加齢黄斑変性症には失明のリスクがあります

Pocket

加齢黄斑変性症は、日本人にも増えている失明原因に繋がる眼病の一つです。

日本人では、糖尿病網膜症、黄班色素変性症に次ぐ頻度で発症しています。

 

%e3%81%8a%e3%81%86%e3%81%af%e3%82%93

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この病気の特徴は、黄班といわれる網膜の中で最も重要な組織が病変で盛り上がってしまうというものです。

 

直接的な原因は、黄斑の下にあり眼球内に血液を届ける働きのある層である脈絡膜という組織から、正常な時には存在しない新生血管が作り出されることです。

 

新生血管というのは、本来は存在する必要のない血管なのですが、網膜や黄斑が栄養不足に陥ったり、酸素が運ばれなくなったり、活性酸素が発生しやすくなると、その状態を改善しようとして栄養や酸素を届けるために作り出されます。

 

%e3%81%8a%e3%81%86%e3%81%af%e3%82%93%ef%bc%92

 

 

 

 

 

 

 

一見すると、体のために良い働きをしているようですが実際は違います。

新生血管は非常にもろい血管で作られては壊れることを繰り返し、その度に出血を伴います。

この出血が黄班の直下で起こることが多く、内出血を引き起こした黄班部分の脈絡膜が膨れ上がってしまうのです。

脈絡膜が腫れると、その上の黄斑は酸素や栄養を取り入れることができなくなり、最終的には視細胞が死滅してしまいます。

こうして、視野の一部を失います。

 

この黄班変性症が年齢の増加とともに発症しやすいことから、加齢黄斑変性症と呼ばれています。

 

年齢的には50歳以上になると発症率が高くなると言われていますので、該当する方は、日頃から目の健康について意識を高めておくことが大切です。

 

黄斑変性症の自覚症状としては、視界の真ん中が歪んで見えたり黒く何も映らない状態になることです。

このような状況で何も治療せずに放っておくと、更に症状は進行し失明に至るリスクが高まります。

 

加齢黄斑変性症は治療により改善することができますが、代表的な治療方法である光線力学的療法にしても、抗VEGF療法にしても完治には至らず、視界の一部を犠牲にしたり、再度の治療を繰り返さなければならないという面倒なものなので、一度発症してしまうとその後のケアに時間がかかってしまいます。

 

このような状況を避けるためにも、今日からできる予防方法としてルテインの摂取を心がけましょう。

 

ルテインサプリは、様々販売されておりますが、私は小林製薬の「ルテイン」をお勧めいたします。

 

小林製薬の機能性表示食品「ルテイン」は、ショボショボ・ぼんやりが気になる方、くっきり鮮やかな視界を求める方におすすめです!

加齢とともに目が“ショボショボ”“ぼんやり”するのは、目の黄斑部の色素「ルテイン」の減少が原因のひとつです。

ルテインが不足していると、紫外線などのダメージを受けやすくなり、そのままほおっておくと目を守る機能が弱まって、ますますダメージが大きくなってしまいます。

 

また、携帯・テレビ・パソコン。
私たちの目は紫外線以外にもたくさんの光にさらされダメージを受けています。

ルテインは強い抗酸化パワーで、それらの光から目を守ってくれるのです。

現代生活には欠かせないルテインは、注目のサプリメントです。

特に、小林製薬のルテインは、目の網膜(黄班部)の健康維持に役立つという研究結果が消費者庁に受理されました。

小林製薬は、大手製薬会社の中で一番先にサプリメント開発を始めた会社です。

小林製薬は、こんな会社です。

大手製薬会社の安心・安全の品質管理で、ルテインをお届けできます。



小林製薬のルテインは機能性表示食品!⇒

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す