3D画像2(680)
タイトル

O-DAN(オーダン)を利用します。

著作権を放棄した CC0 やパブリックドメイン写真は、
今や当たり前のように多くのサイトで公開されています。

利用する側からすると、
こういった権利放棄写真は、とても使いやすく、ありがたい存在です。

ただ、写真を探そうと思ったとき、
CC0 写真サイトは現在かなりの数があり、
イメージ通りの写真を探すのに、
1つ1つサイトを開いて探すのは、
ちょっと面倒だったりします。

そういった無料写真を探すのに、
Googleの画像検索を行うという方法があります。

ただ、こういったことをしなくても、
サイト上からキーワード検索するだけで、
無料写真サイトを横断検索してくれるサービスがあります。

O-DAN(オーダン)

このサイトで、「背景画像」とか「鳥」とか・・・
適当なキーワードを入力して、 お好みの画像を見つけてください。

サイドメニューをクリックすれば、たくさんの画像を閲覧できます。

さらに、表示された画像をクリックすれば、
その画像と同一サイト内の他の画像も閲覧できます。

お好みの画像を選択し、一旦保存してください。


pms


JTrimを使って適切なサイズの画像の作成し、文字入れを行います。

気に入った画像を使って「表紙」を作成するのですが、
サイズを変更しなければなりません。
また、「レポートのタイトル」などを「文字入れ」したいですね。

JTrim
が、便利だと思います。

JTrimを起動し、先に保存しておいた画像を開きます。

メニューの「イメージ」「リサイズ」をクリックし、
表示された画面で「縦横の比率を保持」にチェックを入れて、
縦500ピクセルに変更して「OK」をクリックします。

次に、メニューの「イメージ」「切り抜き」をクリックし、
表示された画面で「座標1」と「座標2」を指定して、画像を切り抜きます。

このとき、「座標1のx」と「座標2のx」の差は、385(ピクセル)です。
また、「座標1のy」は0、「座標2のy」は500です。

なお、「縦横比の維持」のチェックをはずしておきます。

作成された画像を「裏表紙」として保存します。

次に、「表表紙」を作成します。

先ほど保存した「裏表紙」を開き、
メニューの「編集」「文字入れ」をクリックします。

表示された「文字入れ画面」で、
「文字入れ」を行い、「サイズ」「文字色」などを設定し、
画像中に表示されている文字をドラッグし配置位置を決めた後、
「OK」をクリックします。

作成された画像を「表表紙」として保存します。


pms


online 3DPackageを利用して3D画像化します。

online 3DPackage(無料)

「online 3DPackage」は、簡単にブックカバーを作成できるサイトです。

このサイトにアクセスし、
先ほど作成した表紙画像(裏表紙をBackとSpineに、表表紙をFrontに)をアップします。
なお、今回は上部メニューで「3d book」を選びます。

作成された3D画像は、左クリックしながら前後左右に動かすと角度を変えられます。

「Download Cover Image」をクリック、
「Standard Rendering」をクリックし、
3D画像を保存します。

保存できない場合は、
キーボードの「Prtscr」を押して、パソコン付属の「ペイント」で保存します。
画像全体が表示されるようサイズを調節します。
画像をトリミングして保存します。


pms


3D画像を頻繁に利用するのは、無料レポート作成のときではないでしょうか?

例えばメルぞうでは、画像サイズ:200×260(ピクセル)を推奨しており、
画像フォーマットは「GIF]です。

したがって、画像サイズを200×260(ピクセル)に変更し、「GIF]で保存します。

これで、無料レポートに添付する画像が完成いたしました。

とても簡単だと思うのですが、如何だったでしょうか?

ところで、上記無料レポートの発行はメルマガ読者を獲得するためです。

そこで、メルマガ読者獲得を爆発的に加速させるトリガーがあるので紹介いたします。


pms


爆発的なパワーを持たせるブースト

より効果的に読者を集める方法があります。

それが、PMS というものです。

PMSはPandemic Marketing System の略称で、 バイラル的にリストを集めることができるシステムです。

難しい話は、PMS の資料をお読み頂きたいと思いますが、簡単に説明すると、
「読者が読者を集めてくる仕組み」となっており
「読者が集めた読者もあなたの読者になる」というものです。

この PMS を使うことで、あなたの読者があなたの読者をつれてくるようになります。

このページのようなレポートを、ただただ無料で配布するだけで、リストがドンドン集まる仕組みとなっております。

このページをご覧頂いているあなたは、下記フォームから登録するだけで、 このページと同様な内容の無料レポートを配布できます。

詳しいことは PMS にログイン後、マニュアルが準備されていますので、そちらからご確認下さい。


下記フォームから「名前」と「メールアドレス」を記入し、規約事項に同意し、パスワードを取得してください。

pms獲得フォーム



「パスワード」と「特別レポートへのリンクアドレス」が記載されたメールが送信されて参ります。

特別レポートに、「PMSのログインページ」へのリンクアドレスが記載されております。

「PMSのログインページ」を開き、「メールアドレス」と「承認パスワード」を入力してログインしてください。

PMSは、完全無料ですからご安心ください。
メール解除も簡単です。

ご利用マニュアル

上記「ご利用マニュアル」のページより、下記マニュアルをダウンロードしてください。
「はじめに」から、丁寧に読みすすめていただければ、PMSの全体像をご理解いただけます。

1.はじめに
2.準備編
3.実践編
4.システム利用マニュアル
5.メルマガアフィリエイトについて


このシステムは、「勝手に」リストが集まるシステムです。


“集める”ではなく“集まる”です。


「百聞は一見にしかず」です。


費用は一切かかりません。




最後までお読みいただきまして、ほんとにありがとうございました。
このレポートが、あなたのお役に立てることを切に願っております。


さらに、下記サイト「プロジェクト・パンデミック」に、PMS関連記事を多数公開しております。

プロジェクト・パンデミック





powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM