【花粉症】花粉症の最新治療

花粉症は、Ⅰ型といわれるアレルギーによっておこる疾患です。
免疫反応は、体を異物から守る生きていくうえで不可欠な反応です。

ところが、この反応が特定の物質に対して過剰であるとき、アレルギーがおこります。
この特定の物質を「アレルゲン」と呼びます。

アレルゲンは、花粉が少量である場合のように通常はそれほど有害ではないのですが、大量に暴露されると過剰な免疫反応がおこりアレルギー症状として現れます。

アレルゲンが体に入ると、アレルゲンを無害化するために抗体が作られます。
Ⅰ型アレルギーでは、IgEという抗体が肥満細胞や白血球に結合して、そこに再び入ってきたアレルゲンが結合すると、ヒスタミンやセロトニンといった体の機能を活性化する物質を放出します。
この物質によって血管が拡げられたりすることで、痒くなるなどの反応が現れます。

Ⅰ型アレルギーは、アレルゲンが体内に入ると、10分前後とすぐに起こる反応で、花粉症や蕁麻疹などが代表例です。

より反応が激しく全身に起きるものをアナフィラキシーと呼びます。
アナフィラキシーの中でも急激な血圧の低下によりショック状態になることをアナフィラキシーショックといいます。
ハチに刺されたり、たまごや牛乳、小麦を食べたりしたときにおこるアナフィラキシーショックがよく知られています。

最近、花粉症などのⅠ型アレルギーに有効なものとして「じゃばら」が注目されています。
「じゃばら」は、「サリルチン」というⅠ型アレルギーに有効な成分を多量に含んでいるのです。

「サリルチン」は、ユズ、カボスといった香酸柑橘類だけでなく、グレープフルーツやみかんなど柑橘類全般に含まれているのですが、とりわけ「じゃばら」に多く含まれているのです。

サリルチンに期待される効用
サリルチンには、花粉症やアレルギー性気管支喘息、アトピー性皮膚炎といった「I型アレルギー」に対する有効性が認められています。

アレルゲンが体に入ると、アレルゲンを無害化するために抗体が作られます。

抗体は肥満細胞(マスト細胞)や好塩基球という白血球に結合し、そこに抗原が結合すると、これらの細胞がヒスタミン、セロトニンなどの生理活性物質を放出します。

これらの生理活性物質の作用によって、血管拡張や血管透過性亢進などが起こり、鼻水、くしゃみ、目や肌の痒みといった症状が現れます。

これらの生理活性物質による作用は「本来は我々には有益なのです」が、「過敏すぎると」不快な症状となるわけです。

ヒスタミン等の生理活性物質を放出することを「脱顆粒」と言いますが、ナリルチンは脱顆粒を抑制する作用があります。

「じゃばら」は、柑橘類の中でも突出してこのナリルチンを多く含むことが判っています。

f:id:hiroshi999999999:20170811125830p:plain

(出典 北山村産のじゃばらサプリ公式サイト)

したがって、アレルギーに対する鎮静作用があるナリルチンを多量に含む「じゃばら」は、アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)ばかりではなく、気管支喘息、蕁麻疹(じんましん)、アトピー性皮膚炎などのⅠ型アレルギーに特に有効と考えられます。

【くしゃみとおじゃらば】は、「じゃばら」をたっぷりと配合したサプリメントであり、Ⅰ型アレルギー(花粉症)の辛いくしゃみ、痒み等を緩和させることができます。

【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報


起業家のためのオンラインスクール



起業家のためのオンラインスクール↑↑↑を紹介するだけで高額の紹介手数料が貰えるアフィリエイト案件があります↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です