【天然美通】乳酸菌生産物質はバイオジェニックスの代表格!

Pocket

乳酸菌生産物質とは、人が健康に生活していくのに必要不可欠な物質であり、腸内フローラ中の善玉菌が、毎日作り出している大切な物質のことです。

これは、主にビフィズス菌や乳酸菌等によって作られています。
乳酸菌生産物質は「乳酸菌代謝産物」とも言われ、
腸内細菌のバランスを正常に保持し免疫等に関与して、
人の健康を維持しています。

一般的に細菌は、生まれてから死滅するまでの間に、
いろいろな物質を体外に放出します。
このような物質を「代謝産物」「分泌物」と呼びます。
つまり、細菌は食べた物を「まったく別な物質」として放出します。

例えば、蚕は桑の葉を食べて「絹」を作りますが、
もともと「絹」は、蚕にも桑の葉にも存在しておらず、
蚕が桑の葉を食べたときにだけ放出される物質です。

これと同じように、乳酸菌生産物質も、乳酸菌が作り出す「代謝産物」なのです。

腸内フローラと乳酸菌生産物質

乳酸菌生産物質は本来、下の図にあるように体内で作り出されています。
これは、まさに体内工場ともいうべき優れた営みです。
したがって、体内工場を模した生産現場を設けることができれば、
乳酸菌生産物質を製造できるわけです。

その仕組みについては、この図をご覧ください。



乳酸菌生産物質を、なぜ敢えて体外で作るのでしょうか?

人の健康に不可欠である、乳酸菌生産物質を作るのは腸内細菌です。
人の腸内には100種類以上100兆個の腸内細菌がいて、バランスを保っています。
人間の細胞が60兆個ですから、人を構成している細胞よりも多く、重量としても1kg以上もあります。

これら腸内細菌のうち、善玉菌といわれるビフィズス菌などの細菌が作る代謝産物が
「乳酸菌生産物質」であり、人の健康に必要不可欠な物質です。

しかし、食生活の変化や加齢により、私たちの腸内の善玉菌数少なくなる傾向にあります。
そこでヨーグルトなどの「乳酸菌」を食べれば良いというような話になるのが一般的です。
しかし、仮にヨーグルトを100g(菌数にして100億個位)毎日食べてみても、
腸内細菌の数の10万分の1程度です。

また、外から取り入れた菌は腸内でなかなか増殖させてもらえず、
単に通過するだけとなってしまいます。
つまり、体内に定着することができません。

そこで、体内ではなく、体外に人の腸内環境を再現しようとの試みが行われてきたわけです。

我々は、乳酸菌生産物質を作ってくれる善玉菌を常に補い続けることは容易ではありません。
したがって、人の腸内である体内工場において、
乳酸菌生産物質を常に効率よく作るのは難しいと言わざるを得ません。

このため、乳酸菌生産物質を体外で作り、体内に取り入れるという着想が産まれたわけです。

体外において、栄養素、温度など腸内と同一環境を作り出し、そこで、
人の腸内常在菌の中から選び抜いた善玉菌を用いて、
培養(これを共棲培養といいます)することにより、
人の腸内細菌が生み出すものに限りなく近い代謝産物(=乳酸菌生産物質)を作ります。

得られた乳酸菌生産物質は、必ず、人の健康に役立つものとなります。

乳酸菌共棲培養とは?

上記体外培養に用いる善玉菌としては、研究により、選りすぐりの「エリート菌」を見つける必要があります。
また、「エリート菌」同士であっても、相性の問題があるので、その組み合わせの研究も大変重要です。

研究の成果次第では、体内代謝物よりも優れた乳酸菌生産物質を製造できるわけです。

バイオジェニックスと乳酸菌生産物質

「バイオジェニックス」という言葉は、
腸内細菌研究の第一人者である光岡知足博士(世界的に著名な東京大学名誉教授)が提唱する、
健康に関する概念の一つです。

乳酸菌生産物質は、バイオジェニックスの代表格であり、
光岡博士によって、乳酸菌生産物質のさまざまな効果・効能が表明されています。

光岡博士によれば、乳酸菌生産物質は人の健康に欠かせないものです。

腸内細菌のバランスは、ストレス、生活習慣病、加齢によって崩れ、
健康に大きく影響が出ることがあります。

そんなときに乳酸菌生産物質は、腸内細菌のバランスを整え、
免疫作用に直接働きかけて総合的に健康をサポートします。

さらに、乳酸菌生産物質は腸内フローラを介することなく、
直接身体に働きかけ免疫力の向上などの効果を発揮します。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す