【花粉症対策】アレルギーの原因は免疫バランスの乱れ

乳酸菌の科学

そもそも、なぜアレルギー症状があらわれるのでしょうか?

それには、私たちの身体に存在する「免疫」が大きく関わっていること
が最近の研究で明らかになってきました。

免疫とは、身体をウィルスや細菌などの病原体から守る防御システムのようなもので、
体内に侵入してきた病原体は、
マクロファージという細胞が発見し、
ヘルパーT細胞に報告をします。

そのヘルパーT細胞は、
病原体を殺すのが得意な細胞や、
抗体をつくるのが得意な細胞など、
さまざまな細胞に指令を出して病原体を攻撃しているのです。

免疫システムは
「Th1細胞」「Th2細胞」「Tレグ細胞」という3種類のヘルパーT細胞の指令が
バランスよく機能することで成り立っています。

Th1細胞は、ウィルスや病原菌を攻撃する働きをし、
Th2細胞は花粉やホコリなどのアレルゲンに対して攻撃をします。
Tレグ細胞は、T細胞のバランスを調節する役割です。

Th1細胞は身体のさまざまな組織に分布していて、
血液やリンパ液に乗って全身をパトロールしています。

そして、ひとたび病原体が身体のなかに入ってくると、
Th1細胞は病原体を「敵だ」とみなして、
B細胞に「IgA抗体」や「IgG抗体」「IgM抗体」などの抗体をつくらせて
病原体を攻撃し、破壊してくれます。

このとき同時に、身体には発熱や痛みなどが起こります。

このような免疫システムを利用した治療法は、私たちの身近なところに数多くあります。
たとえば、インフルエンザやはしかなどの予防接種はよく知られています。

予防接種では微量の病原体を注射し、
身体のなかに取り込むことで、
体内の免疫細胞に排除すべき外敵の情報を覚えこませます。
するとその病原体が次に体内に入ってきたとき、
免疫は「敵」と判断し、
すみやかに攻撃して排除するのです。

このように病原体から身体を守る強い味方の免疫システムですが、
バランスが崩れるとTh1細胞系がうまく働いてくれません。

その代わりに、「Th2(2型ヘルパー)細胞」が働き、
本来攻撃する対象ではない花粉やホコリ、食べものなどの「アレルゲン」を
「敵だ」と勘違いしてしまいます。

そして病原体と戦う抗体とは別の「IgE抗体」をつくらせて、攻撃するよう指令を出してしまうのです。

このIgE抗体は、ヒスタミンという化学物質と連携してアレルゲンを攻撃します。
これがつらいアレルギーの原因です。

ヒスタミンは肺や消化管の筋肉、神経や血管を刺激する作用を持つため、
くしゃみやかゆみ、炎症、涙、発疹などの諸症状を引き起こします。

これらの症状のことをアレルギーと呼んでいるのです。

 
花粉症などのアレルギーの対策に、乳酸菌を配合したサプリメントを推奨しております。
新しい乳酸菌を配合したベビー乳酸菌を公式ページでご確認ください↓↓↓↓
ベビー乳酸菌

本質的な体質改善を目指される方には、
バイオジェニックス・サプリメント「天然美通」をお勧めいたします。

天然美通の公式ページでご確認ください↓↓↓↓
天然美通

 

バイオジェニックスの情報につきましては、こちこちらでご確認ください。

 

ブロトピ:サプリメントとスキンケア

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました