【花粉症対策】「じゃばら」と「EC-12」を多量に配合!

Pocket

【くしゃみとおじゃらば】には、
花粉の症状を抑える「じゃばら」をたっぷりと配合するとともに、
免疫力を高め体内バランスを整える「乳酸菌素材(EC-12)」を
3兆個も配合しております。

季節特有の「カラダの反応」は、
体内にアレルギー源(アレルゲン)が入ってきた時にそれを排除しようとすることで起こります。

このとき、崩れてしまった体内のバランスを整えるために役立つのが乳酸菌です。
しかし乳酸菌の生菌は、そのほとんどが胃酸などで殺菌されてしまい、腸に届くまでに死滅してしまいます。



ところが、【くしゃみとおじゃらば】に配合されている乳酸菌素材「EC-12」は、
高度な加熱処理を行った死菌なので、
そのほとんどは消化も分解もされることなく腸まで届き、
善玉菌の増加をしっかりサポートしてくれます。



(コンビ株式会社のサイトから転載)



「EC-12」はヒト腸管より分離したエンテロコッカス・フェカリス(乳酸菌)を
独自の培養・処理技術により加熱殺菌処理→高密度濃縮した乳酸菌素材です。
高い機能性とフレキシブルな実用性、高付加価値性を併せ持つ機能性食品原料です。

ひとくちに乳酸菌といっても、その性質や形状で分類され、多くの種類があります。
そして、菌種・菌株によって、生理活性が異なることが、数多くの研究により明らかになっています。

さらに、乳酸菌は「生菌」「殺菌菌体」「乳酸菌生産物質」など、
様々な形状で利用される優秀な機能性食品素材なのです。
「殺菌乳酸菌体」は、「生菌」や「乳酸菌生産物質」とは体内での作用メカニズムが異なり、
腸管にあるパイエル板に取り込まれることで免疫活性を誘導します。

「EC-12」は「殺菌乳酸菌体」の一種であり、
乳酸菌Entercoccus faecalisの菌体で、
その微小な菌体サイズが作用メカニズムに適しているだけでなく、
適切な殺菌でその性能を高めることにより、機能性の最大化が図られています。

「EC-12」の特徴
① 少量で多くの菌数を摂取できます(グラムあたり5兆個)
② 高いサイトカイン誘導能を持っています
③ 生菌ではないため、耐熱性に優れ、品質が安定しています
④ 生産ラインを汚染しないため衛生的です
⑤ 最終製品中の配合菌数測定が可能です

 

【くしゃみとおじゃらば】によれば、
花粉の症状を抑えるたっぷりの「じゃばら」とともに、
体内に侵入してきた細菌やウイルス、花粉、埃などの異物を排除し身体を守る
乳酸菌素材(EC-12)を、1日1000億個摂取できます。

 

くしゃみとおじゃらば

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す