サプリメント

Pocket

サプリメントは、アメリカ合衆国での食品の区分の一つである
「ダイエタリー・サプリメント(dietary supplement)」の訳語です。

 

したがって狭義には、サプリメントとは、
不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助する食品や、
ハーブなどの成分によって薬効を発揮させる食品のことです。

 

さらに、サプリメントには、生薬、酵素、ダイエット食品などと呼ばれるものも含まれます。

 

サプリメントは、栄養補助食品、健康補助食品とも呼ばれ、「サプリ」と略称されます。

 

 

 

Pocket

【乳酸菌革命】16種類の乳酸菌で毎日スッキリ実感!

Pocket



乳酸菌革命は16種類もの乳酸菌が腸内をケアして、
毎日スッキリを実感させます!

乳酸菌革命に配合された16種類の乳酸菌

  • ラクトバチルスアシドフィルス
  • ラクトバチルスガッセリー(カセリ菌)
  • ラクトバチルスバラカゼイ
  • ラクトバチルスジェンセニー
  • ビフィドバクテリウムビフィダム(ビフィズス菌)
  • ラクトバチルスプレビス(ラブレ菌)
  • ラクトバチルスヘルペティカス
  • ラクトバチルスブルガリクス
  • ラクトバチルスデルブリッキ
  • ラクトバチルスヘルペティカス
  • ストレプトコッカスサーモフィルス
  • ビフィドバクテリウムアドレッセンティス(ビフィズス菌)
  • ラクトバチルスカゼイ
  • ラクトバチルスラムノーサス
  • ビフィドバクテリウムロンガム(ビフィズス菌)
  • エンテロコッカスフェシェーム

乳酸菌で理想的な腸内環境を手に入れましょう!
腸内フローラを生き生きさせれば、毎日スッキリ!
私たちのお腹の中には、たくさんの細菌が棲みついています。
その中でも腸内に棲む菌は、腸内細菌と呼ばれ、その種類は100以上、数は約100兆個にもなります。
これら多種・多様な細菌は、小腸の終わりから大腸にかけて棲んでおり、
その様子がお花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼んでいます。



理想的な腸内フローラを保つためには、できるだけ多くの種類の乳酸菌を摂ることが大切です!

そうです。

乳酸菌の数だけではなく、できるだけ多くの種類の乳酸菌を摂ることが大切なのです。

これは、我々は皆腸内環境が異なっており、棲息する腸内細菌も同じではないからです。
また、乳酸菌はその種類によって届く場所が異なるからです。

だから、腸内環境を理想的な状態にするためには、
多数の乳酸菌を摂ることも必要ですが、
たくさんの種類の乳酸菌を摂ることも必要なのです。

【乳酸菌革命】は、16種類の乳酸菌をバランスよく配合したものであり、
腸全体をサポートして、善玉菌を増やすとともに、悪玉菌を抑制します。

乳酸菌革命の3つの特徴!

Ⅰ. パワフルな3大乳酸菌を配合!

1.ビフィズス菌
大腸に多く棲んでおり、体内の健康バランスを保つために欠かせない代表的な善玉菌です。

2.ラブレ菌
強い生命力を持ち、生きて腸まで届きます。
ビフィズス菌を増やす働きがあります。
強い生命力があり生きたまま腸まで到達し、悪玉菌の増加を抑えます。

3.ガセリ菌
腸内に長くとどまることができる菌です。
とくに日本人には相性のよい乳酸菌で、酸素の有無にかかわらず育ち、ビフィズス菌とともに悪玉菌を抑えます。

乳酸菌革命は、これら3大乳酸菌をはじめとする16種類の乳酸菌をバランスよく含み、
腸全体をサポートします。

 

2.乳酸菌が生きたまま腸まで届く!

一般的な乳酸菌は、胃酸や胆汁に影響を受けて死滅してしまいます。
ところが、有胞子乳酸菌は、耐熱性に優れることから胃や十二指腸で死滅せず腸まで到達することができます。

 



乳酸菌革命では、耐酸性カプセルを採用!
乳酸菌は、酸やアルカリに弱いため、口から入っても、胃のなかで胃酸に、小腸では胆汁によって大半が死滅してしまいます。
そこで、乳酸菌革命では、乳酸菌を酸やアルカリから守る耐酸性カプセルを採用しています。

 



Ⅲ. 添加物不使用で安心・安全!

口から摂取した乳酸菌は腸内に定着することはできないので、毎日摂り続けるべきものです。
乳酸菌革命では、化学的添加物を一切使用していないので、安心して毎日摂取することができます。

 

乳酸菌革命は、通常価格2,880円(送料別)なのですが、定期コースであれば定期価格2,730円(送料無料)で御利用いただけます。
しかも、定期コース初回特典として、1,400円相当のルイボスティーがもらえます。

毎朝スッキリに感激!1粒に500億個の乳酸菌!

乳酸菌革命

Pocket

【ドクター.セノビル】アルギニンは 子供の身長を伸ばす!

Pocket

『アルギニン』は成長ホルモンの分泌を促進することで
子供の成長を促進し身長を伸ばす天然の成長促進物質です!

また、『アルギニン』には老化の予防・改善、若返り効果があり、
老化病や生活習慣病などに対しても強力な予防・改善効果を示します!



1.アルギニンとは何?

アルギニンはアミノ酸です。

アルギニンは、体内で作ることができるので、「非必須アミノ酸」に分類されます。
しかし、健康で活動的な体を維持するためには、
アルギニン自体を食物などから充分に摂取することが必要です。

とくに、乳幼児や発育期にある子供では、
体内での生成量が少ないことがあり、
また、体での必要量が多いため、
積極的に補充しないと成長や発達が遅れる可能性があります。

また、加齢や生活習慣の乱れによって、
あるいは老化病や生活習慣病によって、
体内でのアルギニンの生産量が減少することがあります。

 

アルギニンは、
健康を維持し、
老化を防ぎ、
老化病や生活習慣病などの病気を防ぎ、
病原菌などの外敵や「がん」から体を守ります。

したがって、アルギニンは「準必須アミノ酸」と呼ばれています。

いま、『アルギニン』は、
「若返りのアミノ酸」として世界的に注目されています。



2.アルギニンの働き

「アルギニンは子供の身長を伸ばすのに非常に重要な成分である」
ことが明らかにされております。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進します。

成長ホルモンの分泌量が増えれば、
成長板(長骨の先端部分にあって骨が成長している部分)や
骨芽細胞(新しい骨を形成)に働き、
長骨(大腿骨、脛骨、上腕骨などの手足を構成する長い形状の骨)を伸ばすことにより、
身長を伸ばします。



3.アルギニンの成長ホルモン分泌促進効果

アルギニンは成長ホルモンを最も確実にそして強力に分泌させます。

成長ホルモンは、脳にある下垂体というところで産生される、成長を促進したり、
若さを保つために働くホルモンです。

通常、成長期には成長ホルモンが盛んに分泌され身長はどんどん伸びますが、
成長ホルモンが足りないと成長が阻害され低身長になります。

一方、成長期を過ぎると、成長ホルモンの分泌量はどんどん少なくなります。

この成長ホルモンの減少が老化の大きな原因の一つと考えられています。

したがって、成長ホルモンはアンチエイジング効果が期待できるホルモンなのです。

アメリカでの臨床試験で、6ヶ月の成長ホルモン治療によって10~20歳の若返り効果が証明されています。
また、動物実験では、成長ホルモンの注射によって平均寿命が延びることも示されています。
このように成長ホルモンは、
若返り、美肌、老化防止、肥満改善、長寿効果が期待できる夢のホルモンといえます。

 

成長ホルモンを増やす方法として、
成長ホルモンを直接注射する方法と、
成長ホルモンの分泌を促進する成分を摂取する方法
があります。

現在、アルギニンの摂取は、
「成長ホルモンを最も確実に増やす方法」と考えられています。

アルギニンによれば、
子供(6歳以上)や高齢者においても
1日4~8グラム摂取することで
成長ホルモンを2~3倍以上に増やすことができます。

アルギニンの摂取によって、
若返り、美肌、育毛、肥満防止(体脂肪減少)、老化防止、長寿などの
アンチエイジング効果も期待できるわけです。

『アルギニン』は最強の天然アンチエイジング成分の一つと言えます。

 

現在最も強力なアンチエイジング療法(若返り療法)と言われているのは、
「成長ホルモン療法」ですが、
アルギニンの摂取は、この療法に匹敵するものであるかもしれません。



4.アルギニンは老化や老化病・生活習慣病を強力に予防・改善します!

アルギニンは生体成分(体に必要なアミノ酸)であり、
副作用はありません。

多くの老化病や生活習慣病において、
体内のアルギニン量が減少していることが指摘されています。

そして、アルギニンを補充すれば、
老化病や生活習慣病が改善することも報告されております。

つまり、老化病や生活習慣病の多くが
アルギニンの不足によって起こっているということです。

このように、アルギニンは体にとって不可欠の健康成分なのです。

以上述べたように、アルギニンは子供の成長に欠かすことができない成分です。

しかしながら、「アルギニンさえ摂取すれば、背が伸びる」というわけではありません。

たとえば、アルギニンと一緒にビタミンCなどの抗酸化剤を摂取することで、
アルギニンの働きは2倍程度に強くなることも明らかにされています。

 

 

Pocket

【ユーグレナ】ミネラルは植物から摂取してください!

Pocket

我々人間は、体内でミネラルを作り出すことができません。

つまり、ミネラルは外部から補給する以外ありません。
「じゃあ、つまりミネラルをたくさん摂ればいいのね!」と、
たくさんのミネラルを「サプリメントで摂取しよう」と短絡的に考えるのはやめてください。
危険です。

 

「ミネラル」と一口にいっても種類があります。
ミネラルのタイプには大きくわけて2種類あります。
このタイプの違いによっては、人体に害をもたらす場合があります。

人体に害をもたらすタイプのミネラルが、「金属ミネラル」です。
「水俣病」などの病気は、この金属ミネラル“水銀”の摂取が原因です。

最も理想とされる「良質のミネラル」というのはこういった「金属ミネラル」ではなく、
体に害のない植物由来の「植物ミネラル」なのです。

*金属ミネラル
手に入れ易いミネラルは、このタイプです。
吸収率8~12%。
吸収率が悪く、摂りすぎると害があります。
にがり・海洋深層水など、一般に出回っているミネラルはいくら自然から採れたミネラルでも
「金属ミネラル」にあてはまります。

吸収率をよくしたアミノ酸キレートタイプの金属ミネラルでも、
その吸収率は40~60%といわれています。

 

*植物ミネラル
植物由来のミネラルのことです。
ガラスを通り抜ける程の超微粒子です(勿論、通り抜けるわけではありません)。
吸収率は限りなく100%に近いといわれています。
100%天然由来なので摂りすぎによる害もなく、お子様や妊婦さんにも安心です。

 

「金属ミネラル」と「植物ミネラル」ではミネラルの粒子の大きさが違います。
植物ミネラルの粒子の大きさは小さいものだと、
1インチ(2.54cm)の「1000万分の1」の大きさで、
これは顕微鏡でも見ることができず、
ガラスを通り抜けるほどの超微粒です。
(勿論、通り抜けることはありません)

これに比べて「金属ミネラル」は植物性ミネラルの「数100倍、数1000倍」、あるいはそれ以上の大きな粒子です。
この粒子の大きさの違いは「吸収率の違い」に直に関係しています。

植物は根酸を分泌することにより、土壌中の不溶性ミネラルを可溶性に変換できます。
つまり植物は、根酸により不溶性ミネラル(金属)をキレート化することにより吸収可能にするわけです。
したがって植物が吸収したミネラルは、キレート化された有機物ということになります。

 

我々人間は、植物を食べることにより「植物性ミネラル」を摂取するわけです。

繰り返しになりますが、
植物を食べることにより摂取するミネラルはキレート化されたものであるため、
我々の吸収率が高いわけです。

 

マルチビタミン・ミネラルは、
我々に必要な栄養素を
複合的にバランスよく、手軽に摂取できるようにしたものです。
このマルチビタミン・ミネラルは、大変便利ではあります。

しかしながら、
天然由来成分、特に植物由来ミネラルを用いたマルチビタミン・ミネラルは、
お手ごろ価格では入手できないのが実情です。

その理由は、
植物由来ビタミン・ミネラルに関しては、
その生育条件等により含まれる有効成分量が大きく異なり、
有効成分の含有量を表記できないのです。

例えば、
「ほうれん草○○g配合」と記載することは容易ですが、
「ビタミンE:○○mg、K:○○mg、B1:○○mg、…を含有」
という記載をすることは極めて困難です。

 

評判のサプリメント製品においても、例えばカルシウムを配合するために、貝殻を利用するのが一般的です。
これは貝殻であれば、その有効成分の含有量を定量化できるからです。

勿論、吸収率を良くする工夫はされているのですが、
結局「いくら砕いても岩は岩(貝殻は貝殻)」でしかありません。

 

ところで、最近話題の「ユーグレナ」は、
「天然の総合サプリメント」と呼ばれております。

従来、「総合サプリメント」と称する「サプリメント」は、数多く販売されておりました。

たとえば、我々が不足するであろうと考えられる栄養素を、
様々な食材から抽出し、
抽出した様々な栄養素を、
一粒に錠剤化(あるいは1カプセルに封入)すれば、
総合サプリメントが一応製造できるわけです。

得られた錠剤(あるいはカプセル)に、所望の栄養素が配合されていれば、
一応「総合サプリメント」が完成しているわけです。

しかしながら、実際には様々な不都合が生じます。

 

その一例を、ご説明いたします。

植物由来ビタミン・ミネラルに関しては、
その生育条件等により含まれる有効成分量が大きく異なり、
有効成分の含有量を表記できないのです。

「ほうれん草○○g配合」と記載することは容易ですが、
「ビタミンE:○○mg、K:○○mg、B1:○○mg、…を含有」
と表記することは極めて困難です。

そこで、従来の総合サプリメントにおいては、カルシウムを配合するために、貝殻を利用するのが一般的です。
貝殻であれば、そのカルシウム含有量を簡単に表記できるからです。

勿論、吸収率を良くする工夫はされているのですが、
しょせん「いくら砕いても岩は岩(貝殻は貝殻)」でしかありません。

 

別の例を紹介いたします。

ガンの予防効果があるβカロチンの配合を目論んだといたします。
人参のがん予防効果がわかり、 その有効成分はβカロチンだと推測されているので、
なんら難しくないはずなのです。

ところが、人参から抽出したβカロチンを単独で摂取すると発ガンのリスクがある
という研究結果が得られたりもするのです。

 

優れた「総合サプリメント」の製造は、きわめて困難なのです。

個人的には、合成された「総合サプリメント」には大きな期待はしておりません。

 

 

Pocket