年齢による腸内細菌バランスの変化

Pocket

ビフィズス菌は、
1899年にパスツール研究所のティシエ(Tissier)博士によって
母乳を飲んでいる赤ちゃんの糞便から発見されました。

一般に、出生直後の赤ちゃんには菌が全く生息していませんが、
1週間後には赤ちゃんの腸内のほとんどが
ビフィズス菌に占められていることが知られています。

しかしその後、離乳がはじまる時期から徐々に減りはじめ、
成年期には安定するものの、
老年期には加齢と共にさらに減少してしまいます。

善玉菌であるビフィズス菌が減少すると悪玉菌が増え、
アンモニアなどの腐敗産物が増えてしまいます。

腸内細菌2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腸内のビフィズス菌は、年を取ると減ってしまいます。
そして、ビフィズス菌が減少すると、
おなかの中で腐敗産物が増えてしまいます。

腸内細菌3

 

 

 

 

 

 

 

 

我々の体内には、30種類以上の善玉菌が棲息しております。
そして、それぞれの善玉菌にはオリゴ糖との相性があります。
したがって、体内に棲息するすべての善玉菌をサポートできるオリゴ糖を摂取すれば、
腸内環境を大幅に改善できるわけです。
加齢による腸内環境の悪化ですら、抑制できます。

すべての善玉菌をサポートできるオリゴ糖が、カイテキオリゴです↓↓↓
バナー

カイテキオリゴは、日本で一番売れているオリゴ糖です。
おかげさまで、売り上げ実績日本一になりました。
甘さは砂糖の4分の1程度で、ほんのり甘いくらいなので、
お好きな飲み物やヨーグルトにサット入れるだけ!!
お料理に入れてもほとんど味をかえません。
普段の食生活に、スプーン1杯取り入れるだけのカンタン習慣です。
バナー

オリゴ糖は善玉菌(ビフィズス菌)をバックアップして、
体内環境をサポートしますが、
体内で活動する30種類以上の善玉菌には
それぞれオリゴ糖との相性があります。
カイテキオリゴは、
30種類以上の善玉菌のほぼすべてを
まんべんなくサポートすることに成功した
オリゴ糖商品なのです。

プレバイオティクスとは?

プレバイオティクスはわが国で開発されたオリゴ糖にヒントを得てつくられた考え方で、
「腸内に住み着いている有用菌だけの増殖を促進し、
その活性を高めることによって宿主の健康に有利に働く難消化性の食品成分」
と定義されています。

つまりプレバイオティクスとは、
人間の消化酵素では分解できずに、
腸内(主に大腸)まで届き、
有用菌の代表であるビフィズス菌などの餌になる食品成分のことです。

プレバイオティクスを摂取すると、
大腸に棲みついているビフィズス菌の増殖が促進され、
あるいはウェルシュ菌など腸内有害菌の増殖が抑制されます。
その結果、腸内環境が改善されます。

プレバイオティクスの代表例はオリゴ糖や食物繊維ですが、
プロピオン酸による乳清発酵物なども含まれます。

 

プレバイオティクス一覧

1.腸内環境を良くするオリゴ糖
2.オリゴ糖を無理なく食事に取り入れましょう
3.腸内細菌と健康の関係
4.年齢による腸内細菌バランスの変化

 

自分磨きサークル
ブログを更新したらここで報告
ブログランキング応援サークル
アクセスアップのお手伝い!ブログサークルあんてな
【公式】健康・医療サークル
初心者アフィリエイター
アフィリエイト
2017年にブログ始めましたサークル
みんなで気軽にアクセスアップ
ブログランキング応援サークル

 
Pocket


起業家のためのオンラインスクール



起業家のためのオンラインスクール↑↑↑を紹介するだけで高額の紹介手数料が貰えるアフィリエイト案件があります↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。