くしゃみとおじゃらば

【花粉症対策】今!大ブームとなっている「じゃばら」の歴史

Pocket

【くしゃみとおじゃらば】は、
花粉の症状を抑える『じゃばら』をたっぷり配合したサプリメントです。

そもそも「じゃばら」は、和歌山県の北山村に一本だけ自生していた自然雑種です。
「へんなみかんが育つ。でもそれが独特の味で美味い」。
原木の持ち主でもある福田国三さんが、 子供のころからから慣れ親しんだ味として広めようと立ち上がったのが歴史のスタートです。
当初は誰も注目せずなかなか広がることはなかったのですが、福田さんはあきらめませんでした。

「じゃばらの味、香りは他の柑橘類よりも優れている。
じゃばらの栽培はきっと村を過疎から守る産業となりうる」 として、
村長をはじめ村議会にも積極的に働きかけを続けていきました。

福田さんの情熱は、活動を始めた数年後、昭和46年から実を結び始めます。
その年の秋、村がみかんの分類で有名な権威者田中論一郎博士に調査を依頼しました。

翌年の47年、現地にて花の分析など専門的な調査、研究を行った結果、
「じゃばらは国内はもとより世界に類のないまったく新しい品種である」 ことが判明したのです。

さらに、紀南かんきつセンターに依頼し、成分の分析やその他の特性調査等を行い、
「じゃばら」そのものの特性・個性を解明すると同時に、 味については料理の専門家が試食しました。

日本でここにだけ生育する柑橘に多くの料理専門家が驚き、
個性的な「じゃばら」の味は可能性の広がりを伝えるとともに高い評価を得ることになりました。
結果、村が動き、同年の秋に農園の規模を拡大してのじゃばら栽培に踏み切ることに至ったのです。

これは耕地面積が極めて少なく、産地化するだけの決定的な作物を見出せずにいた村が、
「じゃばら」を評価し、8年を費やし、北山村の特産物として育てるということも意味していたのです。
その後、昭和52年農林水産省に対して農産種苗法による品種登録を出願、
2年後の54年に現地調査が行われ、種苗名称登録許可を取得しました。

今では、じゃばらの知名度が全国区になり、村の一大産業となったことから、
役場そのものの意識も変化しております。

じゃばら農家では、村の子供達に栽培について知ってもらうための取り組みを行っています。
村の財産として次世代に引き継ぐために、村内の小中学校に苗木を植える活動を行っています。

これまた村の伝統産業でもある「筏下り」の後継者に栽培を委託するなど、
村の雇用対策や農業後継者の育成へとつなげる活動が村をあげて本格化しています。

「じゃばら」は、ユズやダイダイ、カボスの仲間の柑橘類です。
ユズよりも果汁が豊富で、ユズやスダチとは違った風味があり、糖度と酸度のバランスのとれた、まろやかな風味が特徴です。
果実は球形あるいは短球形で、重さの平均は130gです。
冷暗所で3ヶ月保存でき、貯蔵しても果汁の減少率は少なく皮まで有効に使えるので料理の風味づけはもちろん、入浴用として美容と健康にも利用されています。

その味を一言で表現すると「にがうま」です。
酸っぱさの後に残るほんのりの苦味が独特で、まろやかな風味の中に隠れたこの味こそが年間通じ、加工品も含め2億円以上を売り上げる人気の秘密です。
また、種がほとんどないので、そのまま搾って果汁にしたり、また自宅でマーマレードや調味料として活用したりとその用途は様々です。
幅広い年齢に支持される食材として注目を集めています。

「じゃばら」が爆発的にヒットした理由は、日本人を悩ます季節病に効果があるとの口コミと評判です。
「じゃばら」には、花粉症抑制効果があるのです。

インターネット通販を始める前、実はじゃばらを買われる多くの方が少量ではなく、10kg、20kgという大量購入の傾向がありました。
お客様にその用途を問いかけたところ、 「じゃばらが花粉症に効くので欠かせない。
だから大量にまとめ買いしているんです」
という声を数多くいただいたのです。

そこで村では、平成13年と14年にインターネットで千人の「花粉症モニター」をスタートしました。
100%果汁300mlを無料で試飲していただき、その効果を計るというもので、千人の募集枠に2日間で1万人の応募が殺到しました。
期待の大きさを実感すると同時に、その効果のほども大変気になるところでした。
モニター調査の結果、約半数の方から「効果あり」との回答を頂き、
その多くがリピーターとなって、インターネット、マスコミを通じて広がった結果、
今日の爆発的なヒットにつながったという訳です。

では、なぜ花粉症の症状が緩和するのでしょうか?
これまでは人の噂、お客様の声でしか証明できなかったことを、
何とか化学的に、また医学的に解明できないかと考え、
そのメカニズムを徹底的に調査・研究し始めました。

そして、地元の和歌山県工業技術センターの熱心な研究により徐々に解明されました。
平成15年9月12日、東京農業大学で開かれた日本食品化学工学会第50回大会で、
「じゃばらに花粉症などの原因となる脱顆粒現象を抑制する機能がある」 という発表が行われました。

さらに平成17年には、岐阜大学により、
「じゃばらの果実、特に果皮に抗アレルギー作用がある成分が含まれている」
という研究結果が発表されました。

これらの研究報告により、「じゃばらの花粉症抑制効果」が、単なる噂ではなく医学的見地からも認知されました。

今や引く手あまたの「じゃばら」ですが、何も栽培が始まった当初から売り上げが順調だった訳ではありません。
昭和57年、村内3区画に農園(8ha)を確保しパイロット事業をスタートしました。
61年には集出荷施設を新設するなど生産環境を確実に進化させたものの、
やはり知名度のなさによる販路の狭さがネックになりました。
収穫量が60tを越えた昭和63年、平成元年には、商品の余剰在庫を抱え、
平成3年から11年までは生産調整するほどの苦難の時代がありました。

出荷量が急カーブで増加したのは、Web事業への進出です。
それ以前は、村内の販売や近隣への卸販売を中心に行なっていたのですが、
交通の便の悪い「飛び地村」ゆえのPR不足、不便さがネックになっていました。
この不便さを解消する方法として、村が着目したのが流通ルート不要で直接販売ができるインターネットショッピングモールへの参画だったのです。

じゃばら村センターの直販サイトが開設されたのは平成13年です。
花粉症モニターなどのキャンペーンを実施することで着々と噂が広まり、
その3年前までは売れ残っていたじゃばらが、
平成14年の2月から爆発的に売れ始め、 4月には事業始まって以来初めての完売を記録しました。

そして14年、15年秋収穫分に至っては、
お客様の問い合わせが殺到したことで 11月の収穫を前に10月1日から予約受付を開始し、
果実、果汁共に数日で完売するという偉業を達成することとなりました。

この年、年間売り上げ1億円を突破いたしました。
ネット通販の大手「楽天市場」へ出店するやいなや オープン3ヶ月でアクセス数52万PVを記録し、
2009年3月12日分の楽天市場デイリーランキングでは
じゃばら村センターの「じゃばら果汁360ml」がなんと名だたる商品をおさえ、 堂々の一位になりました。
全国区の称号を得たことで、さらなる発展を予感することなったのです。

そのため、果汁や果実だけでなく、様々な加工品にもチャレンジを開始しました。
現在は多くのじゃばらアイテムが登場したことで、
売り上げ3、4臆円を目指し、現在も楽天市場など有名通販サイトでPRを継続しています。

じゃばら栽培の一年 当初1戸から始まったじゃばら農家は、
平成22年には13戸、関連従事者は40人に増え、現在9haの農園で、8000本を植栽しています。

元々、北山村の気候は温暖多雨で年平均気温が15.2度、海岸部に比べ寒暖の差が大きく、
地勢気候上から生食用普通柑橘類(みかんやレモンなど)の栽培には適地とはされていませんでした。

しかし、じゃばらは北山村のような冬季気温が低い山間地によく育つ特性があることが研究で判明し、
柑橘系でありながら寒さに強いという独特の性質が村の気候、環境にフィットしています。

日本唯一の飛び地村といういわばオンリーワンの地域ゆえ、
日本で唯一この品種が自生、定着できたといっても過言ではないのです。

和歌山県北山村[観光サイト]から転載

 

 

Pocket

【くしゃみとおじゃらば】緑茶のカテキンは花粉症に有効です

Pocket

【くしゃみとおじゃらば】は、花粉の症状を抑える『じゃばら』をたっぷり配合したサプリメントです。

さらに、【くしゃみとおじゃらば】には免疫力を向上させる乳酸菌(EC-12)が配合されているので、
Wパワーで「くしゃみとおさらば(おじゃらば)」できます。

【くしゃみとおじゃらば】によれば、
花粉症のつらいくしゃみ、痒み等を「じゃばら」の力によって緩和させるとともに、
乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、
アレルギーにもに負けない丈夫な身体を作ることができます。


【くしゃみとおじゃらば】の「こだわりの成分」について;

じゃばら
じゃばら」は、柚子やすだちと同じ柑橘類で、温州みかんとほぼ同じ大きさです。
「じゃばら」という名前は「邪気をはらう」から名付けられたと言われています。
じゃばらの果皮や果汁には「ナリルチン」というフラボノイドが含まれています。
これは主に柑橘類に含まれる成分なのですが、「じゃばら」には他の柑橘類にくらべ圧倒的に多く含まれています(いよかんの4~5倍くらい)。

「ナリルチン」には、ヒスタミンなどの炎症物質の放出を強力に抑える働きがあります。
「じゃばら」の果皮には、「ナリルチン」が果汁の13倍も含まれているのですが、
果皮を食べるのはみかんの皮を食べるのと同じで難しいのです。
したがって、「じゃばら」の果皮を容易に摂取するためには、
「じゃばら」をサプリメント化する必要があるのです。

 

 


乳酸菌(EC-12)
乳酸菌(EC-12)には、体内に侵入してきた細菌やウイルス、花粉、埃などの異物を排除し身体を守る作用があります。
【くしゃみとおじゃらば】によれば、この「乳酸菌(EC-12)」を1日1000億個摂取できます。

甜茶エキス
甜茶エキスに含まれるGODポリフェノールは、花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因となる過剰なヒスタミンの分泌や炎症に関係するシクロオキシゲナーゼを抑制します。

緑茶
緑茶に含まれるカテキンには抗アレルギー作用があり、ヒスタミンの発生を抑制し、皮膚や粘膜を保護します。

シソエキス
シソに含まれるポリフェノールには、ヒスタミンを抑制し、アレルギーを緩和する作用があります。

 


【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

 

緑茶


「くしゃみとおじゃらば」には、「緑茶」が配合されています。

緑茶に含まれる「カテキン」は、「花粉症」に対して有効です。
緑茶のすっきりとした渋みは、この「カテキン」のおかげです。

カテキンの「アレルギー抑制効果」は有名で、
「花粉症」だけではなく「アトピー性皮膚炎」にも効果があります。

「緑茶を飲む習慣をつけただけで、花粉症の症状が軽くなった」
という人も大勢いますので、
カテキンの花粉症に対する有効性には間違いありません。

 

 

Pocket

【くしゃみとおじゃらば】「シソエキス」は花粉症に有効です

Pocket

【くしゃみとおじゃらば】は、花粉の症状を抑える『じゃばら』をたっぷり配合したサプリメントです。

さらに、【くしゃみとおじゃらば】には免疫力を向上させる乳酸菌(EC-12)が配合されているので、
Wパワーで「くしゃみとおさらば(おじゃらば)」できます。

【くしゃみとおじゃらば】によれば、
花粉症のつらいくしゃみ、痒み等を「じゃばら」の力によって緩和させるとともに、
乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、
アレルギーにもに負けない丈夫な身体を作ることができます。



【くしゃみとおじゃらば】の「こだわりの成分」について;

じゃばら
じゃばら」は、柚子やすだちと同じ柑橘類で、温州みかんとほぼ同じ大きさです。
「じゃばら」という名前は「邪気をはらう」から名付けられたと言われています。
じゃばらの果皮や果汁には「ナリルチン」というフラボノイドが含まれています。
これは主に柑橘類に含まれる成分なのですが、「じゃばら」には他の柑橘類にくらべ圧倒的に多く含まれています(いよかんの4~5倍くらい)。

「ナリルチン」には、ヒスタミンなどの炎症物質の放出を強力に抑える働きがあります。
「じゃばら」の果皮には、「ナリルチン」が果汁の13倍も含まれているのですが、
果皮を食べるのはみかんの皮を食べるのと同じで難しいのです。
したがって、「じゃばら」の果皮を容易に摂取するためには、
「じゃばら」をサプリメント化する必要があるのです。

 

 



乳酸菌(EC-12)
乳酸菌(EC-12)には、体内に侵入してきた細菌やウイルス、花粉、埃などの異物を排除し身体を守る作用があります。
【くしゃみとおじゃらば】によれば、この「乳酸菌(EC-12)」を1日1000億個摂取できます。

甜茶エキス
甜茶エキスに含まれるGODポリフェノールは、花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因となる過剰なヒスタミンの分泌や炎症に関係するシクロオキシゲナーゼを抑制します。

緑茶
緑茶に含まれるカテキンには抗アレルギー作用があり、ヒスタミンの発生を抑制し、皮膚や粘膜を保護します。

シソエキス
シソに含まれるポリフェノールには、ヒスタミンを抑制し、アレルギーを緩和する作用があります。

 



【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

 

シソ(紫蘇)



「くしゃみとおじゃらば」には、特別な手法で抽出されたシソエキスが配合されています。

「シソの葉」が、最近、エキスの形でにわかに注目されてきています。
シソエキスがアトピー性皮膚炎症や花粉症に有効である
と、テレビや雑誌などで取り上げられています。

「シソエキス」は、人の体にやさしく働き、さまざまな炎症・アレルギー症状に効果を発揮し、体質改善にも役立ちます。
これは、「シソエキス」に白血球の過剰な働きを抑制する力があるからです。
この作用が、アトピー性皮膚炎や花粉症に有効なのです。

シソ科の植物に含まれる「ロズマリン酸」というポリフェノールが注目されており、赤ジソにより多く含まれています。

「くしゃみとおじゃらば」に配合されている「シソエキス」は、
多量の「ロズマリン酸」を含むため、
過剰に反応し過ぎる免疫反応を抑えることができます。
花粉症はアレルギー反応つまり免疫の過剰反応ですから、
「シソエキス」が花粉症に有効なのです。

 

 

Pocket