【花粉症対策】クスリでの克服は難しい

乳酸菌の科学

湿疹が治らない、肌がカサカサしてかゆい、目や鼻がムズムズする、
くしゃみが止まらない________。

アレルギー疾患は、現代人の大きな悩みの種です。

いまや国民病ともいわれる花粉症などのアレルギーに悩む人は多くいます。

こうしたアレルギー疾患の治療は、食生活改善や居住環境の整備などの方法もありますが、
通常は抗ヒスタミン剤や公アレルギー剤、ステロイド剤などによる投薬治療が中心になります。

しかし残念ながら、薬はかゆみや発疹などの症状を一時的に緩和させるだけの「対処療法」であり、
アレルギー疾患を根治するものではありません。
クスリを止めると症状がぶり返してしまうため、
アレルギー疾患に悩む患者は長年にわたり投薬治療を続けることを余儀なくされます。

重度の花粉症の場合、ステロイド剤の軟膏などが安易に処方されますが、
これには問題があります。

ステロイド剤は速やかに炎症を和らげてくれる即効性のあるクスリであるため、
はじめは症状を軽減する効果があるのですが、
長期間にわたって仕様すると患部の免疫力が低下してしまい、
しだいに効き目が弱くなっていきます。

そのためクスリの量がだんだんと増え、
気づいたときにはステロイド剤をやめられなくなってしまうのです。

しかも、ステロイド剤には副作用もあり、
長期間大量に使用していると免疫力が低下して感染症を起しやすくなったり、
子供の成長が止まってしまったり
あるいは「ムーンフェイス」と呼ばれる、
浮腫んで丸くはれあがったような顔になってしまったりすることもあります。

花粉症については、クスリでの対処療法には限界があります。

花粉症人口が増えるに伴い、
花粉症のクスリも数多く市販されるようになりましたが、
市販薬による副作用が多数報告されているのも事実です。

たとえば、くしゃみ、鼻水を止める抗ヒスタミン剤には
眠気や頭痛、不整脈などの副作用があります。

また、即効性がありスッキリするため多くの人が使用する点鼻薬についても、
抗ヒスタミン剤やステロイドが含まれているものであれば副作用があるうえに、
依存性も指摘されています。

副作用が少ないといわれている点鼻薬のなかにも、
血管収縮剤が含まれているものも多く、
長期にわたって使用すれば鼻の粘膜が肥大して鼻づまりを悪化させることがあります。

ちなみに、最近では花粉成分を投与して根治を目指す、
舌下免疫療法も保険適用になりましたが、
即効性はなく気長に取り組まなければ効果が見込めません。

乳酸菌を配合したサプリメントを推奨しております。
新しい乳酸菌を配合したベビー乳酸菌を公式ページでご確認ください↓↓↓↓
ベビー乳酸菌

本質的な体質改善を目指される方には、
バイオジェニックス・サプリメント「天然美通」をお勧めいたします。

天然美通の公式ページでご確認ください↓↓↓↓
天然美通

 

バイオジェニックスの情報につきましては、こちこちらでご確認ください。

 

ブロトピ:サプリメントとスキンケア

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました