【花粉症対策】薬に頼らず花粉症を抑える方法

医者や薬に頼らない花粉症対策

小麦、牛乳、卵などの食材の摂取を抑えることと、ビタミンDの摂取をお勧めいたします。

小麦、牛乳、卵などの食材について;
① 小麦
パンや麺類を控えます
ここで、注目すべきは「そば」です。
そばの原料はそば粉じゃないかと思いがちですが、
スーパーなどで売っているそばの多くは、
95%の小麦粉と5%のそば粉で作られているそうです。

また、カレーやシチューの固形ルーでは、とろみは通常小麦粉で出しています。

② 牛乳
牛乳の成分のなかで避けるべきはカゼインですが、
牛乳以外にもカフェラテ、ヨーグルト、チーズ、生クリーム、アイスクリームなど様々な食材に利用されています。

③ 卵
卵料理はたいへんメジャーで、目玉焼き、玉子焼きを始め、プリンやお好み焼きなど様々なものに使用されます。

小麦、牛乳、卵などの食材は我々の日常の食生活にあまりに入り込んでいますから、
これらを完全に排除することはほぼ不可能です。

ビタミンDの摂取について;

ビタミンDはたいへん重要なビタミンなのですが、これまであまり重要視されてきませんでした。

ビタミンD | ビタミン | 栄養成分百科 | グリコ

江崎グリコの栄養成分百科。栄養成分のビタミンに含まれるビタミンDについての考え方を江崎グリコがご紹介します。

積極的な摂取をお勧めするのですが、単品で販売されているビタミン剤などは避けて、
たっぷりとビタミンDを含む天然素材を利用したものをご使用ください。

我々の日常の食生活に入り込んでいるため、
小麦、牛乳、卵などの食材の摂取を抑えることは以外に難しいと思います。
すでにビタミンDを愛用しているが花粉症で悩んでいる
という方がいるかもしれませんね。

【くしゃみとおじゃらば】は、花粉の症状を抑える『じゃばら』をたっぷり配合するとともに、
さらに、免疫力を向上させる乳酸菌(EC-12)を配合したサプリメントですので、
Wパワーで「くしゃみとおさらば(おじゃらば)」できます。

【くしゃみとおじゃらば】によれば、
花粉症のつらいくしゃみ、痒み等を「じゃばら」の力によって緩和させるとともに、
乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、
アレルギーにもに負けない丈夫な身体を作ることができます。

花粉症対策ためのサプリメント

敏感トラブル対策比較ランキング

もともと私たちには、トラブルの原因物質を跳ね返すバリア機能が備わっています。 “司令官”と”戦士”たちが互いにバランスを取りながらバリア機能をコントロールしているのですが、生活習慣や環境などによって戦士の力が弱まるとバランスが崩壊。 バリア機能も低下するため、刺激に対して過剰に反応しやすくなってしまいます。

人気商品には「乳酸菌」を配合したものが多いようです。
もっぱら、乳酸菌の種類と配合量を競い合っているようです。
勿論、乳酸菌は花粉症などのアレルギー対策全般に所定の効果を発揮するのですが、
もうすぐ到来する「今年の花粉症対策」には間に合わないっかもしれません。

花粉の症状を抑える『じゃばら』と免疫力を向上させる乳酸菌(EC-12)の
Wパワーの「くしゃみとおさらば」で、
「今年の花粉症の時期」を快適に過ごしましょう。

【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓
くしゃみとおじゃらば

 

ブロトピ:サプリメントとスキンケア

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報


起業家のためのオンラインスクール



起業家のためのオンラインスクール↑↑↑を紹介するだけで高額の紹介手数料が貰えるアフィリエイト案件があります↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です