糖質制限ダイエットが話題となっております

下記記事は、上記動画を見て作成したレポートです。
ご利用ください。

我々人間は、60兆個の細胞からなる多細胞生物である。
我々の遠い先祖は、原始生命体である単細胞に、バクテリアを先祖とするミトコンドリアが入り込んだもの。
永い歳月をかけて、この共生関係が成立した。

原始生命体である単細胞は、糖をエネルギー源とする解糖系で生きていた。
一方、ミトコンドリアの先祖であるバクテリアは、糖だけでなく脂肪もエネルギー源とできる生き物だった。

上記単細胞に上記バクテリアが入り込み、永い年月をかけて共生関係の成立した単細胞は、糖も脂肪もエネルギー源とできるものになった。
そして、この単細胞が多細胞化することにより形成された我々も、糖と脂肪の両者をエネルギー源とすることができる。

糖質制限ダイエットは、どちらもエネルギー源として利用できる「糖」と「脂肪」のうち、糖を減らそうとするダイエット法である。

なお、糖質制限ダイエットにおいては、
・糖質の摂取量を従来の1/3ないし半分に減らす。
・タンパク質と脂肪の摂取量を増やす。
増やす量は、満腹感を得られるところまで。

糖質制限ダイエットの注意点
1)糖質の摂取を「0」とし、タンパク質や脂肪の摂取量を従来どおりとすれば、筋肉量の減少などのトラブルの可能性がある。
2)糖質の摂取を「0」にすれば、脳の唯一の栄養素といわれるブドウ糖が不足する。
ブドウ糖だけが脳関門を通過できると言われていた。

ところが、

体内で脂肪から生み出される「ケトン体」という物質が、脳細胞には良いことが判った。
つまり、ブドウ糖がなくてもケトン体がその代わりをするということなのだが、ケトン体について完全に解明されているわけではない。
したがって、糖質の摂取を「0」とするのは危険という者もいる。

しかしながら、2週間~1ケ月間糖質を完全に制限することには問題ない。
2週間~1ケ月間経過後には、糖質も必要量摂取する。

なお、がん患者は糖質を完全に制限すれば完治すると言われている⇒
これは、がん細胞はミトコンドリアを失っており、糖質以外からエネルギーを得ることができないからである。
すなわち、糖質を摂取しなければ、ガン細胞は餓死するからである。

ココナッツオイルサプリVCO



ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報


起業家のためのオンラインスクール



起業家のためのオンラインスクール↑↑↑を紹介するだけで高額の紹介手数料が貰えるアフィリエイト案件があります↓↓↓

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です