光岡知足

バイオジェニックス

【バイオジェニックス】乳酸菌と乳酸菌生産物質の違い

乳酸菌と乳酸菌生産物質は、実は異なるものです。 まずは乳酸菌とはどういうものなのか? を正確に理解しておきましょう。 糖を分解して「乳酸」を生産することによってエネルギーをつくる 「細菌の総称」が乳酸菌であり、 具体的には、以下の...
乳酸菌の科学

【乳酸菌の科学】ケフィアに含まれるバイオジェニックスーケフィラン

光岡博士の乳酸菌のはなしシリーズ ケフィアの医学的効果 ケフィアは世界を代表する長寿地域のコーカサス地方で飲まれてきた発酵乳で、 数百年前から病院やサナトリウムの療養所で使われ、 特に胃腸病、代謝病(糖尿病)、高血圧、心臓病、アレル...
乳酸菌の科学

乳酸菌がつくる体によい成分ーバイオジェニックス

光岡博士の乳酸菌のはなしシリーズ 特定保健用食品(特保:トクホ)制度の施行 これまで、食品の機能としては、 「栄養機能」(栄養になる)と「感覚機能」(おいしい)の二つの機能だけが認められていましたが、 近年、食品によってはこの二つ...
乳酸菌の科学

【乳酸菌の科学】生菌でも死菌でも効果は変わらない

殺菌酸乳の保健効果 発酵乳に含まれる生きた乳酸菌の作用を除くため、 マウスに殺菌酸乳を用い、1群90匹のマウスを、 普通飼料投与群、牛乳14%添加飼料投与群、殺菌酸乳14%添加飼料投与群の3群に分け、 離乳期から一生にわたって試験...
乳酸菌の科学

【乳酸菌の科学】食べた乳酸菌は定着しない

光岡博士の乳酸菌のはなしシリーズ ビフィズス菌のマウスの腸内定着実験 市販固形飼料を与えた14匹の通常マウスに、まず実験開始時に菌叢を検査し、 実験開始2日目に ヒトタイプビフィズス菌B.breve BH 1-1 および B.ad...
光岡知足

【乳酸菌の科学】乳児と大人の腸内細菌のちがい

光岡博士の乳酸菌のはなしシリーズ 新生児の腸内に細菌がすみつくまで ヒトは母体の胎内にあるときは無菌の環境で育つ。 新生児として生まれると間もなく、皮膚や気道、消化管などの粘膜で細菌が増殖しはじめる。 出生後はじめて排泄される胎便は...
乳酸菌の科学

【乳酸菌の科学】人類の乳酸菌との出会い

光岡博士の乳酸菌のはなしシリーズ 人類の乳酸菌との出会い 発酵乳発祥の地方 発酵乳(酸乳、凝乳)の歴史は古く、 人類が有蹄草食動物を群れとして飼い馴らし、 その乳を食物として用い始めた時代にまで遡るとされている。 発酵乳が...
乳酸菌の科学

【乳酸菌の科学】バイオジェニックスとはなんでしょうか?

バイオジェニックスの登場以前は 『腸内細菌の手助けなしでは腸管免疫系はつくられない』 と、考えられておりました。 「バイオジェニックス」は、腸内細菌研究の第一人者である光岡博士が提唱する造語で、 乳酸菌の代謝産物と乳酸菌の死...
タイトルとURLをコピーしました