【乳酸菌の科学】人類の乳酸菌との出会い

Pocket

光岡博士の乳酸菌のはなしシリーズ

人類の乳酸菌との出会い

発酵乳発祥の地方

発酵乳(酸乳、凝乳)の歴史は古く、
人類が有蹄草食動物を群れとして飼い馴らし、
その乳を食物として用い始めた時代にまで遡るとされている。

発酵乳が食物として利用されて広まった主な地域としては、
1)北欧 
2)コーカサスを含む東西ヨーロッパ 
3)旧ソ連邦の南部地域から中国西部、モンゴルにかけての地域 
4)インド・ネパールの地域
である。

これらの地域は乾燥地帯が多く、
水と草を求めて移動生活をする遊牧民が、
ウシ、ヒツジ、ヤギ、ラクダなどから得られる乳を主要な食料の一つとして生活していた地域であり、
また亜熱帯で高温な地域も多く含まれている。

このような地域においては、搾った乳は放置しておくだけで、
混入した微生物、主として乳酸菌の増殖によって酸乳となり凝固し、
酸乳となった乳は、むしろ他の微生物の増殖が抑えられて保存性を増し、
また独特な風味が加わって、飲んでみたら味がよく、
次第にこのような形態がそれぞれの地域で定着していったものと想像される。

 

乳酸菌の発見 

フランス・リールは、テンサイ糖を原料とするアルコール工業の中心地であったが、
テンサイ糖発酵はしばしば酸敗して大きな打撃をうけ、
1857年、醸造業者はパストゥールに援助を求めた。

パストゥールは、アルコール発酵槽の微生物を調べ、酸敗したときは、
糖が乳酸となるいわゆる乳酸発酵に変わっており、
微生物も、別の微生物(乳酸菌)に変わっていることを発見した。
これが最初の「乳酸菌の発見」である。

またこのとき、パストゥールは、酸敗した発酵槽に乳酸菌が酵母よりも熱に弱いことから、
低温滅菌法(パストゥーリゼーション)を考案した。

この頃、芽胞細菌を滅菌するための、
120℃滅菌(高圧滅菌)や100℃3回滅菌(間歇滅菌)などの滅菌法も開発された。

 

ビフィズス菌とアシドフィルス菌の発見

1899年、パストゥール研究所のティシエは、
「母乳栄養児の腸内には空気のあるところでは発育しない嫌気性乳酸菌が、最優勢である」
ことを見つけ、
この菌をビフィズス菌(Bacillus bifidus communis)と命名した。

それ以来今日まで、この菌は小児科領域で乳児栄養の鍵を握る腸内細菌として、
常に中心話題となって登場することになり、
「乳児の腸内にビフィズス菌を増やす研究」、
すなわち、「ビフィズス因子」の研究もはじまった。

その翌年、オーストリヤ、グラーツ大学の小児科医モローは、
人工栄養児および年長児の糞便から、もう1種類の乳酸菌を発見し、
アシドフィルス菌(Bacillus acidophilus:Lactobacillus acidophilus )と命名した。

メチニコフのヨーグルトによる不老長寿説

ロシア生まれの生物学者で後の半生をフランスで送ったメチニコフは、
「人間の老化や動脈硬化などは腸内腐敗が原因であると考え、
ブルガリア地方には長寿者が多く、ヨーグルトを多食しているところから、
ヨーグルトには腸内腐敗を抑える乳酸菌が生きており、この菌を摂れば長生きできる」という
『ヨーグルトの不老長寿効果』を発表し、
1907年、著書「The Prolongation of Life(寿命延長論)」で詳細に説明した。

著者:光岡 知足 氏
プロフィール
東京大学 名誉教授 東京大学農学部獣医学科卒業。
同大学院博士課程修了。
農学博士。
理化学研究所主任研究員、東京大学教授、日本獣医畜産大学教授、日本ビフィズス菌センター理事長を歴任

『大和薬品株式会社なるほど健康塾より転載』

 

乳酸菌の科学の経緯

1857年、パストゥールにより、最初の乳酸菌が発見されました。
このとき、パストゥールは低温滅菌法を考案しています。

そして1899年、パストゥール研究所のティシエが、
「母乳栄養児の腸内では嫌気性乳酸菌が最優勢である」ことを見つけ、
この菌をビフィズス菌と命名しました。

その翌年、グラーツ大学の小児科医モローが、
「人工栄養児および年長児の糞便から、もう1種類の乳酸菌を発見」し、
アシドフィルス菌と命名しました。

1907年、メチニコフは著書「The Prolongation of Life(寿命延長論)」において、
人間の老化や動脈硬化などは腸内腐敗が原因であると考え、
「ヨーグルトには腸内腐敗を抑える乳酸菌が生きており、この菌を摂れば長生きできる」という
『ヨーグルトの不老長寿効果』を発表しました。

バイオジェニックスは、腸内細菌研究の第一人者である光岡博士の提唱する言葉で、
直接、あるいは腸内フローラを介して
「免疫賦活、コレステロール低下作用、血圧降下作用、整腸作用、抗腫瘍効果、抗血栓、造血作用などの生体調節・生体防御・疾病予防・回復・老化制御などに働く食品成分」
と定義されています。

私のお勧めするバイオジェニックス・サプリは、天然美通です。

天然美通

これまでご説明させていただきましたとおり、
天然美通は単に便秘を解消するためだけのサプリメントではありません。

 

乳酸菌の科学一覧:

1.バイオジェニックスとはなんでしょうか?
2.人類の乳酸菌との出会い
3.乳児と大人の腸内細菌のちがい
4.食べた乳酸菌は定着しない
5.生菌でも死菌でも効果は変わらない
6.乳酸菌がつくる体によい成分ーバイオジェニックス
7.ケフィアに含まれるバイオジェニックスーケフィラン

 

ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?
ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!
ブロトピ:今日の健康・医療情報
 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。