【天然美通】バイオジェニックスは疾病に直接作用する!

Pocket

わたしたちが今まで乳酸菌の作用として認識してきた整腸作用をはじめとする保健効果の多くは、乳酸菌が生成・放出した乳酸菌生産物質によるものだったのです。

現在、腸内環境を改善させる機能性食品は、プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックスの3種類に分類されています。

プロバイオティクスに期待する保健作用は、乳酸菌の生菌や生菌製剤を摂取することで、腸内環境を改善することです。

また、プレバイオティクスに期待する保健作用は、オリゴ糖などのように腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなるような物質を摂取することで、腸内環境を改善することです。

しかし、腸内フローラの機能性は加齢とともに次第に低下いたします。
すなわち、善玉菌のビフィズス菌自体が減ってくるのです。
これでは、プロバイオティクスやプレバイオティクスによる保健作用は、充分に発揮されない虞があります。

つまり、腸自体が老化している状態に善玉菌や善玉菌のエサとなるようなものを外からいくら摂取させたところで、その多くは通過菌として体外に排出されてしまいます。
それこそ、1 ~2リットルのヨーグルトを毎日摂取しないと、腸内環墳を改善させることはできないことになります。

そこで、腸自体のコンディションに関係なく、腸内環境を確実に改善させる方法として医療関係者が注目しているのが「バイオジェニックス」なのです。

例えば、乳酸菌などによって生成された生理活性物質を機能性食品の形で摂り入ることで、腸管免疫を活性化させると同時に、腸内フローラを改善することができます。

バイオジェニックスとしては、各種の免疫賦活物質やビタミン類、植物フラボノイドなどがその代表的な素材として挙げられ、「乳酸菌生産物質」も含まれます。

「バイオジェニックス」が、プロバイオティクスやプレバイオティクスの働きと大きく異なる点は、後者が腸内フローラを改善することで疾病に間接的に働きかけるのに対して、前者は腸内フローラを改善するだけでなく、腸管免疫や生理活性作用を介して疾病に直接働きかけることにあります。

つまり、疾病に対して直接的・間接的の両面から効果を発揮するのが「バイオジェニックス」の特徴です。

そのため、バイオジェニックスには抗ストレスをはじめとする生体調節機能や、免接賦活・抗アレルギーといった生体防御機能、抗腫瘍効果、血圧降下や血糖低下作用、コレステロール低下作用に代表される疾病予防や疾病回復作用など、幅広い機能性が期待できるわけです(下図参照) 。



『乳酸菌の機能性は生菌自体にあるのではなく、その生成物質にあると考えられます』
この独創的な考えによって生み出されたバイオジェニックス理論は、光岡博士によって提唱されました。

光岡博士は、乳児の腸内にしか存在しないといわれていたビフィズス菌が成人の腸内にも存在することを発見し、両者の性格がまったく異なることを突き止めました。
光岡博士は、日本における腸内細菌研究の第一人者なのです。

光岡博士は、腸内細菌叢の研究を続けていくうちに、プロバイオティクスやプレバイオティクスの範疇に入らない機能性食品であっても、腸内環境を改善する機能があるのではないかと考えるようになり、これらをまとめて「バイオジェニックス」と命名したのです。

バイオジェニックスの中でも、その代表ともいえる乳酸菌生産物質の利用が適しているのは、どのようなケースなのでしょうか?

ご高齢の方や入院患者には乳酸菌生産物質を
「高齢者の方の健康維持や、免疫力が低下している入院患者さんに対しては、乳酸菌生産物質のようなものを日常的に摂取することは理にかなっていると思います。
特に入院患者さんの場合、院内感染や日和見感染の危険性も考えられますから、予め免疫力を高めておくことは大切でしょう」

光岡博士は、「高齢化社会が進む現在、バイオジェニックスの活躍の場はますます広がっていくでしょう」とおっしゃっています。

「乳酸菌生産物質よれば、腸内にある善玉菌を安定させることにより腸内フローラを安定化させ、生体ホメオスタシスを維持できる」とも語っています。

「プロパイオティクスとプレバイオティクスでしか腸内環境を改善できない」という誤った固定観念を捨てきれない方がたくさんいます。

しかしながら、乳酸菌の生菌は、いくら投与したからといっても腸内になかなか定着できないことも判っておりますので、「バイオジェニックスの可能性」についても調査・研究されることをお勧めしております。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す