大豆イソフラボンは女性ホルモン様物質です

Pocket

大豆イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造を持ち、「女性ホルモン様物質」としての働きが理解され、脚光を浴びています。

元々、大豆イソフラボンが大豆の胚軸部分に多く含まれる「抗酸化物質」の1種であることはよく知られておりました。

すなわち大豆イソフラボンは、「活性酸素」を抑制してくれるものとして認識されておりました。

ところが、大豆イソフラボンは女性ホルモン様物質として作用し、
女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをすることが判ったのです。

soy01



ところで、更年期障害は、
女性の閉経期の前後に女性ホルモンのエストロゲン分泌量が減少することにより起こる症状です。

ホルモン補充療法では、この症状を回避するためにエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンを服用します。
しかし、女性ホルモの服用は血管障害、乳がん、卵巣がんのリスクを高めることが判明しております。
参照:更年期障害は本当の病気ではない

そのようなわけで、女性ホルモン様物質である大豆イソフラボンが脚光を浴びているわけです。
大豆イソフラボンはホルモンではありませんから、摂取による弊害はありません。

soy02



大豆イソフラボンは、女性に嬉しい栄養素です

大豆イソフラボンの特徴は、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをし、
女性の美しさや若々しさを手助けしてくれることにあります。

加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少すると、やがて更年期、閉経を迎え、
それに伴い、「更年期障害」と呼ばれる体と心のトラブルがみられることがあります。
このとき「大豆イソフラボン」は、エストロゲンの不足を補いトラブルを予防してくれるのです。

エストロゲンの働き:
 ・肌の新陳代謝を促進、ピチピチお肌
 ・髪のツヤ、さらにハリを保つ
 ・卵巣内の卵胞を成熟させて卵子を育て、排卵に備える
 ・子宮内膜を厚くし、受精卵の着床を準備する
 ・乳房や性器、皮下脂肪を発育させ、丸みのある女性らしい体を作る
 ・コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐ
 ・骨を丈夫にする
 ・周期的に生理を起こす
 ・自律神経を安定させる
 ・膣や膀胱の、伸縮性や自浄作用を高める

抗酸化物質として働き、しかもエストロゲンの不足を補ってくれる
「大豆イソフラボン」を充分摂取したいものです。

soy03



食品に含まれる大豆イソフラボンの含有量
納豆 1パック(50g) 65.0mg
大豆飲料 125ml 69.0mg
豆腐 1/2丁(110g) 55.0mg
油揚げ 1/2枚(75g) 52.5mg
大豆煮 50g 30.0mg
きな粉 おおさじ1(6g) 15.6mg
みそ おおさじ1(18g)  7.2mg(約1食分当たりの含有量mg)

 

結局のところ、大豆イソフラボンの働きは?

更年期障害を予防・改善 します
大豆イソフラボンを多くとっている人は、
ホットフラッシュ(更年期障害による、ほてり・のぼせ)が見られにくいという報告もあります。
これは大豆イソフラボンの化学構造がエストロゲンとよく似ており、
不足したエストロゲンに代わってその受容体と反応するからです。

美しい肌をつくります
大豆イソフラボンは肌の調子を整える「美肌ホルモン」のエストロゲンの働きを補い、
若々しい肌をサポートします。
肌の弾力を保つ「コラーゲン」を増やして、ハリを保つ働きがあるほか、
細胞の新陳代謝を高めて肌の生まれ変わりを促進し保湿力もアップさせます。

ガンのリスクを下げます
最近、大豆イソフラボンがガンの予防に効果のあることが明らかになってきています。
乳ガン・子宮ガン・卵巣ガンの発生率も、大豆製品を多くとる日本や中国のほうが欧米よりも低く、
大豆イソフラボンの摂取量とガンの発生率とは、大きな関係があると考えられています。

骨粗鬆症を予防します
骨粗鬆症の予防には、適度な運動や日光浴を行ったり、骨の元となるカルシウムをしっかり摂ることが必要ですが、
そのカルシウムの流出を防ぐエストロゲンの働きを、大豆イソフラボンがサポートします。

生活習慣病を防ぎます
食の欧米化が著しい近年、日本人の血中コレステロール値は増加の傾向にあります。
中高年だけではなく若い人もコレステロールには注意が必要です。
大豆イソフラボンは、悪玉コレステロールを排除してくれます。
血液をサラサラにすることにより、生活習慣病を予防しましょう。

やる気をサポートします
エストロゲンには、脳の血液循環をよくし、脳細胞自体の働きを活発にする働きがあります。
エストロゲンには記憶力を高めてやる気を起こさせる働きもあると考えられています。
その効果は、エストロゲン投与により、アルツハイマー病の進行を止めた症例が報告されていることからも、実証されています。
エストロゲンの働きを、大豆イソフラボンでサポートしましょう。

soy04



大豆イソフラボンの目標摂取量は、1日50mg程度です

食生活の欧米化により、豆腐などの大豆製品の消費量が減ってきている今、
日本人の1日の平均摂取量は18mgと、目安をかなり下回っています。
大豆イソフラボンは、意識して積極的にとらないと不足しがちな栄養素といえます。

摂取目安量は・・・豆腐約1/2丁(110g)
        納豆1パック(40g)
        煮豆約80g

 

大豆イソフラボン以外のエストロゲン様物質について

イソフラボンはハーブのレッドクローバー、マメ科の植物プエラリア・ミリフィカなどにも含まれ、
働きは大豆イソフラボンとほぼ同じと考えられます。
他にエストロゲンと同様な働きを持つ食品として、
ザクロや亜麻の種子(北欧でパンやクッキー生地に使われる)、ライ麦などがあります。

soy06


大豆イソフラボンの効果を高めるとり方は?

骨粗鬆症を防ぐ
大豆製品とともに、カルシウムを豊富に含む牛乳や小魚、青菜などの食品を一緒に食べましょう。
納豆は、大豆イソフラボンとカルシウムに加え、カルシウムの骨への吸着を助けるビタミンK2も豊富な優れものです。

悪玉コレステロールを下げる
あじ、さば、ぶりなどの青魚や、きのこや海藻類などの食物繊維と組み合わせて。
青魚のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(工イコサペンタエン酸)には、
血中の悪玉コレステロールと中性脂肪を減らし、血液をサラサラにする効果があります。
また食物繊維には、食事でとったコレステロールを吸着して排出する働きがあります。

肌を美しくする
大豆イソフラボンに加え、肉や魚、卵などのタンパク質を適量とるとともに、
コラーゲンの生成を助けるビタミンCを積極的にとるといいでしょう。
ビタミンCは果物や青菜、緑黄色野菜に多く含まれています。

[cta id=’1450′]
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。