ホリスティック栄養学とは

Pocket

ホリスティック栄養学という言葉は、一般にはあまり聞かれません。「ホリスティック栄養学」という言葉には―「ホリスティック医学の栄養学的な一分野」という意味と、「栄養素を用いた肉体次元のホリスティックな治療法」という2つの意味が含まれています。

ホリスティック栄養学は、文字どおりホリスティック医学の中における栄養学的分野です。ただしここでのホリスティック医学とは、どこまでも霊・精神(心)・肉体を対象とした真の意味でのホリスティック医学です。そのホリスティック医学の肉体次元の分担を受けもつのが「ホリスティック栄養学」なのです。そうしたホリスティック栄養学の定義からすると、人間を肉体だけの存在と考える一般的な栄養学や栄養療法は、本書で言うホリスティック栄養学の中には含まれません。

ホリスティック栄養学は、栄養素の働きを用いて肉体次元でのホリスティックな治療法を進めます。患者の肉体の健康レベルをトータル的(ホリスティック的)に向上させるのに、栄養素はきわめて重要な役割を果たします。

現代人の生体システムを退化させている最大の原因の1つが、間違った「欧米型の食生活」にあることは、これまで何度も述べてきました。不健全な食生活が、健康維持のために必要な栄養素を枯渇させ、さらに肉体にとって害毒となるような有害物質を蓄積させています。その結果、多くの人々は生体システムの機能を低下させ、慢性疾患で苦しむようになっています。現代人は食生活の狂いから、“細胞レベル”での栄養状態を悪化させ、肉体全体の健康レベルを低下させているのです。

ホリスティック栄養学は、食生活の根本改善を図り、食の栄養状態を強化して、さまざまな肉体次元の問題を栄養学的側面から積極的に解決しようとするものです。そして、すでに発症している肉体的欠陥を、栄養学的手段を講じて“細胞レベル”から治そうとするものです。ホリスティック栄養学は―「肉体をつくる素材(細胞)の健全化を図る」という面からの医学なのです。人体を構成する最小の構成要素である細胞の健康レベルアップを図ることは、肉体次元における最もホリスティックな対処法となります。

ホリスティック栄養学は、将来ホリスティック医学における中心的な医療になると予想されますが、もちろんそれだけで完全な健康の確立・病気の克服が実現するわけではありません。身体全体の健康を確立するためには、他に「適度な運動」「十分な休養」「ストレス対策」といった努力を欠くことはできません。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク