親から子へ、細胞から細胞へ伝わる遺伝子

Pocket

親子が似ているのは遺伝子のおかげ

子はあらゆる面で親に似る。
身長、体重などの身体的な特徴はもちろんのこと、ものの考え方や性格、癖、行動なども、子は親に似る。
多くの病気も、特定の家族に特徴的である。
親の身体的な特徴、性格、病気は子にしばしば伝わる。

生物学的な特徴や性格が親から子、子から孫へと垂直に伝わっている。
この垂直の伝達を成り立たせているのが、遺伝である。
遺伝のしくみを調べる学問が遺伝学である。
また、親から子、子から孫へと代々に伝わる特徴は「情報」だから、「遺伝情報」と呼ぶ。
そして遺伝情報を伝える1つの単位を遺伝子という。

ここに述べたのは、親から子への遺伝である。
じつは遺伝には別のタイプがある。
それは、同一人物の体内で、細胞が分裂して新しい細胞ができることである。

細胞には寿命があり、寿命の尽きた細胞は死んでいく。
たとえば、赤血球の寿命は約120日、好中球や血小板の寿命は約10日である。
だから、半年もたてばヒト細胞のほとんどが新しいものに置き換わっている。
しかし依然としてAさんはAさんのままであり、Bさんに変わることはない。

ヒトが一生を通じて同一性を保持しているのは、古い細胞の遺伝子が新しく誕生した細胞へとまちがいなく伝達されるからである。
Aさんに特有の遺伝子が細胞で正確に複製され、複製された遺伝子が新しく誕生する細胞に分配されているのだ。
このため古い細胞が死んでもAさんは依然としてAさんなのである。

親から子への遺伝でも、同一人物の体内で細胞が分裂する際の遺伝でも、遺伝情報の伝達を担っているのは遺伝子である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたのメルマガ読者を爆発的に増やす方法があるのですが、興味はありませんか?

メルマガだけではありません。ホームページやブログの読者を増やすこともできます。

端的に言えば、あなたの顧客リスト(ハウスリスト)を劇的に増やす方法です。

ネットビジネスをやってる方、あるいはやりたいと思っている方はご存知ですよね。

結局、ネットビジネスの成否は「集客」で決まります。

懸命に綺麗なページを作ろうとするのは、リピーターを獲得するためです。

twitterやfacebookなどのSNSに懸命に取り組むのも、結局は「集客」のためです。

私は、最近ネット上で「リスト集客システム」を見つけました。

しかもこのシステム、無料で利用できるのです。

私は、これを見つけたとき「無料」であることに驚きました。

数分後に考えがまとまりました。

「このシステムは無料だから必ず広まる。よし、やろう。」と、

そして丁寧に調べてみると、このシステムは「2ティア」を採用していました。

「2ティア」て判りますか?

2ティア方式では、あなたが獲得したリストのリストは、あなたのリストです。

ネットワークビジネス(組織販売)のシステムをご存知の方は判ると思うのですが…

仮にあなたが優秀なリーダーでなくても、あなたが1人の優秀なリーダーを獲得できたら、あなたの成功は確定します。

なぜなら、「優秀なリーダーが、あなたの2ティアだから」です。

説明が不十分ですね。具体的に説明します。
(これは、優秀なリーダーの例ではなく、平均的な者の例です)

仮に、Aさんがこのシステムを1ヶ月間に10人に紹介したとします。

5人はまったく興味がありません。
2人は、一応理解しましたが実行はしません。
3人(Bさん、Cさん、Dさん)だけが、あなたと同様に10人に「このシステム」を紹介しました。

すると、Aさんが得るリストは、Aさんの直接紹介10人+2ティアである3人の紹介各10人=33人です。

次の1ヶ月間には、これと同様なことが、Bさん、Cさん、Dさんにおこります。

すると、Aさんの2ティアであるBさん、Cさん、Dさんの直接紹介(3×10=30人)が、Aさんのリストに加わります。

Aさんは、ほったらかしでもリストが着実に増えていくわけです。

Aさんのリストは、継続さえすれば幾何級数的に増加することは明らかですね。

より丁寧な説明をご覧いただきたいので、下記ページをご覧ください。

http://japanese-chess.tokyo/swfu/d/auto-GokKEb.pdf

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク