大豆のミラクル栄養素

Pocket

%e5%a4%a7%e8%b1%86%e8%8b%a5%e8%91%89

コレステロール値を下げるサボニン

大豆に含まれるサポニンは、抗酸化作用があり、コレステロール値を下げることが出来るそうです。

コレステロールをはじめとする脂質は、細胞を作るうえで重要な成分。

しかし、脂質は時間が経つと過酸化脂質へと変化し、 血液中で増加して決戦が造られやすくなり、 それによって動脈硬化などが引き起こされる原因となります。  

サボニンは脂質の酸化を防ぎ、代謝を促進させる働きがあります。

高脂血症や動脈硬化、高血圧症の患者に大豆サポニンを投与した結果、 総コレステロールは71%、そして中性脂肪は88%に改善されたという研究結果もあります。  

 

%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%83%b3

女性に嬉しいイソフラボン

大豆に含まれる代表的成分、イソフラボンは、 女性ホルモンの働きを促進し、 女性ホルモン定価に関わる症状の予防に役立ちます。

例えば、骨粗しょう症、乳がん、更年期障害、不眠、などです。

また、イソフラボンのおかげで男性ホルモンによる薄毛や体臭などを防ぐことも出来るのだとか!

女性なら毎日摂取していつまでも女性らしさをキープしたいですね。  

 

大豆レシチンがすごい

レシチンという成分も大豆に多く含まれて居ます。

このレシチンの働きによって、脳が活性化され、集中力を高めることが出来るのだそうです。

レシチンは脳内の神経伝達物質を合成するという素晴らしい成分であり、 レシチンの働きによって集中力が高まり、また老人性痴呆症の改善にも有効だといわれています。  

%e4%be%bf%e7%a7%98%e6%94%b9%e5%96%84

 

豊富な食物繊維で便秘も改善

大豆には、不溶性食物繊維が豊富に含まれて居ます。

これが腸内で拡張子、腸を刺激して排便を促してくれるというのです。

それだけでなく、腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖も含まれているので、 腸内環境を抑止、これによって便秘改善につながります。  

 

ダイエット中でも大豆は食べていいの?

意外とカロリーのある大豆。

いくら美容にいいと思っても、カロリーを摂取するのは躊躇しますね。

しかし、大豆からはデメリットよりも、 それから得られるすばらしいメリットがとても多いため、 ダイエット中でも食べたほうがいい食材なんですよ。

ダイエットをすると、必然的に食事内容が乏しく、質素になってしまいますね。

それによって起こりやすい便秘、 髪のツヤや肌の潤いの低下、 筋力低下とそれによって起こる基礎代謝の衰え、 などをすべて予防することができ、それだけでなく肌の血色が良くなります。

しかも、腹持ちもいいことから、ダイエットには最適の食材だといえるでしょう。

カロリーだけに惑わされて不規則な食事を取るよりも、 大事な栄養を毎日取り続けることは、 長期的に見ても痩せ体質に近づくことになります。

豊富なタンパク質、食物繊維をとり続けることも大事です。

しかも、ほかの豆類に比べてもGI値が低いので、 血糖値があがりにくく、太りにくい食材だといえます。

そもそも、ダイエットサプリの多くは、その主成分は大豆なのです。 大豆がダイエット食に適しているのは、当然なんです。  

[cta id=’1450′]
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。