【ドクター.セノビル】アルギニンの摂取で背を伸ばす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

子供の成長サプリには「アルギニン」といった成分が含まれている場合が多いです。

昔は「カルシウム」さえたっぷり摂取すれば、背が伸びると言われていましたが、…

 

では、アルギニンとは一体どんな成分なのでしょうか?

アルギニンは、アミノ酸の一種です。

アミノ酸には、体内で生成できない必須アミノ酸と、体内で生成できる非必須アミノ酸があります。

必須アミノ酸は体内で生成できないので、食べ物や飲み物として体外から摂取しなければなりません。

一方、アルギニンなどの非必須アミノ酸は体内で生成できるので、必ずしも食べ物や飲み物から摂取しなければならないわけではありません。

しかしながら、アルギニンに関しましては、とくに子供の成長期において、その体内における生産量が不足しがちなのです。

だから、子供の成長期には、「アルギニン」をサプリメントで積極的に補ってやる必要があるのです。

 

アルギニンの主な働き

アルギニンには、いくつかの大切な役割があります。

・血流を改善させる
・活性酸素を除去する
・成長ホルモンの分泌を促す

血流の改善は、身長の伸びにも骨の成長にも大きく関わっているので、とても大切です。

活性酸素の除去に関してはアンチエイジング効果と深い関係がありますが、ここでは説明を割愛させていただきます。

注目して欲しいのが、「アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す」という効果です。

子供時代は、通常、成長ホルモンが活発に分泌されています。

しかしながら、個人差があり、身長が伸びる子供は成長ホルモンが豊富に出ているのですが、身長があまり伸びていない子供はその分泌量が少ないのです。

そこで、アルギニンを摂取することにより、成長ホルモンの分泌を活性化させるのです。

アルギニンには、上記のとおり「成長ホルモンの分泌を促す」という効果があります。

したがって、背を伸ばすためには、アルギニンを多く含んでいる食材をたっぷり食べれば良いわけです。

アルギニンは一般的な食材に含まれていますから、それほど摂取が難しい訳ではありません。

お肉にも含まれていますし、大豆類にも含まれています。
定期的に食卓に上がるものですので、比較的容易に体内に取り込めます。

ただし、食品での摂取には少し問題があります。

実は、アルギニンを豊富に含む食材は一般的にカロリーが高く、アルギニンをたっぷり摂取しようとすると、カロリー過多になってしまうのです。

つまり、子供がアルギニンを食材でたくさん摂取してしまうと、肥満につながってしまうのです。

肥満は身体に負担をかけてしまうので、かえって低身長の一因にもなります。

カロリーが気になるのであれば、やはり成長サプリの利用が適切ではないかと思われます。

サプリメントであれば、カロリーをそれほど気にせずに利用できます。

 

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す