エクオールは成熟女性の輝きの鍵!

Pocket

女性の身体は40歳を過ぎたころから卵巣機能が徐々に衰え、
やがて閉経を迎えます。

この閉経をはさんだ前後約10年を「更年期」といいます。

この時期になると、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つであるエストロゲンが急激に減少し、 体の中のホルモンバランスが乱れます。

ホルモンバランスが乱れると自律神経の調節が乱れて、 ほてり・のぼせ・冷えなど、体にさまざまな不調が現れます。

その症状は実に様々で、100種類に及ぶともいわれており、 約9割の女性が何らかの不快症状を感じます。

%e5%88%86%e6%b3%8c%e9%87%8f

大事なのは、女性ホルモンと似た働きをする「エクオール」であることが判明いたしました。

つらい大人の女性のゆらぎをやわらげるのが大豆製品です。

近年の研究で、この作用(すなわち、ゆらぎの緩和作用)をもたらしているのは、 大豆イソフラボンを摂取した時に腸内で代謝される女性ホルモンと似た働きを持つ「エクオール」という物質であることが解明されました。

重要なのは、 大豆を食べたときに腸内で代謝される女性ホルモン様物質 「エクオール」だったのです。

ところが現実には、日本人女性の約50%がエクオールを作れない状況にあります。

市場には更年期障害を緩和するサプリメントとして、イソフラボンを主成分とするものが流通していますが、 実は日本人の2人に1人、欧米人では3人に2人が、イソフラボンから女性ホルモン様物質エクオールを産生するために必要な腸内細菌を持っていないのです。

このような方々は、大豆製品を食べても、イソフラボンのサプリメントを摂取しても、 エクオールが体内にほとんど提供されないため、 ゆらぎ対策になっていないのです。

しかも、近年日本人の豆類摂取量は減少しており、エクオールを産生できる方でも、十分な恩恵を受けられていない状況が懸念されています。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す