【ドクター.セノビル】アルギニンは 子供の身長を伸ばす!

Pocket

『アルギニン』は成長ホルモンの分泌を促進することで
子供の成長を促進し身長を伸ばす天然の成長促進物質です!

また、『アルギニン』には老化の予防・改善、若返り効果があり、
老化病や生活習慣病などに対しても強力な予防・改善効果を示します!



1.アルギニンとは何?

アルギニンはアミノ酸です。

アルギニンは、体内で作ることができるので、「非必須アミノ酸」に分類されます。
しかし、健康で活動的な体を維持するためには、
アルギニン自体を食物などから充分に摂取することが必要です。

とくに、乳幼児や発育期にある子供では、
体内での生成量が少ないことがあり、
また、体での必要量が多いため、
積極的に補充しないと成長や発達が遅れる可能性があります。

また、加齢や生活習慣の乱れによって、
あるいは老化病や生活習慣病によって、
体内でのアルギニンの生産量が減少することがあります。

 

アルギニンは、
健康を維持し、
老化を防ぎ、
老化病や生活習慣病などの病気を防ぎ、
病原菌などの外敵や「がん」から体を守ります。

したがって、アルギニンは「準必須アミノ酸」と呼ばれています。

いま、『アルギニン』は、
「若返りのアミノ酸」として世界的に注目されています。



2.アルギニンの働き

「アルギニンは子供の身長を伸ばすのに非常に重要な成分である」
ことが明らかにされております。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進します。

成長ホルモンの分泌量が増えれば、
成長板(長骨の先端部分にあって骨が成長している部分)や
骨芽細胞(新しい骨を形成)に働き、
長骨(大腿骨、脛骨、上腕骨などの手足を構成する長い形状の骨)を伸ばすことにより、
身長を伸ばします。



3.アルギニンの成長ホルモン分泌促進効果

アルギニンは成長ホルモンを最も確実にそして強力に分泌させます。

成長ホルモンは、脳にある下垂体というところで産生される、成長を促進したり、
若さを保つために働くホルモンです。

通常、成長期には成長ホルモンが盛んに分泌され身長はどんどん伸びますが、
成長ホルモンが足りないと成長が阻害され低身長になります。

一方、成長期を過ぎると、成長ホルモンの分泌量はどんどん少なくなります。

この成長ホルモンの減少が老化の大きな原因の一つと考えられています。

したがって、成長ホルモンはアンチエイジング効果が期待できるホルモンなのです。

アメリカでの臨床試験で、6ヶ月の成長ホルモン治療によって10~20歳の若返り効果が証明されています。
また、動物実験では、成長ホルモンの注射によって平均寿命が延びることも示されています。
このように成長ホルモンは、
若返り、美肌、老化防止、肥満改善、長寿効果が期待できる夢のホルモンといえます。

 

成長ホルモンを増やす方法として、
成長ホルモンを直接注射する方法と、
成長ホルモンの分泌を促進する成分を摂取する方法
があります。

現在、アルギニンの摂取は、
「成長ホルモンを最も確実に増やす方法」と考えられています。

アルギニンによれば、
子供(6歳以上)や高齢者においても
1日4~8グラム摂取することで
成長ホルモンを2~3倍以上に増やすことができます。

アルギニンの摂取によって、
若返り、美肌、育毛、肥満防止(体脂肪減少)、老化防止、長寿などの
アンチエイジング効果も期待できるわけです。

『アルギニン』は最強の天然アンチエイジング成分の一つと言えます。

 

現在最も強力なアンチエイジング療法(若返り療法)と言われているのは、
「成長ホルモン療法」ですが、
アルギニンの摂取は、この療法に匹敵するものであるかもしれません。



4.アルギニンは老化や老化病・生活習慣病を強力に予防・改善します!

アルギニンは生体成分(体に必要なアミノ酸)であり、
副作用はありません。

多くの老化病や生活習慣病において、
体内のアルギニン量が減少していることが指摘されています。

そして、アルギニンを補充すれば、
老化病や生活習慣病が改善することも報告されております。

つまり、老化病や生活習慣病の多くが
アルギニンの不足によって起こっているということです。

このように、アルギニンは体にとって不可欠の健康成分なのです。

以上述べたように、アルギニンは子供の成長に欠かすことができない成分です。

しかしながら、「アルギニンさえ摂取すれば、背が伸びる」というわけではありません。

たとえば、アルギニンと一緒にビタミンCなどの抗酸化剤を摂取することで、
アルギニンの働きは2倍程度に強くなることも明らかにされています。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す