目の健康に関わりある成分ールテイン

Pocket

視機能の保護や改善、眼病の予防に有効と言われる成分には、以下のようなものがあります。

  • ルテイン:紫外線などの外部からの刺激から網膜を保護する
  • アントシアニン:抗酸化作用に優れ視力回復、疲れ改善に有効
  • ビタミンA(βカロテン):網膜の機能維持に有効、夜盲症予防
  • ビタミンE:抗酸化作用に優れ、動脈硬化の防止にも有効
  • ビタミンC:汚染された空気の害を押さえる働きがあり白内障にも有効
  • DHA・EPA:血液をサラサラにする働き、視神経の機能改善に有効

ルテインやアントシアニンなどの色素成分の他に、ビタミン類も目の健康にとって欠かせないものが多いです。

また、DHAなどの不飽和脂肪酸も、神経や血流改善に有効です。

 

ですが、網膜を守る役割を第一に考えると…。

lutein02-1これらの成分の中で、紫外線や活性酸素から網膜を直接保護してくれるのはルテインだけです。

目の健康を守る成分としては、ルテインが最も重要と言えます。

ルテインは、加齢黄斑変性症の予防や改善に有効と言われていますが、
それだけではなく、白内障予防の効果もあります。

他にも、パソコンやタブレット端末の発するブルーライトによるダメージから
網膜を守る上でも欠かせないものです。

 

これらの作用から、目の健康を維持し改善するためにも、積極的に摂取していきたい成分です。

lutein04-1

ルテインの一日の目標摂取量は、10mgと言われております。

この目標摂取量を食べ物だけから摂取するのはなかなか困難ですから、ルテイン摂取の手段としてはサプリメントが主流になっています。

 

 

小林製薬のルテインは機能性表示食品!⇒

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す