【エクオール】大豆イソフラボン由来の成熟女性の味方

Pocket

牛乳は骨粗しょう症を発症させやすい 

今では大分有名な話ですが、意外なことに
牛乳は骨粗しょう症を発症させやすい
のです。

これは、牛乳のたんぱく質(カゼイン)が、
骨の中のカルシウムを奪ってしまうからです。

 

「骨粗しょう症の予防のために、牛乳でカルシウムを補給しましょう」
といいますが、
骨粗しょう症は骨からカルシウムが流れ出すことで起きるもので、
カルシウムの摂取量とは直接関係ありません。

 

カルシウムを摂れば骨が丈夫になると信じている人のために言えば、
天然の野菜に含まれているカルシウムのほうが、
ずっと健康的で吸収率がよく、含有量も多いのです。

 

たとえば、「大豆」などは、
カルシウムの供給源としても大変優れています。

0020
 

大豆はとても優秀な食品なのです

大豆は単位重量あたりで比較して、
牛肉、魚介類、鶏肉よりも多くのたんぱく質を含んでいます。

しかも、そのたんぱく質にはコレステロールはなく、
それでいて飽和脂肪酸をほとんど含んでいません。

しかも、動物性たんぱく質の摂取を控えたい人にとっては、
唯一の「完全な」植物性たんぱく質なのです。

 

人間の必須アミノ酸は9種類なのですが、
大豆は、これらのアミノ酸をすべて供給できます。

 

「エクオール」は大豆イソフラボン由来の成分

0021
 

さらに、「大豆」は女性の強い味方とも言われております。
これは、大豆には女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分が
含まれているからです。

 

従来、このエストロゲンに似た働きをしているのは
「大豆イソフラボン」だと言われてきましたが、
最近、そのパワーの源が
エクオール
という成分だということが分かってきました。

 

エクオールは、
大豆イソフラボンのひとつ、「ダイゼイン」という成分が
お腹のなかで腸内細菌と反応して産まれる成分で、
女性の健康に役立つ様々な働きをしていたのです。

 

特に、更年期世代の女性は、

ホルモンバランスの崩れにより様々な不調を感じます。
そんな女性たちにとってエクオールは、

まさに救世主と言えるかもしれません。

 

0002

エクオールは
体内で生成出来る人と出来ない人
がいる?

しかし、女性ホルモンに似た成分「エクオール」は、
全ての人が体内で生成できるわけではありません。

 

大豆イソフラボンからエクオールを生成するには、
特別な腸内細菌が必要で、

全ての人の腸内にあるわけではありません。

その割合は、

日本人では50%、

つまり2人に1人はエクオールを体内で生成できません。

 

更年期と女性ホルモン

更年期とは、

閉経の前後10年ほどの女性ホルモンのゆらぎが生じる期間を指します。

そして、更年期になると女性ホルモンが急激に減少します。

 

女性ホルモンには、
卵巣から分泌されるエストロゲンと
プロゲステロンの2種類があります。

 

そのうち、エストロゲンが女性らしさをつくるホルモンであり、
成長とともに増え、

卵巣や子宮などの生殖器の発育を促進させ、
女性らしい丸みのある体型をつくったり、

肌を美しく保つ作用があります。

 

20代でピークを迎え、

その後減少していき、
30代頃から妊娠力が低下しはじめ、
45歳頃から月経が乱れ始めます。

そして、更年期を迎えると急激に女性ホルモンが減少します。

女性ホルモンは、

妊娠や出産だけでなく、
自律神経や免疫機能、

脳や細胞の働きとも関係が深いホルモンです。

 

このため、女性ホルモンのゆらぎとともに、
体のいたるところに変調を感じるようになります。

 

ホルモン量の変化

 

更年期に見られる症状

更年期の急激な女性ホルモンの減少に、

体がついていくことができなくなると、
様々な症状があらわれます。

 

代表的なのが、「ホットフラッシュ」と呼ばれるのぼせや発汗などの症状です。

それ以外にも不快感やイライラ、抑うつ感などの精神症状、

首や肩のこり、腰痛や関節痛を感じる人もいます。

 

症状のあらわれかたには個人差があり、
寝込むほどひどい症状の人もいれば、
体の不調をほとんど感じない人もいます。

 

また、更年期は、

乳がんや子宮体がんなどを発症しやすい時期でもあるので、
気になることがあったら婦人科で調べてもらう事をお勧めします。

 

更年期にあらわれやすい主な症状

のぼせ、ほてり、発汗、口の乾き、喉のつかえ、肩こり

頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、息切れ

膣炎、性交痛、頻尿

食欲不振、吐き気、便秘、下痢

気分の落ち込み、不眠、イライラ感、疲労感、物忘れ、集中力の低下

皮膚や粘膜の乾燥、かゆみ

むくみ、しびれ、手足の痛み、関節痛、筋肉痛

 

更年期にあらわれる症状に対するエクオールの効果

エクオールは女性ホルモンに似た働きをすることから、
更年期にあらわれる症状だけでなく、
閉経後にあらわれる骨粗しょう症や、生活習慣病に有効であるといわれています。

 

実際これまでの研究から、
エクオールを摂取し続けた人とそうでない人を比べると、
更年期時にあらわれる様々な症状が軽減される、
という結果が出ています。

 

また、閉経後に現れる症状に対しても同様に、
エクオールを摂取し続けた方が、

症状が改善される結果が報告されています。

 

エクオールの摂取方法

更年期の症状に効果的なエクオールですが、

摂取方法が大きく2つあります。

 

1つ目は、食事から大豆を摂取する方法です。
この方法は、納豆、味噌、おから、豆腐など、
大豆由来の食品を口にすることで無理なくエクオールを摂取できます。

ただし、この方法は、

エクオールを体内でつくれる人にしか有効ではありません。

 

そこで、エクオールを体内でつくれない人でも

摂取可能な方法が2つ目の方法で、
それはサプリメントから摂取する方法です。

 

これまでは、

大豆イソフラボンを含有したサプリメントしかなかったのですが、
近年エクオール含有サプリメントも登場しています。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す