【Crypto Click Affiliate】CCAは究極のアフィリエイトです!

あなたは【仮想通貨】×【アフィリエイト】の破壊力を想像できますか?

有望なICOのアフィリエイトを行えるASPが登場いたしました。




信じられますか?
どのICOを紹介してもどれも有望なICOばかりなんて。

1. そもそも【ICO】とは何でしょうか?

ICO(新規仮想通貨公開)とは、資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、
独自の仮想通貨を発行/販売し、資金を調達する手段/プロセスのことです。

投資家には「コイン」や「トークン」と呼ばれるデジタル通貨を購入してもらい、
原則として対価は支払われません。

「トークンセール」などとも呼ばれ、
株式を利用した従来の方法(新規株式公開)以外の資金調達手段として注目を集めています。

株の世界に詳しくない方でも、
有望な新規未公開株を予め入手しておけば、
莫大な儲けを得られる可能性が高いこことはご存知でしょう。

しかしながら、有望な未公開株を選ぶことは大変難しく、
未公開株の情報を精査しなければ、
到底購入することはできません。

2. CCAは仮想通貨の分野において、「有望な未上場仮想通貨」の情報を提供してくれます

CCAが提供する「有望な未上場仮想通貨」の情報によれば、
上場後価格が沸騰する蓋然性の高い仮想通貨の情報を容易に入手できるわけです。

しかも、CCAの公式ページ内において、
その「有望な未上場仮想通貨」を購入できるわけです。

それでも、CCAで提供される情報を100%信じることができない者もおります。

また、自己資金が少ない者もおります。

3. CCAは「未上場仮想通貨」のアフィリエイトを行います

仮にCCAの未上場仮想通貨の選定・提携が芳しいものでなかったとしても、
CCA自体が未上場仮想通貨を「注目の未上場仮想通貨」に変えるシステムをもっております。

すなわち、CCAはアフィリエイト・システムを有しているため、
選定した未上場仮想通貨を「注目の未上場仮想通貨」に変えることができるのです。

分かりやすく、かつ極論すれば、
あなたが高額な報酬を受け取りながら「未上場仮想通貨」をアフィリエイトすることにより、
あなたが「注目の仮想通貨」に変身させることさえ可能なわけです。

もっと言えば、
あなた自身は仮想通貨を全く購入しないで、
高額なアフィリエイト報酬を受け取ることもできるわけです。

従来の実績として、CCAにおいては、
月収1,000万円以上を獲得したICOアフィリエイターがたくさんおります。

あなた(親)の紹介者(子)がアフィリエイト報酬1,000万円を得たならば、
あなたは1,000万円(子の報酬)の1%(10万円)を得るわけです。

私は、報酬が10万円以上という案件を【仮想通貨】の分野以外のアフィリエイトで経験したことがありません。

Crypto Click Affiliate(CCA)について、詳しく検討して参ります。

会社概要
クリプトクリックアフィリエイト(CCA)は、「暗号通貨関連アフィリエイト ASP」です。

このASP(CCA)は
「成果のアフィリエイト+露出のバウンティ」
というダブル報酬制度を持つ新しいASPです。

その他「承認率 100%」「ライフタイムコミッション」「広告素材の充実化」など
アフィリエイターにとって最も活用しやすい ASPを目指しています。

新時代のASP(CCA)への参加をご検討くださいますと幸いです。

Crypto Click Affiliateは、仮想通貨を扱うASPです。

現在、世界的に仮想通貨バブルが到来しています。

有名な ビットコインでは、
メディアでもビットコインが注目を集めた取引所の
Mt.Goxが取引所を閉鎖した2014年2月から20倍も値上がりをしており、
ビットコインに次ぐ話題のイーサリアムの所有者も、
2014年9月からわずか2年で資金が20~70倍になるなど
仮想通貨長者という言葉が生まれるくらい市場は急速に加熱しています。

仮想通貨関連事業の中で最も注目を集めているのが「ICO」です。

先ほどのコインの価値20~70倍になったイーサリアムも、
ICOと呼ばれる市場に一般公開される前のプレセール期間に
イーサリアムを入手した人が多くの利益をあげたことで、
ICOが広く知れ渡るようになりました。

ICOについてはネットで検索して頂ければより詳しい情報を得ることができます。

ICOの特徴は、
数量限定販売であること( 限定性が高い)、
期間限定販売であること( 緊急性が高い)、
世界的に市場が爆発的に拡大していること( 成長性が高い)、
投資商品として流行していること( 成約率が高い)、
顧客獲得競争が起きやすく営業予算が膨らみやすい( 紹介報酬が高い)、
などです。

アフィリエイターなどの販売代理業者にとっては、圧倒的に優位な商品と言えます。

ICOとは?
ICOは、暗号通貨経済におけるIPOのようなものです。

IPOはこれまでの伝統的な経済における証券取引所上の新規株式公開ですが、
ICO(Initial Coin Offering)は、
企業またはプロジェクトが自らの「独自トークン」と呼ばれる
仮想通貨(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し、
それを販売することで開発費や研究費を調達する方法です。

つまり、ICOとは株式を発行してそれを購入してもらうことで
資金を調達するのと同じような意味を持つ次世代の資金調達方法です。

これまで注目されていなかった企業でも、
ICOによって億を超える多くの資金を調達したことで、
ICOが注目されています。

1億8,500万米ドルを5日間で調達、Block.oneがEOSトークンによるICOで新記録を達成

「ビットコインの分身」で資金調達、 12分で約13億円

Mozilla前CEOが設立したBraveが30秒で3500万ドル調達――テック界に広がるICOの可能性

なぜ、そんなにICOが過熱するのか?
ICO時に発行する仮想通貨(トークン)を購入することで、
購入者には上場時のキャピタルゲインが期待できます。

株式のIPOに例えるとすると、
未公開株は上場後に値上がる可能性が高いため、
手に入れた時点でほぼキャピタルゲインが見込める期待が高いからです。

ただ、未公開株については抽選のため誰でも購入ができません。

その点、ICOは誰でも少額から気軽に購入が可能な点からも
投資家だけでなく幅広い層から注目されています。


初値で売却した場合、 (9,000円ー3,000円) ×100株=60万円利益

ICOが過熱するべくして過熱している価値の流れ
ビットコインが高騰し、
イーサリアムやリップルなどのビットコインに次ぐ仮想通貨の価値が高まっている状況の中、
次の投資先として新興コインにお金が流れる動きになっています。

例えば、 ICOプレセール終了後に上場し、
価値があがったAコインの利益で、
新たなBコインに再投資を行うという循環が起こっています。

儲けた価値をフィアット通貨(国が発行している円やドル)に交換せずに
コインからコインへを繰り返すことで価値を複利化していると、
その間に仮想通貨の基軸通貨と言われるビットコインなどのコイン単体の価値も上昇するのです。

このような全面高状態が起こり、
フィアット通貨ベースでの資産がどんどん膨らんでいるため、
ICO市場は過熱をしているのです。

コインからコインへ投資を繰り返し複利化・再投資をして価値が暴騰!
投資 Aコイン
上場
投資 Bコイン
上場
再投資を継続

コイン購入で広く使われる基軸仮想通貨(ビットコイン)の価値も同時に上昇
結果、フィアット通貨(円、ドルなど)で計算すると、倍々ゲームのように価値が暴騰に継ぐ暴騰!

Crypto Click AffiliateがICOアフィリエイトを可能にしました
さらには、ICOの過熱だけではなく
ビットコインを中心に実際に買い物ができたりATMでおろせたりすることで、
仮想通貨経済圏が広がっています 。

実際日本でも、
全国展開をしている家電量販店ビックカメラや
メガネやコンタクトレンズを販売しているメガネスーパーなど、
ビットコイン決済を可能にしている店舗が続々と増えております。

Crypto Click Limitedでは、将来有望なICO案件などと契約をして、
ICOを中心とした仮想通貨関連事業のアフィ リエイトASPをオープンすることになりました。

仮想通貨(暗号通貨)をクリプトカレンシーを呼ぶことから
名前を 「クリプトクリックアフィリエイト(CCA)」と名付けました。

アフィリエイターにとって大変有利な仕組みを導入しています。
詳細は、順次ご説明させて頂きます。

優位性その1。報酬は永久的
Crypto Click Affiliate(以下、CCAとする)の報酬は、
通常のアフィリエイト報酬体系とは異なります。

永久的に報酬を獲得することができるライフタイムコミッションです。

通常、アフィリエイターが成約した1ユーザーがサプリなどの継続商品を購入しても、
最初の報酬しか支払われないのが一般的です。

CCAはユーザー毎にアフィリエイト成果が紐づくため、
獲得したユーザーがICOプレセール1期募集で100コイン購入、2期募集で500コイン購入、
さらにプレセール終了前に駆け込みで追加で400コイン購入となった場合、
合計1,000コイン購入分がアフィリエイト報酬となります。

取り扱いICO案件の認知をあげ初回登録者を獲得して頂ければ、
ICO側での継続的なプロモーション
( SNSで の拡散、段階な事業プランの発表、時限的ボーナス設定など)
により、ユーザーの理解が深まる度に追加購入などが見込め、
アフィリエイターが獲得できるライフタイムバリューを引き上げることができる仕組みです。

※初回登録とは初回購入ではなく
ICOサイトのマイページ無料登録をさしているため
ハードルも低くなっていま す。

優位性その2。爆発的なアフィリ報酬単価
ICO案件は定価がありません。

ユーザーによっては5000円相当かもしれませんし、5万円相当かもしれませんし、50万円相当かもしれません。

また、 ICOの将来性が魅力的だとユーザーが判断すれば、
一気に1000万円以上を購入する投資家もめずらしくありません。

あらゆるアフィリエイト案件の中でも
顧客単価の高さへの期待値はナンバー1 です。

顧客は投資家という属性を持っているため、
加熱している市況の中で投資額( ICO購入額)は一人あたりの額も右肩あがりになっています。

※上記では「円相当」と表記していますが、
当初は ICOの購入はビットコインで行われる ICOがほとんどのため 報酬もビットコインで支払われます。

ICOクライアント次第で支払い暗号通貨は広がる可能性もあります。

報酬システムは最低でも 7%~10%でICO案件毎に異なります。

もちろん、成果やプロモーションの質の高さなどで特別単価の反映も可能 です。
(特別単価はICO側へ弊社からその都度交渉いたします)

優位性その3。承認率100%!
通常のASPでは提携先の広告主様が承認作業を行いますが、 CCAではASP側が行います。

通常のASPの場合、
購入の決済は広告主へされアフィリエイト成果承認後、
報酬がASPに支払われ、ASPからアフィリエイターへ支払われます。

この問題点は、広告主が承認を不正できてしまうことです。

本来売れているのに売れていないと承認操作することが可能です。

広告主はこの承認操作で広告費用対効果を調整する悪しき習慣があります。

また、アフィリエイターへの報酬支払いが遅くなります。

CCAでは、この問題点を解決するために、 MyICOにて決済を受けるICO案件のみ取り扱います。

MyICOにて誰がいくら買ったのかを把握し、MyICOとCCAの間でアフィリエイト成果を照合します。

そして CCAからアフィリエイ ターへ支払うことで承認率不正はあり得ない構造を作りました。

承認率100%です。

また、支払いターンは最短で即日支払いが可能になります。

仮に、ICOが希望調達額設定をしている案件で、
調達額が足りずに不成立となりユーザーへ全額返金となっても、
アフィリエイターへの報酬は返還義務はない契約になっています。

この点から見ても漏れる事なく、承認率 100%です。

承認率100%の仕組み

従来のASP(データが把握できず広告主の判断次第)
CCA(正確なデータが把握できるから100%承認)

従来のアフィリエイトの場合:
広告主が成果承認後、ASPへ支払いを行う
ASPがアフィリエーターに支払いを行う

MyICO(CCA運営) ASPの場合:
MyICOがユーザー情報を把握している
○支払いを行う
○アフィリエイトの紐付けを把握している
○入金を把握している

MyICOによる成果承認後、アフィリエイトへ報酬の支払いを行う

優位性その4。最短1日での報酬支払い
アフィリエイト報酬は最短で即日支払いを計画しています 。

MyICOとCCAの提携により(両方とも弊社運営サービスのため連携可能)
ICO購入者はMyICOの決済でのみ購入可能となり、
即時にアフィエイト権利が承認率100%で承認されます。

そしてCCAからアフィリエイターへ先に報酬を支払い、残高をICO発行体へ送金します。

通常のASPでたまに起こる広告主が倒産などによる
報酬支払いを拒否するというトラブルは100%起こらない構造になっています。

また、MyICOは購入者情報、アフィリエイター情報の照合を行えるため、
アフィリエイターの天敵である自己アフィリエイト購入を抑制することができます。

簡単に説明すれば、
お客様の購入額は弊社決済サービスへ送られ、
弊社で顧客管理代行され、
弊社でアフィリ エイト権利を承認し、
報酬を先に支払い、
残高をICO側へ支払うという形式のため、
弊社内で承認作業が行えるために最短で即日報酬支払いが可能になるのです 。

計画では、スタートから1ヶ月は運用確認を徹底して行うため2週間での支払い。

その後運用体制の確認ができたら即日支払いへと移行します。

2018年1月即日支払が実装されております。

優位性その5。ティアと広告素材
CCAでは2ティアを標準機能で採用しています。

アフィリエイターがアフィリエイターを紹介することで
子アフィリエイターの実績からも報酬が発生する仕組みです。

・広告素材の強化
各ICOの公式ページへのアフィリエイトリンクだけでなく、
各 ICOの個別情報をまとめた販売ページ、
取り扱い中の全ICO案件をまとめた比較販売ページも
アフィリエイト素材として用意いたします 。

ICO発行体は投資業者ではなく技術系の経営陣が多いため、
対投資家を想定した情報発信のきめ細かさに欠ける性質が
ICO業界全体に見受けられます。

それによる認識のずれがアフィリエイターや購入者におこる傾向が見られるので、
転用、引用可能なICO発行体からの情報発信の記事素材も強化します。

ICOプロジェクトごとの本質の認識が薄くなると、
正しくない憶測の流布やオーバートーク
または逆にネガティブトークが生まれやすくなると考えています。

正しい情報提供を徹底することで、正しい販売活動を支援します。

これらの素材強化により
ICOに詳しくなくてもアフィリエイト活動が行えるというメリットもあります。

優位性その6。 報奨金・バウンティ制度(ハイブリッド型ASP)
CCAの特徴としてアフィリエイト報酬とは別に報奨金制度(バウンティ)を導入




信じられますか?
どのICOを紹介してもどれも有望なICOばかりなんて。