【天然美通】プロバイオティクスとバイオジェニックス

Pocket

バイオジェニックスって何?乳酸菌と何が違う?

乳酸菌サプリや乳酸菌飲料、ヨーグルトなどの商品説明に「生きて腸まで届く」と表現された乳酸菌商品を目にすることが多くなってきました。

「生きて腸まで届く」ことの意味することあるいは期待する効果は、乳酸菌が生きたまま腸まで届いて定着することで「腸内の善玉菌と悪玉菌のバランス(腸内フローラ)を改善する」という点にあると考えられます。

このように腸内フローラを善玉菌が優位な状態に改善する微生物を含んだ食品をプロバイオティクスと言います。

ところが近年の研究で、乳酸菌は生きて腸まで届くことはほとんどないことが判っております。
また、摂取した乳酸菌が腸内に定着することはほとんどないことも判っております。

では、プロバイオティクスを摂取することに、どういうメリットがあるのでしょうか?

上述のとおり、乳酸菌を摂取しても直接「善玉菌が優位な腸内環境になる」わけではありません。
しかしながら、乳酸菌は後述のプレバイオティクスと同様に、腸内細菌(善玉菌)の養分となり、腸内の善玉菌を優位にしてくれます。

ビフィズス菌を初めとする善玉菌は、腸内で発酵・増殖などの活動をする際に色々な物質を生産します。
この乳酸菌生産物質はさらに善玉菌のえさとなり増殖を促すわけですが、最近の研究でこの乳酸菌生産物質が免疫力の活性化、血糖値の安定、コレステロールの低減などに直接作用していると指摘されています。

バイオジェニックスとは?

善玉菌が作り出す乳酸菌生産物質や死滅した善玉菌などを含む成分を、「バイオジェニックス」といいます。
(バイオジェニックスは光岡東京大学名誉教授によって提唱された名称です)

上述のとおり、バイオジェニックスは、腸内で善玉菌が発酵・増殖することにより作り出されています。
腸内で作り出されているバイオジェニックスを、体外(たとえば研究室や工場)で製造すれば、バイオジェニックス・サプリメントが製造できるわけです。
理屈は単純・明快ですが、その製造がかなり困難であることはご推察いただけると思います。

 

ここでプロバイオティクスとプレバイオティクス、バイオジェニックスの概要と違いを整理しておきます。

種類 概要 食品などの例
プロバイオティクス 善玉菌、悪玉菌、日和見菌の腸内細菌バランス(腸内フローラ)改善に役立つ微生物又はそれらを含む食品 ビフィズス菌やフェカリス菌、ラブレ菌などを含むサプリやヨーグルト
プレバイオティクス 善玉菌やプロバイオティクスが活動する際の養分になり善玉菌の増殖をサポートし、人の健康維持役立つ食品 オリゴ糖、食物繊維など
バイオジェニックス 善玉菌の発酵・増殖の過程で作られる生産物質。免疫活性、便通改善、抗酸化など様々な健康効果を発揮する。 乳酸菌生産物質、乳酸菌の死骸、ポリフェノールなど

 

バイオジェニックス・サプリ

上述のとおり、バイオジェニックスとは「善玉菌が作り出す乳酸菌生産物質および死滅した善玉菌」のことです。

最近、このバイオジェニックスをサプリメント化することが試みられております。
そして、バイオジェニックス・サプリと称する製品が数多く市販されておりますが、それらの製品の性能に大きなバラツキがあるのは、上述の説明だけでもご理解いただけると思います。
バイオジェニックス・サプリの選択の際には、慎重な検討が必要なようです。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す