【バイオジェニックス】光岡知足博士によるバイオジェニックス論

Pocket

バイオジェニックスとは何ものでしょう?

それは腸内細菌の健康への影響および効果研究の第一人者である、 東京大学名誉教授の光岡知足先生が近年提唱された言葉です。

乳酸菌生産物質の効果とは
正確に言えば、乳酸菌が人の腸内にて生産している物質、
すなわち腸の中でビフィズス菌などの善玉菌が作り出している、
人の健康を正常に維持させる効果的物質のことです。

光岡先生の文献による定義では、
直接、または腸内フローラを介して
「免疫賦活効果、抗アレルギー効果、コレステロール低下効果、血圧降下、下痢改善、便秘改善、ガン予防、糖尿病予防、高脂血症予防、老化制御などに効果的に働く成分」
と説明されています。

それを正常な腸内環境に近い条件の、
体の外の工場で効果的に作り出したのが乳酸菌生産物質です。

他にも効果のある機能成分、
例えばビタミン、生理活性ペプチド、ポリフェノール、DHAなどの食品成分もこの範疇に入りますが、
いずれも単一効果であって、
乳酸菌生産物質のように総合効果を持ち合わせておりません。

では、どうしてそんなに効果のある物が世の中に広く利用されていないのでしょう。

安全性としては、
100年前にノーベル賞を受賞したメチニコフが「乳酸菌による不老長寿説」を唱えてから、
食経験上誰もが安全であるということは知っていますので、
問題はありません。

実は、そこには他に高い障壁があったのです。

それは学術界において、
「生きた乳酸菌の効果」に特化した研究
が続けて来られたことにあります。

そして、「プロバイオティクス効果」として
多くの研究がなされてきました。

しかし、それは単独に乳酸菌の効果を追究したもので、
人の体の中での働きを明らかにしたものに過ぎず、
その研究成果から人の健康に効果的なものを作ることは不可能に近い
という現実があります。

現在では、「乳酸菌は生きていても死んでいてもその効果には変わりはない」
むしろ、「乳酸菌が発育する時に代謝物質として菌外へ放出する物質と、菌体成分に効果がある」
という学術論が主流になっています。

そして、これまで解明できなかった効果的成分が、
高度解析技術によって明らかにされました。

その技術を使って、
光英科学の乳酸菌生産物質から
34のペプチドを含む352種類の代謝物質を特定することができました。

その中には、近年その効果に注目が集まる「レスベラトロール・5αリラクターゼ・ビオカニンA」など、
培地として使用している豆乳由来には無い効果的物質が検出され、
「これは乳酸菌共棲培養の発酵過程にて産生されたものである」という結論が得られました。

まさにこの代謝物質の解析結果による物質の効果および機能性が、
「光岡先生のバイオジェニックス効果論」を裏付けることになりました。

近い将来、バイオジェニックスの代表格である「乳酸菌生産物質」は、
「人々の健康を守る効果のあるもの」として
無くてはならないものになるということが、

以上の説明からお解りいただけると思います。

(光英科学研究所ホームページより転載)

 

バイオジェニックスについて;

通説によれば、乳酸菌は生きて腸まで届き、お腹で増えて腸内環境を改善します。
また、その代謝物質が体内に吸収されます。

ところが、腸内細菌研究の第一人者である光岡氏らの研究によれば(学説)、
乳酸菌は胃酸などで死滅させられるため、ほとんど生きて腸まで到達いたしません。
また、生きて到達することができた菌も、定着することは許されません。
さらに腸内で増えることもできません。

ところで、バイオジェニックスとは、
「体全体に直接作用し、腸内の免疫機能(腸管免疫)を刺激したり、
コレステロール・血糖・血圧を安定させたりして生活習慣病や老化を防止する食品成分の総称」
です。

プロバイオティクスやプレバイオティクスが主に腸内フローラを改善して
さまざまな保険効果を示すのに対して、
バイオジェニックスは
「死菌を含めた乳酸菌の菌体成分が腸管免疫を刺激することで生体活性を促し、
腸内フローラにも好影響を与える」ことになり、
一度に高濃度の菌を摂取すると腸管免疫を直接刺激するので、
より大きな効果を期待できます。

生菌を多く取ろうとすると、ヨーグルトや乳酸菌飲料の大量摂取が必要ですが、
バイオジェニックスの発想により「死菌でも構わない」とすると、
長期間発酵させた乳酸菌生成物を加熱処理し、錠剤などにすることも可能です。
そうすれば兆を超える単位の菌が簡単に摂取できるようになります。
これが乳酸菌生産物質なのです。

サプリメントにすれば、体調が悪いときや病気の予後に使えるようになるでしょう。

プロバイオティクスから始まった日本の機能性食品の研究は、
バイオジェニックスへとたどり着いたことで、
新時代が到来したことは確かなようです。

ガン患者である私がお勧めするバイオジェニックス・サプリは天然美通であり、
これは眞に上記の乳酸菌生産物質なのです。

その製造方法をご覧いただけは、その素晴らしさをご理解いただけます。

天然美通の公式ページをご覧ください↓↓↓↓
天然美通

これまでの説明からご理解いただけるとおり、
天然美通はバイオジェニックス・サプリであり、
単に便秘を解消するためだけのサプリメントではありません。

 

バイオジェニックス一覧:

1.バイオジェニックスとは何でしょうか?
2.光岡知足博士によるバイオジェニックス論
3.乳酸菌生産物質とは?
4.腸内フローラと乳酸菌生産物質
5.乳酸菌共棲培養
6.乳酸菌と乳酸菌生産物質の違い
7.ヨーグルト・乳酸菌・乳酸菌生産物質の歴史
8.バイオジェニックスはプロバイオティクスとはどう違うのか?
9.乳酸菌生産物質とは
10.腸のお話

 

自分磨きサークル
ブログを更新したらここで報告
ブログランキング応援サークル
アクセスアップのお手伝い!ブログサークルあんてな
【公式】健康・医療サークル
初心者アフィリエイター
アフィリエイト
2017年にブログ始めましたサークル
みんなで気軽にアクセスアップ
ブログランキング応援サークル