小林製薬のルテインは機能性表示食品!

Pocket

小林製薬のルテインは、“初”の機能性表示食品です。

小林製薬のルテインが目の網膜(黄班部)の健康維持に役立つ
という研究結果が消費者庁に受理されました。

くっきり鮮やかな視界を求める方は、「小林製薬のルテイン」をぜひお試しください!

 

lutein02-1目の網膜(黄班部)の健康維持には、ルテインがとても大切です!

加齢とともに目が“ショボショボ”“ぼんやり”するのは、
目の黄斑部の色素「ルテイン」の減少が原因のひとつと言われています。

ルテインが不足していると、紫外線などのダメージを受けやすくなり、
そのまま放っておくと目を守る機能が弱まって、
ますますダメージが大きくなってしまいます。

そこで大切なのが、ルテインを不足させないようにしっかり補給すること。

lutein04-1

ルテインはほうれん草や卵黄に多く含まれる成分で、
摂取することにより網膜の黄斑色素密度が増え、
目の黄斑部の健康を維持することが確認されています。

食べ物から摂取するのも良いですが、
毎日一定量のルテインを補えるサプリメントの活用がおすすめです。

 

 

lutein10-1ルテインは、携帯やテレビなどのブルーライトと呼ばれる強い光からも目を守ります!

もはや生活の一部になっている携帯・テレビ・パソコン。

私たちの目は紫外線以外にもたくさんの光にさらされダメージを受けています。

ルテインには強い抗酸パワーがあります。

ルテインで内側からしっかりケアして、目を大切にしていきたいですね。

 

 

「見る」ために重要な働きを持つ「目の網膜の黄斑部」

その黄斑部に多く存在するのが「ルテイン」です。

黄斑部(おうはんぶ)の健康がとても大切です。

lutein07-1

 

 

「黄斑部」という名前を聞いたことがあるでしょうか?

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、網膜の中心部に存在し、見る上で極めて大切な器官です。

そして、その黄斑部に“ルテイン”が特に多く存在しています。

“ルテイン”は加齢によって徐々に減ると言われています。

lutein08-1

 

 

ルテインを摂ることで黄斑色素密度が増加することが確認されています。

欧米では目の健康維持のためにルテインが有用であるといわれており、近年日本でも注目されています。

ルテインは、もともと体の中に存在する成分ですが、体内で作り出すことはできません。

減少を防ぐためには、食事などから“ルテイン”を補給することが大切です。

 

lutein09-1

ルテインが減少する原因として、加齢やストレスなどがあげられます。

“ルテイン”は高い抗酸パワーを持つ成分で、目の健康を守る大切な働きを持っています。

ですが、食生活の乱れなどから摂取する量の不足や、現代人の多くが感じているストレスや喫煙などからルテインの減少を招いていると考えられています。

さらに、加齢も減少を招く原因であるとされています。

 

 

lutein10-1

近年、増加しているブルーライトや紫外線が目の負担になることも…。

テレビ、携帯電話などからブルーライトと呼ばれる、強い光が発せられています。

“ルテイン”には強い抗酸パワーがあるため、“天然のサングラス”とも呼ばれます。

しかし、近年増加するブルーライトの影響で今まで以上にルテインの減少を招いていると考えられます。

 

 

lutein11-1

黄斑部の健康のために、サプリメントを利用しましょう。

“ルテイン”は、ニンジンなどの緑黄色野菜に含まれています。

ですが、たくさんの野菜を続けて食べるのはなかなか大変ですよね。

黄斑部の健康維持のために毎日補給したい“ルテイン”は、
サプリメントで手軽に補給するのがおすすめです。

 

 

小林製薬の機能性表示食品「ルテイン」を、格安価格で購入する方法をご紹介いたします。

【小林製薬】機能性表示食品「ルテイン」を初回割引でお届けします

lutein12-1

 

 

ルテインの詳細は、下記記事でご確認ください。

  1. 目の健康に関わりある成分ールテイン
  2. ルテインはできれば一日10mg摂取したいものです
  3. 普通の食材のルテイン含有量
  4. 加齢黄斑変性症には失明のリスクがあります
  5. 黄斑とその色素量が目の健康のバロメーター
  6. ルテインは白内障治療後の網膜保護のためにも必要
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す