【安保徹】白血球の自律神経支配の法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「自律神経が白血球を調節する」
これは、安保徹先生が世界で初めて発表した理論です。



白血球が自律神経を支配するパターンは、2通り(AとB)に分けることができます。

Aパターン(交感神経系)

交感神経が優位になると、アドレナリンの分泌量が増加します。
アドレナリンの量が増えると、顆粒球が活性化します。

交感神経
交感神経は、活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時などに働きます。
したがって、おもに昼間の活動中は交感神経がはたらいています。

アドレナリン
アドレナリンは、副腎髄質より分泌されるホルモンで、神経節や脳神経系における神経伝達物質です。
ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用があります。

顆粒球
白血球は顆粒球とリンパ球,単球に大別されます。
さらに、顆粒球は好中球,好酸球,好塩基球の3種類に分類されます。
顆粒球は細菌やウィルスに対して直接攻撃を仕掛けます。
顆粒球は、細胞内に細菌などを取り込み、その蛋白質を破壊します。
これにより、細菌などを破壊し消化してしまいます。
この働きから、顆粒球は貪食細胞と呼ばれています。

 

Bパターン(副交感神経系)

副交感神経が優位になると、アセチルコリンの分泌量が増加します。
アセチルコリンが増えると、リンパ球が活性化します。

副交換神経
副交感神経は、リラックスしている時、ねむっている時、体を回復している時などに働きます。
したがって、おもに夜の睡眠中、お風呂に入っている時、食事をしている時などに働いています。

アセチルコリン
アセチルコリンは、副交感神経や運動神経の末端から放出される、
神経刺激を伝える神経伝達物質です。

リンパ球
リンパ球は、脊椎動物の免疫系における白血球の一つです。
リンパ球には、ナチュラルキラー細胞、T細胞、B細胞があります。
これらはリンパ中で見られる主要な細胞種であるため、リンパ球と呼ばれています。

 

交感神経と副交感神経の働き

白血球の二大勢力

白血球は、「顆粒球」と「リンパ球」の二大グループから 構成されています。

両者を合わせると、白血球の95%を占めます。
残りの5%がマクロファージという 名の「貪食細胞」です。

 

顆粒球は、多数の黒味を帯びた顆粒を含んでいる貪食細胞です。

この細胞は活性酸素を多量に含む爆薬のようなもので、
アメーバのように動きまわって、
異物を腹いっぱいに食べたのちに自爆します。
自爆により、大量の活性酸素をまき散らすことになります。

体内の活性酸素の70~80%がこれによって発生するといわれています。
この活性酸素は 体を守る働きもしますが、
同時に、組織破壊や発がんという厄介な作用をもっています。

 

リンパ球は、捕食作用は苦手ですが、
異物を分子レベルで抗原と認識し、
抗体をつくる能力を持っています。

リンパ球にはいろいろな種類があって、
がんを攻撃する性能をもつのが、NK細胞 (ナチュラル・キラー細胞)です。
このほか、キラーT細胞、胸腺外分化T細胞もその役目を果たします。

白血球の残り5パーセントがマクロファージで、
異物を食べて排除する掃除係であると 同時に、
リンパ球が行う抗原抗体反応を手助けします。

すなわち、マクロファージは食べた異物を分解し、
それが体にとってどのような性質の抗原であるかを調べます。
そして、マクロファージ自身の表面の突起を通して、
リンパ球に対してその抗原の特徴を 伝達します(抗原提示)。

 

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す