【花粉症対策】意外と知らない花粉症の知識

意外と知らない花粉症の知識!
花粉症の症状には主にくしゃみ・鼻みず・鼻づまりがあります。
その中でも見逃されがちなのが鼻づまりです。花粉症患者さんの約9割の方に鼻づまりの症状があるといわれています。
花粉症をよく理解し、早めに対策をしてシーズンを快適に乗り切りましょう。

花粉症の原因
花粉症は、スギなどの花粉(抗原)が原因となって起こるアレルギー疾患の一つです。
特にスギ花粉症は冬の終わりから春にかけて、毎年、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状で多くの人を悩ませています。
日本では、スギのほかにもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物が花粉症を引き起こすとされています。

主な花粉症原因植物の飛散カレンダー
花粉症の原因となる主な植物の花粉飛散時期の一覧です。
お住まいの地域の花粉症原因植物とその花粉が飛散する時期を把握して早めに対策をしましょう。

スギ花粉症有病率の推移
花粉症の患者さんは年々増加しており、1998年と2008年で比較すると、有病率は19.6%から29.8%へと1.5倍に増加しています。

スギ・ヒノキ人工齢級
通常、スギ花粉が盛んに生産されるのは、30年生以上と言われています。
花粉症患者さんが増えた理由に、スギ花粉の増加があります。
スギは植林後40年ほどで成木になり、花粉を飛散しはじめます。
現在、植林されたスギの大半が樹齢40年~60年となり、活発に花粉が飛散する時期を迎えています。

花粉症にはどのような症状がみられるの?
花粉症の3大症状は「くしゃみ、鼻みず、鼻づまり」です。
異物が鼻から侵入すると、その異物を外に追い出したり体内に入りにくくする為の生体防御反応として「くしゃみ、鼻みず、鼻づまり」が現れますが、アレルギー反応によってそれらが過剰に発現するのが花粉症の症状です。

正常な鼻のはたらき

鼻には「においをかぐ」というはたらきの他に、のどや肺などの呼吸器を守るはたらきがあります。
吸い込んだ空気に含まれる異物を取り除き、温度や湿度を適度に調節しています。

鼻がつまると口呼吸に!
鼻づまりがひどくなると、口呼吸となって本来の鼻の機能が損なわれてしまいます。
そのため、のどの乾燥、においや味がわからなくなる、咳が出る、よく眠れないなどの悪影響を及ぼします。

鼻づまりの正体
鼻づまりは鼻みずが詰まっているわけではありません。
鼻の粘膜が腫れて、空気の通り道が狭くなった状態です。
そのため、鼻づまりの治療では鼻の粘膜の腫れを取ることが重要です。

アレルギー反応をおこすと鼻の粘膜が炎症をおこして腫れてきます。
これが鼻づまりです。

初期療法で、早めの対策を!
初期療法とは?
花粉が飛びはじめる前、もしくは症状が軽いうちに治療を始めることを初期療法 といいます。
初期療法をおこなうと、症状が出るのを遅らせたり、症状を軽くしたりできる可能性があります。

いつごろから対策すればいいの?
地域によってスギ花粉の飛散時期は異なります。
あなたのお住まいの地域の花粉がいつ頃から飛びはじめるのかチェックしましょう。

 

症状にあわせた治療
花粉症のタイプ分け ーあなたはどのタイプ?ー
花粉症は、症状の特徴によって、くしゃみ・鼻みずだけがある「くしゃみ・鼻漏型」、鼻づまりがある「鼻閉型」、全ての症状が同じくらいある「充全型」に分けられます。
ご自身の症状タイプを確認し、症状にあった治療を早めに先生に相談しましょう。
症状のタイプは「花粉症 症状ちぇっく」で確認できます。

セルフケア
スギ花粉を避けるために日常生活で気をつけること
治療を行っていても、原因となる花粉は空気中にたくさん含まれています。
症状の悪化を防ぐためには、花粉をできるだけ避けるように日常生活で工夫することが大切です。

 
最近、花粉症などのⅠ型アレルギーに有効なものとして「じゃばら」が注目されています。
「じゃばら」は、「サリルチン」というⅠ型アレルギーに有効な成分を多量に含んでいるのです。

「サリルチン」は、ユズ、カボスといった香酸柑橘類だけでなく、グレープフルーツやみかんなど柑橘類全般に含まれているのですが、とりわけ「じゃばら」に多く含まれているのです。

サリルチンに期待される効用
サリルチンには、花粉症やアレルギー性気管支喘息、アトピー性皮膚炎といった「I型アレルギー」に対する有効性が認められています。

アレルゲンが体に入ると、アレルゲンを無害化するために抗体が作られます。

抗体は肥満細胞(マスト細胞)や好塩基球という白血球に結合し、そこに抗原が結合すると、これらの細胞がヒスタミン、セロトニンなどの生理活性物質を放出します。

これらの生理活性物質の作用によって、血管拡張や血管透過性亢進などが起こり、鼻水、くしゃみ、目や肌の痒みといった症状が現れます。

これらの生理活性物質による作用は「本来は我々には有益なのです」が、「過敏すぎると」不快な症状となるわけです。

ヒスタミン等の生理活性物質を放出することを「脱顆粒」と言いますが、ナリルチンは脱顆粒を抑制する作用があります。

 

「じゃばら」は、柑橘類の中でも突出してこのナリルチンを多く含むことが判っています。

 

f:id:hiroshi999999999:20170811125830p:plain

(出典 北山村産のじゃばらサプリ公式サイト)

 

したがって、アレルギーに対する鎮静作用があるナリルチンを多量に含む「じゃばら」は、アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)ばかりではなく、気管支喘息、蕁麻疹(じんましん)、アトピー性皮膚炎などのⅠ型アレルギーに特に有効と考えられます。
 

【くしゃみとおじゃらば】は、「じゃばら」をたっぷりと配合したサプリメントであり、Ⅰ型アレルギー(花粉症)の辛いくしゃみ、痒み等を緩和させることができます。

 

【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報




自己資金がなくても仮想通貨で稼ぐことができます

仮想通貨について学べば、たとえ自己資金がなくても稼ぐことができます。
投資家は、株やFXの次に「仮想通貨」に注目しております。
今、仮想通貨の世界に参入すれば、仮に自己資金がなくても稼げるチャンスがあるということなのです。







免疫と自然治癒力のしくみ

このサイトによれば、「免疫と自然治癒力のしくみ」とその重要性を理解していただけると思います。







サプリメントの選び方

サプリメントとは、薬と同じように作用する効力をもつ栄養成分のことです。
つまり、サプリメントは、「天然の」医薬品だということができます。







奇跡のユーグレナ

このサイトによれば、今注目のユーグレナにいついて、詳しく学ぶことができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です