【天然美通】バイオジェニックスと腸内細菌の関係

Pocket

 

サプリメントで体質を改善できます!

「私が風邪をひきやすいのは体質だ」「私の便秘症は体質だ」「私の花粉症はかかりやすい体質だからしょうがない」などと、思って、あきらめている方はいらっしゃらないでしょうか?

近年の研究で、このような体質をサプリメントで改善できることがわかりましたので、ご報告いたします。

近年、腸内フローラ(腸内細菌叢)の研究が凄まじい勢いで進展しております。
研究の過程で、腸内フローラには個体差があることがわかりました。

つまり、あなたの腸内フローラにおいて、善玉菌と悪玉菌の勢力図は刻々変化しておりますが、その細菌の種類自体は一生涯ほとんど変わらないのです。

例えば、あなたが花粉症で悩んでいるといたします。
巷で言われているとおり、ヨーグルトには花粉症の改善効果があります。
これは、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、あなたの腸内で善玉菌の餌となり善玉菌を増加させ免疫力を高めてくれるからです。

あなたは、ヨーグルトの摂取により花粉症が改善されるはずです。

ところが、ヨーグルトの摂取により花粉症が劇的に改善された方がいる反面、驚くほどの効果を得られない方もいます。
これは、なぜでしょうか?

ここで考えていただきたいののですが、そもそも、あなたは「なぜ?」花粉症になったのでしょうか?
一般的な言い方をすれば、その原因は免疫力の低下です。
だから、ヨーグルトを摂取することにより免疫力を高めるだけで、花粉症が劇的に回復する方もいます。
でも、あなたの場合は花粉症の症状がでただけで、他のトラブルはありません。
花粉症に対する免疫力だけが低下しているように思えないでしょうか?
「私は免疫力が低下していたから、花粉症になった」と納得されますか?

勿論、花粉症を訴える方は多数いますが、日本人のすべてが花粉症ではありません。
原則的には、免疫力の低下で花粉症が発症したと考えるべきかもしれません。
それでも、免疫力が低下した者が、すべて花粉症になるわけではありません。
気をつけなくても、努力をしなくても花粉症にならない者が多数いるのです。
免疫力が低下して重篤な風邪を引いても、花粉症にはならない者がいます。
これが体質の違い、腸内フローラの個体差です。

「腸内フローラの個体差?」に興味をもたれた方は、是非、続きをお読みください。

 

バイオジェニックスの登場以前は
腸内細菌の手助けなしでは腸管免疫系はつくられない
と、考えられておりました。

注)腸管免疫
私たちの腸管は、食物を消化・吸収する器官であると同時に巨大な免疫器官でもあります。
腸管は内臓器官ですが、その両端に位置する口腔と肛門を介して外界と接しています。

 

ところが、バイオジェニックス、特に乳酸菌生産物質によれば、腸内細菌の助けを借りなくても、腸管免疫に直接働きかけることができます。

まずは、腸内細菌と免疫の関係をご説明いたします。

腸内細菌と免疫.png

免疫系は腸内細菌の手助けへの返礼として、同じ細菌である病原菌やウィルスは敵として殺しても、腸内細菌とは平和的に共存をしております。
まさに、この友好関係は生命の神秘ともいうべき現象です。

免疫系は自分に望ましい細菌だけを腸内に共生させていますが、この腸内フローラ(腸内細菌叢)が理想的なあり方からはずれると、免疫系の異常をもたらし病気を起こします。

 

腸内細菌が病気になると、私たちも病気になるのです。
腸内細菌に元気でいてもらわなければ困ります。

 

腸内細菌を元気にする方法の一つが最近の驚異的なヨーグルトブームであり、腸内細菌から見つかったプロバイオティクスの素晴らしい作用を多くの人が認めた結果です。

しかしながら、経口摂取したプロバイオティクスは、腸内に棲息する腸内細菌と同一のものであっても、小腸や大腸まで到達することができず、万一到達できても腸内に定着することができないという研究報告が多数あります。

 

ところで、腸内細菌の善玉菌(有益菌)を増殖・活性化する難消化性食品成分をプレバイオティクスと呼んでいます。
代表例としては、オリゴ糖や食物繊維などが挙げられます。

オリゴ糖などのプレバイオティクスを摂取すれば、腸内に棲む善玉菌を増殖・活性化することにより腸内環境を改善できるというわけです。

第3の方法として、バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)を摂取することで、免疫の働きを高めて、感染症やガンを予防し、さらにアレルギーも予防するという安全で確かな健康法があるわけです。

乳酸菌生産物質は死菌あるいはその生産物質ですから、小腸や大腸まで到達することができないとか、腸内に定着できないとかいう問題はありません。

そして興味深いのは、バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)は、プロバイオティクスやプレバイオティクスとは異なり、腸内フローラを介することなく、直接、身体に働きかけることもできることです。

このため、バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)の場合は、体質すなわち腸内フローラとは、無関係に働くことができるのです。

原理だけ言えば、バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)は、健全な腸内環境下で生産されるべき物質を、体外(例えば研究室や工場)で製造したものであるといえます。
腸内細菌の生産物質と同一のものですから、腸内フローラを介することなく身体に働きかけることができるのは当然なわけです。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す