。

 

ところが、「アスペルロシド」は熱に弱く、水に対する溶解度が小さいため、ダイエットに有効と云われている「杜仲茶」では、充分量の「アスペルロシド」を摂取できないという問題があるのです。

 

 

Pocket

【アスペルロシド】中高年の体重増加の原因は基礎代謝の低下!

Pocket

基礎代謝とは呼吸や体温調節など生命維持活動に使われるエネルギーのことで、1日の総エネルギー消費量の60%から80%を占めています。



年齢、性別、体格、平均体温などにより異なり、成人女性では1日約1200kcal、成人男性では約1500kcal程度です。

エネルギーを主に消費するのは筋肉なので筋肉をつけると代謝が上がります。
反対に、運動不足や加齢により筋肉量が少なくなると基礎代謝も低下します。

基礎代謝が下がると体内で生産される熱量が少なくなるので、低体温になります。
そうなると、免疫力が下がり疲れやすくなったり、風邪にかかりやすくなったりします。

また、自律神経のバランスも崩れ、交感神経の働きが悪くなるのでうつ状態になりやすいとも言われています。

摂取カロリーが消費カロリーよりも大きいと、消費しきれなかったカロリーが脂肪になって体内に蓄えられます。
当然脂肪が増加するので、体重が増加してしまいます。

つまり、摂取カロリーが同じでも基礎代謝が低い人の方が太りやすく、「食事制限をしても体重が減らない!」ということになってしまいます。

 

年齢を重ねてダイエットに挑戦しても、若いときのように体重は落ちません。

体重が落ちにくくなるのは、身体の基礎代謝が低下しているからです。
そのため、運動量を増やしたり食事制限を厳しくしたりしても、痩せにくいと感じるようになります。
ダイエットに挑戦しても、若いときほどの効果は得られません。

このとき、ダイエットをサポートしてくれるのが、小林製薬のスリム杜仲粒です。

スリム杜仲粒には、アスペルロシドが35mg(6粒中)も含まれています。
アスペルロシドによるダイエットのメカニズムを、小林製薬が世界で初めて発見したのです。
アスペルロシドには、白色脂肪細胞を減らし脂肪を燃焼させ、基礎代謝を向上させる効果があります。

つまり、このアスペルロシドを摂取すれば基礎代謝が向上するので、ダイエットが容易になるのです。

 

Pocket

【アスペルロシド】は杜仲の葉に含まれる健康成分です

Pocket

アスペルオシドは、毎日1時間ウォーキングするのと同じぐらい脂肪を減らすことができると云われています。


1.アスペルロシドとは?

アスペルロシドは、杜仲の葉に含まれている成分であり、古くなった胆汁酸の排泄を促進し、血中の新鮮な胆汁酸を増加させます。
その結果、基礎代謝を向上させ、体脂肪を減らして肥満を改善します。

ラットを使った試験においては、アスペルロシドの摂取により筋肉量が増加し、内蔵脂肪量が減少しております。
ヒト試験においては、アスペルロシドを摂取することにより、体重や体脂肪率およびBMIの減少効果があることが明らかになっています。

 

2.代謝をアップさせる体内のやる気スイッチ

血中の胆汁酸は、エネルギー産生の材料として使われます。
「筋肉」でエネルギーが産生されると、活動熱が発生し代謝が上がります。

「肝臓」が働くことでも代謝熱は上がります。
肝臓はコレステロールから胆汁酸を作るときに働くので、アスペルロシドが古くなった胆汁酸の排出を促すことにより、代謝熱を上げやすくします。

「脂肪」においては、脂肪をどんどん燃やしてくれる「褐色脂肪細胞」が代謝を向上させます。
すなわち、アスペルロシドの摂取により増えた新しい胆汁酸が、褐色脂肪酸を刺激することにより代謝を約10倍にも活性化してくれます。

つまり、アスペルロシドは胆汁酸の新陳代謝を促進することにより、
基礎代謝を向上させます。

3.アスペルロシドは杜仲茶で摂るのがいいのか?

杜仲茶には、アスペルロシドが含まれています。
では、杜仲茶を飲めばアスペルロシドを充分に摂取できるのでしょうか?
実は、アスペルロシドは熱に弱く、水に対する溶解度が小さいのです。
したがって、アスペルロシドの理想的摂取量(35mg/1日)を杜仲茶で摂取しようとすると、杜仲茶を500mlのペットボトル約3.8本分飲む必要があります。
毎日続けるのは、やや負担が大きいと言えます。

小林製薬は、アスペルロシド含有サプリとして「スリム杜仲粒」を開発しております。
「スリム杜仲粒」においては、一日の目安6粒中に、アスペルロシド35mg(杜仲葉エキス1094mg)と金時生姜20mgが含有されております。

 

Pocket