サプリメント

Pocket

サプリメントは、アメリカ合衆国での食品の区分の一つである
「ダイエタリー・サプリメント(dietary supplement)」の訳語です。

 

したがって狭義には、サプリメントとは、
不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助する食品や、
ハーブなどの成分によって薬効を発揮させる食品のことです。

 

さらに、サプリメントには、生薬、酵素、ダイエット食品などと呼ばれるものも含まれます。

 

サプリメントは、栄養補助食品、健康補助食品とも呼ばれ、「サプリ」と略称されます。

 

 

 

Pocket

【プレミアムスリムビオ】日和見菌の働きは腸内環境で変わる

Pocket

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)の3種類があります。
それぞれ、作用や体に与える影響が異なります。
これら腸内細菌のバランスは、栄養や体調によって、さらに年齢によっても変化します。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌(ひよりみきん)

代表的な腸内細菌は作用によって3種類に分類されます。


善玉菌は消化吸収の補助や免疫刺激など、
健康維持や老化防止などへ影響がある菌で、
代表的なものにビフィズス菌や乳酸菌があり、
健康維持や老化防止にいいといわれています。

反対に悪玉菌はからだに悪い影響を及ぼすとされ、
代表的なものにウェルシュ菌・ブドウ球菌・大腸菌(有毒株)があり、
病気の引き金となったり老化を促進するなど健康を阻害します。

また、日和見菌は、健康なときはおとなしくしているのですが
体が弱ったりなどすると、腸内で悪い働きをする菌で、
代表的なものにバクテロイデス・大腸菌(無毒株)・連鎖球菌があります。

 

腸内細菌のバランスは、栄養や体調によって、あるいは年齢によっても変化します。

ここでは、腸内細菌のバランスの年齢による変化を見ておきましょう。


それぞれの年代の菌数の割合は違いますが、年をとると悪玉菌(有害菌)の割合が増えてきます。

母体内では、胎児は無菌に保たれています。
生まれ落ち母乳を飲んでいるときは、
母乳中の乳糖、ガラクトオリゴ糖を栄養源として、
ビフィズス菌が増殖し始めます。
赤ちゃんの便が黄色っぽく臭くないのは、
ビフィズス菌優位の腸内環境になっているからです。

離乳期以降、離乳食を食べ始めると、
大人の菌叢(きんそう※1)へと変化していきます。
成人では、10~20%台の占有率でビフィズス菌が腸内に存在しています。

高齢になると、ほとんどの場合ビフィズス菌は減少し、
若年ではまず検出されなかったウエルシュ菌などの悪玉菌が、
高確率で検出されるようになります。

※1 善玉菌、悪玉菌、日和見菌の集合体

善玉菌・悪玉菌・日和見菌は、栄養や体調によって、あるいは年齢により、
そのバランスが変わります。
腸内環境をよくするためには、善玉菌が優位の腸をつくる必要があります。

 

ところで、【プレミアムスリムビオ】は、「痩せ菌」で体質を改善するダイエットサポート・サプリです。

 

 

 



腸内の細菌のほとんどは、
「痩せ菌(バクテロイデーテス菌)」と「デブ菌(ファーミキューテス菌)」の2種類に分けられます。
通常の状態であれば、デブ菌4に対して痩せ菌が6のバランスですが、
肥満の人ほど「痩せ菌」が少なく「デブ菌」が多いのです。

理想的なボディへの近道は、「痩せ菌」を増やすことだったのです!

 


ところが、「痩せ菌」も「デブ菌」も、そのほとんどは腸内で最も多い「日和見菌」なのです。

上述のとおり、日和見菌は健康なときはおとなしくしていますが、
からだが弱ったり、悪玉菌が優位になったりすると、
腸内で悪い働きをするのです。

したがって、【プレミアムスリムビオ】による「痩せ菌ダイエット」においては、
善玉菌を優位にすることにより、腸内環境を整えることがとても大切なのです。

 

 

Pocket

【プレミアムスリムビオ】デブ菌を減らして痩せ菌を増やす!

Pocket

太りやすい体質の方には「デブ菌」が多く、
痩せやすい体質の方には「痩せ菌」が多いことが判りました。

【プレミアムスリムビオ】は、
「痩せ菌」で体質を改善するダイエットサポート・サプリです。

 

同じように食べているのに太らない子っていますよね?
実は、「ぽっちゃりさん」と「ほっそりさん」の腸には、こんな違いがあったんです。

 



腸内の細菌のほとんどは、
「痩せ菌(バクテロイデーテス菌)」と「デブ菌(ファーミキューテス菌)」の2種類に分けられます。
通常の状態であれば、デブ菌4に対して痩せ菌が6のバランスですが、
肥満の人ほど「痩せ菌」が少なく「デブ菌」が多いのです。

 

肥満のメカニズムと痩せ菌の作用

肥満になるまで

 食事を摂り・消化された脂肪は、血流によって全身に運ばれます。
⇒運ばれてきた脂肪を、脂肪細胞が取り込み巨大化します。
⇒脂肪細胞の巨大化により、肥満します。

 

痩せ菌の作用

 腸内細菌である「痩せ菌」は、私たちが食べたものを餌として「短鎖脂肪酸」を作りだします。
⇒作り出された「短鎖脂肪酸」は、血流によって全身の脂肪細胞へ届けられます。
⇒脂肪細胞に届けられた「短鎖脂肪酸」は、脂肪の脂肪細胞への取り込みをブロックします。

 

理想的なボディへの近道は、
腸内環境を整え「痩せ菌」を増やすことだったのです!


腸内の細菌は、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類で構成されています。

実は、「痩せる菌」も「デブ菌」も、そのほとんどは腸内で最も多い「日和見菌」なのです。
元々は中立的な立場の「日和見菌」ですが、「善玉菌」と「悪玉菌」の優勢な方の味方をします。

したがって、痩せ菌を増やすとともに、腸内環境を整えることが不可欠なのです。
すなわち、善玉菌を増やすことが必要です。

 

【プレミアムスリムビオ】は、
「痩せる菌」に着目したダイエットサプリです!
デブ菌を減らして痩せ菌を増やすことができます。

【プレミアムスリムビオ】によれば、1兆個の菌が腸まで届きます!
しかも、腸まで届く乳酸菌は、下記に示すように選りすぐりの乳酸菌です。

 

EC-12

EC-12は、ヒト腸管より分離したエンテロコッカス・フェカリス(乳酸菌)を独自の培養・処理技術により過熱殺菌処理することで高密度濃縮処理した乳酸菌素材です。
フェリカス菌は、ヒト由来の乳酸菌ですから副作用がなく安全です。
しかも、フェリカス菌は腸内環境を整えるとともに免疫力をアップさせます。

EC-12は、加熱洗浄殺菌をすることによって菌体をぎゅっと密着させ高密度に集菌されています。

EC-12は僅か0.2gで、カップヨーグルト100個分に相当する菌数を提供します。
EC-12は、殺菌して濃縮することで、生菌では摂取が難しい量を摂取可能にしています。


ここで、よく誤解される点に言及させていただきます。
メディアでは「生きた菌を腸に届ける」などという宣伝文句がよく使用されています。
しかしながら、生菌は胃酸でほとんど死滅してしまうのです。

さらに、万一生きたまま腸まで届いたとしても、その菌自体が腸内に定着するわけではありません。

要するに、菌の生死よりも、その量が重要なのです。

 

スマート乳酸菌+茶カテキン

 



スマート乳酸菌+茶カテキン

スマート乳酸菌は、乳酸菌ですから、腸内環境を整え、お通じをスムーズにし、腸内を活性化することにより免疫力を高めることができます。
しかも、スマート乳酸菌は植物由来の乳酸菌であるため、過酷な環境でも生き抜くことができます。

さらに、スマート乳酸菌は、ポリフェノールの吸収力をアップさせることができるのです。
したがって、プレミアムスリムビオにおいては、配合されている茶カテキンの性能が遺憾なく発揮されます。

 

ビフィズス菌B-3

 


ビフィズス菌B-3は、短鎖脂肪酸を作り、脂肪組織への脂肪の蓄積を防ぎます。

高脂肪食を食べると腸管バリア機能が破壊され、炎症性物質が体内を循環して肥満が起きます。
ビフィズス菌B-3は、腸管バリア機能を保護する働きがあり、肥満を抑制します。

 

ラクトフェリン

ラクトフェリンは赤ちゃんの飲む母乳中に存在し、赤ちゃんを守る大事な栄養素です。
ラクトフェリンはダイエットサポートだけではなく、女性にうれしい「キレイ」にも大きな影響があります。
ラクトフェリンは腸内で働く胆汁酸を活性化し、腸内の悪玉菌に働きかけます。
胆汁酸の活性化により悪玉菌が少なくなれば、善玉菌が増殖しやすくなります。

 

プレミアムスリムビオには、
善玉菌の増加を助ける菌が高濃度で配合されています。

ビフィズス菌BR-108

BR-108は、赤ちゃんの腸管より分離したビフィドバクテリウム・ロンガム(ビフィズス菌)から製造された殺菌ビフィズス菌素材です。

 

有胞子性乳酸菌

有胞子性乳酸菌は、環境が悪くなったときでも胞子(硬い殻)を作って休眠できる乳酸菌です。
乾燥や熱・酸に強く、腸まで届くと胞子は発芽し活発に繁殖します。

 

フェカリス菌(ヒト由来)

 



さらに、プレミアムスリムビオには、
善玉菌を増やす強い味方が配合されています。

納豆菌

納豆作りの際に使われる納豆菌は、乳酸菌との相性がいいのです。
納豆菌と乳酸菌を共生させると、乳酸菌が効率よく増殖します。

 

オリゴ糖

オリゴ糖はその名のとおり糖類の一つです。
オリゴ糖は善玉菌の餌となり、善玉菌優位の腸内環境を整えてくれます。

 

さらに、プレミアムスリムビオには、
「痩せ菌」を育てるために有用な
「水溶性食物繊維」が配合されています。

水溶性食物繊維は、その名のとおり水に溶けやすいので、
分解しやすく、短鎖脂肪酸が作られやすくなるのです。

  • 難消化性デキストリン… 現代人の食物繊維不足を補うもので、トウモロコシから得られます。
  • アガベイスリン… メキシコなどの乾燥地帯にみられるアガベから得られる天然食物繊維です。
  • グルコマンナン… こんにゃくの主成分です。

 

腸内環境が整い、痩せ菌が増えると、
太りやすい体質から痩せやすい体質に変わるばかりではなく、

  • 毎日が活き活き
  • お通じがスッキリ
  • 美肌

などの効果までもが得られます。

 

 

Pocket

【セサミン】SOD酵素とはなんでしょうか?

Pocket

注目が高まっているSOD酵素

近年、美容・健康に関心のある人たちは、「抗酸化」という言葉に注目しています。
「抗酸化」について学んでいると、必ず「SOD酵素」という言葉に出会います。

SOD酵素は、活性酸素を除去してくれる成分として注目されている酵素です。
因みに、活性酸素はあらゆる老化現象の原因となるものです。

 

SOD酵素は活性酸素の退治役

SOD酵素は、正確には「Super Oxide Dismutase」といい、「活性酸素を除去する酵素」という意味です。
人間の体内で作られる酵素であり、体細胞が酸化するのを抑えてくれます。

活性酸素は、適量であれば細胞を守ってくれるのですが、増えすぎると途端に悪者となってしまいます。
増えすぎると酸化力が強くなりすぎて、細菌類だけでなく我々の細胞自体まで傷つけてしまうのです。
すると、老化現象としてさまざまな不具合が体中に表れ、病気の原因ともなります。

それを防ぐために、体内で活躍してくれているのがSOD酵素だというわけです。
抗酸化作用のある成分は世の中に数多くありますが、体内で作られている抗酸化成分だということがSOD酵素の最大の特徴です。

 

お肌の場合、細胞の酸化はそのまま老化に繋がります。

活性酸素の増えすぎは、シミやシワの原因のひとつといわれています。
また、細胞に傷がつくとお肌のターンオーバーも正常に行われなくなるため、肌荒れや炎症の原因にもなりかねません。
健康なお肌を維持できれば、メイクノリにも影響が出ます。

お肌は、体内の不調の原因が真っ先に表れる場所です。
美しいお肌をキープするためには、何よりも健康であることが大切です。

 

抗酸化物質の摂取方法

SOD酵素は、体内で作られる酵素です。
しかしながら、酵素は一生のうちに作られる量があらかじめ決まっていると言われています。
年齢を重ねるごとに生成される量が減りますし、その力も弱まっていくことがわかっています。

そこで、体に抗酸化物質を供給してやる必要があります。

第一に考えられる方法は、直接SOD酵素を摂取する方法です。
ところが、SOD酵素はタンパク質ですから、摂取しても胃で分解されてしまう可能性があります。

 

そこで私が提案するのは、サプリメントで抗酸化作用の認められている「セサミン」を摂取する方法です。

 

 

Pocket