免疫系がガンを撃退するしくみ

Pocket


健康食品・サプリメント ブログランキングへ
↑↑↑
クリック、よろしくお願いいたします。
こんにちは、サプリメントアドバイザー@hiroです。
 
今回の記事は、
「 免疫系がガンを撃退するしくみ」
です。
 

人体ではがん細胞が絶えず生まれています。

 

それでも、がん細胞がそれほど増殖しないのは、
免疫系がいつもがん細胞を発見し、破壊しているからです。

だから、もし免疫力が低くなると、
誕生したがん細胞をやっつけることができないので、
がん細胞は増殖を続けてしまいます。

 

こうしてできたがん細胞の固まりを、「がん」と呼んでいます。

 

免疫系は、体内で誕生したがん細胞を3つの方法で効率的に撃退しています。

 

1つめは、
ヘルパーT細胞によって特別に元気になったマクロファージが
がん細胞を攻撃することです。

 

ふつうのマクロファージにはがん細胞をやっつけることができませんが、
ヘルパーT細胞の放出したサイトカインを受け取ったマクロファージは
勇気百倍になってがん細胞を食べて分解することができます。

 

2つめは、
ナチュラルキラー(NK)細胞ががん細胞を攻撃することです。

 

まず、ヘルパーT細胞から放出されたγ-インターフェロンがNK細胞を活性化します。

 

次に、活性化したNK細胞ががん細胞を攻撃します。

 

3つめは、
ヘルパーT細胞が放出したインターロイキン2を受け取ったキラーT細胞が、
がん細胞を攻撃することです。

 

NK細胞ががん細胞を攻撃するしくみはまだよくわからないのですが、 
キラーT細胞ががん細胞やウイルスに感染した細胞を殺すしくみは明らかになっています。

 

インターロイキン2を受け取ったキラーT細胞が、
がん細胞(またはウイルスに感染した細胞)を発見すると、
すぐに近づき、密着します。

 

そして、がん細胞めがけてパーフォリンという破壊的なタンパク質を発射します。

 

パーフォリンはミサイルと考えればよいと思います。

 

この攻撃をくらったがん細胞の膜にポッカリ穴があきます。

 

この穴からがん細胞の生存に必須のイオンが外部に流出してしまうので、
がん細胞が細胞を維持できす、死んでしまいます。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。