【プレミアムスリムビオ】日和見菌の働きは腸内環境で変わる

Pocket

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)の3種類があります。
それぞれ、作用や体に与える影響が異なります。
これら腸内細菌のバランスは、栄養や体調によって、さらに年齢によっても変化します。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌(ひよりみきん)

代表的な腸内細菌は作用によって3種類に分類されます。


善玉菌は消化吸収の補助や免疫刺激など、
健康維持や老化防止などへ影響がある菌で、
代表的なものにビフィズス菌や乳酸菌があり、
健康維持や老化防止にいいといわれています。

反対に悪玉菌はからだに悪い影響を及ぼすとされ、
代表的なものにウェルシュ菌・ブドウ球菌・大腸菌(有毒株)があり、
病気の引き金となったり老化を促進するなど健康を阻害します。

また、日和見菌は、健康なときはおとなしくしているのですが
体が弱ったりなどすると、腸内で悪い働きをする菌で、
代表的なものにバクテロイデス・大腸菌(無毒株)・連鎖球菌があります。

 

腸内細菌のバランスは、栄養や体調によって、あるいは年齢によっても変化します。

ここでは、腸内細菌のバランスの年齢による変化を見ておきましょう。


それぞれの年代の菌数の割合は違いますが、年をとると悪玉菌(有害菌)の割合が増えてきます。

母体内では、胎児は無菌に保たれています。
生まれ落ち母乳を飲んでいるときは、
母乳中の乳糖、ガラクトオリゴ糖を栄養源として、
ビフィズス菌が増殖し始めます。
赤ちゃんの便が黄色っぽく臭くないのは、
ビフィズス菌優位の腸内環境になっているからです。

離乳期以降、離乳食を食べ始めると、
大人の菌叢(きんそう※1)へと変化していきます。
成人では、10~20%台の占有率でビフィズス菌が腸内に存在しています。

高齢になると、ほとんどの場合ビフィズス菌は減少し、
若年ではまず検出されなかったウエルシュ菌などの悪玉菌が、
高確率で検出されるようになります。

※1 善玉菌、悪玉菌、日和見菌の集合体

善玉菌・悪玉菌・日和見菌は、栄養や体調によって、あるいは年齢により、
そのバランスが変わります。
腸内環境をよくするためには、善玉菌が優位の腸をつくる必要があります。

 

ところで、【プレミアムスリムビオ】は、「痩せ菌」で体質を改善するダイエットサポート・サプリです。

 

 

 



腸内の細菌のほとんどは、
「痩せ菌(バクテロイデーテス菌)」と「デブ菌(ファーミキューテス菌)」の2種類に分けられます。
通常の状態であれば、デブ菌4に対して痩せ菌が6のバランスですが、
肥満の人ほど「痩せ菌」が少なく「デブ菌」が多いのです。

理想的なボディへの近道は、「痩せ菌」を増やすことだったのです!

 


ところが、「痩せ菌」も「デブ菌」も、そのほとんどは腸内で最も多い「日和見菌」なのです。

上述のとおり、日和見菌は健康なときはおとなしくしていますが、
からだが弱ったり、悪玉菌が優位になったりすると、
腸内で悪い働きをするのです。

したがって、【プレミアムスリムビオ】による「痩せ菌ダイエット」においては、
善玉菌を優位にすることにより、腸内環境を整えることがとても大切なのです。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す