ユーグレナを摂取するとアディポネクチンが増加します

Pocket

ユーグレナを摂取すると、アディポネクチンが増えます。

 

アディポネクチンは、1996年に大阪大学で初めて発見され、
2003年に東京大学でホルモンであると定義された
脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンです。

アディポは「脂肪」、ネクチンは「くっつく」という意味です。

このアディポネクチンは、普通の体格の人の血液中には多く存在し、内臓脂肪が増加すると減少します。

人体の中で働いている「スーパー健康ホルモン」、「長寿ホルモン」、「若返りホルモン」などと呼ばれています。

アディポネクチンは、体中で血液中を流れて全身を巡り、血管の損傷を見つけると素早く入り込み修復します。

メタボリックシンドロームによる、糖尿病・高血圧・高脂血症・動脈硬化などの病気の予防をしてくれます。

また、最近の東京大学の実験では、
アディポネクチンを投与したマウスのがん細胞が10分の1に減少したという検証結果も出ており、
ガンの予防や治療の効果にも注目が集まっています。

 

ユーグレナを摂取することにより、上記アディポネクチンが増加することが判明いたしました。

30~60代の男女に1ヶ月間、ユーグレナ粉末1gを飲用し続けて貰い、血中のアディポネクチン濃度の変化を観察いたしました。

結果、開始前の平均が13.4%だったのが、1ヶ月後には、平均14.7%に上昇いたしました。

更に、アディポネクチンの増加の効果は、下記数値にも現れました。
・ 善玉コレステロール 3.63mg/di 増加
・ 悪玉コレステロール 9.25mg/di 減少
・ 中性脂肪 11.75mg/di 減少
・ 内蔵脂肪 3.56mg/di 減少
・ 基礎代謝 5.44mg/di 増加
(銀座サイエンスペロ大森クリニック調べ)

この結果から、ユーグレナを摂取するだけで、「簡単に若返りホルモンを増やすことができる」と言えます。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す