腸内細菌と免疫

Pocket

Pocket

普通の食材のルテイン含有量

Pocket

ルテインを十分量摂取するためには、 サプリメントの利用が必要なのが実情です。

それでも、普段の食事からルテインを摂取することには大きな意義がありますので、ルテインを多く含む食材を紹介しておきたいと思います。

 

lutein04-1ルテイン配合量(100gあたり)

・ケール   :21.90mg / 100g
・ホウレン草   :10.20mg / 100g
・ブロッコリー :1.90mg / 100g
・葉レタス       :1.80mg / 100g
・グリンピース:1.70mg / 100g
・芽キャベツ  :1.30mg / 100g

 

 

lutein11-1

 

また、ルテインの一日の目安摂取量(10mg)を、例えばニンジンから摂取しようとすると
19本食べる必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、普通の食材におけるルテインの配合量を見てみると、
ルテインを食事だけで十分に摂取することは、なかなか困難と言わざるおえません。

なお、ケールやホウレン草によれば食事だけで十分量の摂取が可能かもしれませんが、
これらを毎日たっぷりと食べている者は極僅かだと思います。

したがって、ルテインを十分量摂取するためには、
サプリメントの利用が必要なのです。

ルテインを効率的に摂取しようと考えると、
サプリメントを有効に活用することが必須と言えます。

サプリメントを上手に活用して、ルテインを十分に補うことが、
加齢黄斑変性症をはじめとする眼病の予防に繋がると考えます。

 

 

小林製薬のルテインは機能性表示食品!⇒

 

Pocket

ルテインはできれば一日10mg摂取したいものです

Pocket

ルテインの十分量の摂取には、サプリメントを利用せざるおえないのが実情です。

この場合、一日当たりどの位の量を摂取すれば良いのかという疑問が浮かぶと思います。

1日あたり6mg~12mg程度が目安ということになっていますが、
黄斑変性症などが疑われる場合は、20mg程度と多めに摂取する必要があります。

特段の症状がない場合でも、できれば10mg程度を摂取したいものです。

lutein11-1

 

 

因みに、ニンジンで10mgを摂取しようとすると、
約19本摂取しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ルテインの配合量が少ないサプリメントの中には、
”ルテインの摂取量は6mgなのでそれ以上入っていません”というように、
6mgという摂取量が適量であるかのごとく書かれたものがあります。

しかし、6mgという量は、必要最少限とも言えるべき量です。

ルテインは過剰症を引き起こすことはなく、
そのほかの医薬品の吸収や効能を阻害しないことも知られています。

さらに、目の健康が不安になる年齢ならば、
身体の消化・吸収能も落ちていると考えられますので、
どれだけ消化・吸収されるかと考えることも必要です。

差し迫った症状がない場合でも、一日10mg程度は摂取したいものです。

%e3%81%8a%e3%81%86%e3%81%af%e3%82%93

勿論、黄斑変性症などが疑われる場合は、
20mgないし30mg程度と多めに摂取するべきです。

前述のとおり、過剰摂取による弊害はありません。

 

 

小林製薬のルテインは機能性表示食品!⇒

 

Pocket

目の健康に関わりある成分ールテイン

Pocket

視機能の保護や改善、眼病の予防に有効と言われる成分には、以下のようなものがあります。

  • ルテイン:紫外線などの外部からの刺激から網膜を保護する
  • アントシアニン:抗酸化作用に優れ視力回復、疲れ改善に有効
  • ビタミンA(βカロテン):網膜の機能維持に有効、夜盲症予防
  • ビタミンE:抗酸化作用に優れ、動脈硬化の防止にも有効
  • ビタミンC:汚染された空気の害を押さえる働きがあり白内障にも有効
  • DHA・EPA:血液をサラサラにする働き、視神経の機能改善に有効

ルテインやアントシアニンなどの色素成分の他に、ビタミン類も目の健康にとって欠かせないものが多いです。

また、DHAなどの不飽和脂肪酸も、神経や血流改善に有効です。

 

ですが、網膜を守る役割を第一に考えると…。

lutein02-1これらの成分の中で、紫外線や活性酸素から網膜を直接保護してくれるのはルテインだけです。

目の健康を守る成分としては、ルテインが最も重要と言えます。

ルテインは、加齢黄斑変性症の予防や改善に有効と言われていますが、
それだけではなく、白内障予防の効果もあります。

他にも、パソコンやタブレット端末の発するブルーライトによるダメージから
網膜を守る上でも欠かせないものです。

 

これらの作用から、目の健康を維持し改善するためにも、積極的に摂取していきたい成分です。

lutein04-1

ルテインの一日の目標摂取量は、10mgと言われております。

この目標摂取量を食べ物だけから摂取するのはなかなか困難ですから、ルテイン摂取の手段としてはサプリメントが主流になっています。

 

 

小林製薬のルテインは機能性表示食品!⇒

 

Pocket