腸内免疫の謎

Pocket


健康食品・サプリメント ブログランキングへ
↑↑↑
クリック、よろしくお願いいたします。
こんにちは、サプリメントアドバイザー@hiroです。
 
今回の記事は、「 腸内免疫の謎」です。
 

腸内細菌?

 

体にいい善玉菌と体に悪い悪玉菌があって、
悪玉菌が多いと便秘になるし、ガンの原因にもなるそうだね。

 

だから、善玉菌を増やすような食事をしないと。

ヨーグルトを食べようか?

 

 

このように、腸内細菌に関する知識はいまや常識になっています。

ヨーグルト市場は、ここ数年急激な伸びを見せています。

これは、腸内細菌についての知識が普及したためだと思われます。

 

しかしながら、腸内細菌についてはわからないことがたくさんあります。

 

例えば、腸内細菌といえば、大腸菌や結核菌をまず思い浮かべます。

これらの細菌が体内に侵入したとき、攻撃を仕掛けて排除するのが免疫系です。

これらの細菌が体内で増えると病気になってしまうからです。

 

ところが、腸内細菌は私たちの消化器官、特に大腸に住み着いています。

 

 

腸内細菌は免疫系によって退治されないのでしょうか?
この点について、考えてみたいと思います。

細菌は進化の過程で一番最初に現れた生物と考えられます。

人やいろいろな動物は、そのあと現れました。

 

細菌は、人やいろいろな動物があらわれるまで自分たちだけで生活しておりました。

ある時期から、人や動物の体内に自分たちの棲家を求めて入り込んできました。

人の場合で言えば、これが腸内細菌です。

多くの生物にとって、この世界は勢力争いの場です。

長い歴史の中で、ある細菌は人の体内に侵入し、共生するようになりました。

勿論、体内に侵入してきた細菌は一種類ではありません。

細菌同士でも勢力争いがあったはずです。

 

さまざまな葛藤によって体内で淘汰され、
ある程度固まって小宇宙的なものをつくるようになったのが、
腸内フローラ(腸内細菌叢)です。

私たちは、腸内細菌と共生しています。

共生というのは、お互いが何らかの形でいい影響を与え合っている関係です。

つまり、ギブアンドテイクの関係です。

このような関係になると、免疫系も排除しなくなります。

 

だとすれば、悪玉菌も人から排除されず共生している以上、
必ずしも悪いことばかりしているとはいいきれません。

免疫というのは本来、
外から入ってくるもの(非自己)を全て除くシステムです。

 

私たちの体の免疫系は、

どのようにして病原菌と共生細菌を識別しているのでしょうか?

 

また、腸内細菌は棲んでいる菌の種類や数が一人一人異なります。

これはなぜでしょうか?

 

これには免疫系が大いに関係していると思われます。

 

 

Pocket