ユーグレナの吸収率が93.1%であることがホントにスゴイ?

Pocket

ユーグレナの吸収率は、なんと脅威の93.1%です。

だからどうした!それが何だ!と、思われるかもしれません。

ユーグレナ6.png


吸収率93.1%のスゴサは、きっと、下記説明でご理解いただけると思います。

「身体の内と外」って、わかりますか?

口をあけて指を入れてみてください。

身体の外と口の中がつながっているのがわかりますね。

では、「口」から「食道」、食道から「胃袋」、胃袋から「腸」、…「肛門」までつながっているのも、判りますね。

当然、指は届かないので、想像してみてください。

では、我々が食べたものは、いったいどうなるのでしょうか?

そうです。

胃、腸、小腸、大腸などで身体内に吸収されない物は、肛門から排出されます。

巷には、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸など、最近ではプロテオグリカンなど、健康食品が溢れています。

これらは、すべて我々の身体にはとても大切な成分であり、我々の体内で合成されております。

「だから、不足を補うために飲めばいいじゃないか」と、結論を急がないでください。

グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸などを食事として食べあるいはサプリメントとして飲んだとしても、そのまま身体内に吸収される保障はありません。

おそらく99%以上、吸収されないでしょう。

なぜなら、これらは巨大分子であり、消化酵素によっても分解できないからです。
そのほとんどは、肛門からそのまま体外へ排出されます。

これに対して、ユーグレナの吸収率は、なんと脅威の93.1%なのです。
これが、どれだけ素晴らしいことか!
ご理解いただければ幸いです。

栄養豊富な野菜・果物はたくさんありますが、実は「細胞壁」に邪魔されるので吸収率は高くありません。

ところが、ユーグレナには「細胞壁」がなく、吸収率がなんと93.1%なのです。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す