【光免疫療法】なんと末期ガンがたった一日で治る!

【光免疫療法】近赤外線ががん細胞を破壊する

「早く効く」「全身への副作用少ない」

臨床試験参加の田原医師 広島で講演

テレビのリモコンなどに使われる近赤外線という光で、がん細胞を破壊する。
そんな「光免疫療法」が注目されている。
国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は昨年、国内で唯一、臨床試験に参加した。
責任者を務めた頭頚部内科の田原信医師(50)=広島市出身=は「数年以内に、がんの新しい治療法として認可される可能性がある」と見通す。(衣川圭)

光免疫療法は、米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が開発した。
オバマ前米大統領が2012年の演説で「正常な細胞は傷つけずに、がん細胞だけを殺す新しい治療法だ」と触れ、話題になった。
今年は中国地方を含む国内10施設で、信仰した舌がんや咽頭がんなどの患者を対象に、従来の薬物治療と比較する最終段階の試験が始まる。

がん細胞をやっつける仕組みはこうだ。
がん細胞の表面にくっつく「抗体」を、点滴で体の中に入れる。
その抗体にあらかじめ近赤外線を吸収する化学物質を付着させておく。
点滴から24時間後、幹部に近赤外線を1回(5分間)当てる。
すると化学物質が光に反応し、がん細胞が膨らんで破れる。

従来の治療で治らず再発・転移した喉頭がんなどの世界の患者を対象とした臨床試験では、30人のうち4人のがんが消え、9人で縮小、11人は病状が悪くならなかった。
一部で局所的な痛みなどの副作用があったが重篤なものは少なかった。

 

免疫が活性化

広島がんセミナーが1月に広島市で開いた研究会で、田原医師は「非常に治療効果が高く、早く効く。
抗がん剤の効果がなくなった人でも、腫瘍が消えるのは大きなメリットだ」と講演した。
臨床試験では、治療後すぐにがん部分の壊死が始まり、かさぶたが剥がれるようにボロボロと落ちたという。

近赤外線はテレビのリモコンなどに使われる光で、人体への害はない。
照射する機器は、放射線治療の装置などと比べると格段に安いという利点もある。

さらに、この治療では患者の免疫が活性化される利点もある。
光によってがん細胞が破壊されたときに散らばる物質は、免疫細胞にとっては「敵」。
敵が多くなることで免疫細胞は活性化し、転移がんなどを攻撃すると考えられる。
この治療が、光療法ではなく、光「免疫」療法といわれるゆえんだ。

 

出血の危険性も

将来的には、肺や胃などのガンにも応用でき、早期治療の選択肢にもなるとみられる。
加えて、田原医師は外科手術の補助療法への応用を展望する。
「手術中に光免疫療法も合わせて行うと、正常細胞に一定のダメージがある放射線や抗がん剤の治療を回避できる」と説明する。
ただ、光免疫療法にも弱点はある。
がんが頸動脈を取り巻いていると、がん部分の駅に伴って大量出血する危険性が高まる。
また骨に転移したがんには近赤外線は届かない。
田原医師は、「万能の治療法とまでは言えないが、全身の副作用が少なく、生活の質を下げない有望な治療法だ」と話した。

(中国新聞 2019年2月9日)

「バイオジェニックス」について;

バイオジェニックスの登場以前は「腸内細菌の手助けなしでは腸管免疫系はつくられない」と、考えられておりました。
注)腸管免疫
私たちの腸管は、食物を消化・吸収する器官であると同時に巨大な免疫器官でもあります。
腸管は内臓器官ですが、その両端に位置する口腔と肛門を介して外界と接しています。

ところが、バイオジェニックス(特に乳酸菌生産物質)によれば、腸内細菌の助けを借りなくても腸管免疫に直接働きかけることができます。

まずは、腸内細菌と免疫の関係をご説明いたします。
腸内細菌と免疫.png

免疫系は腸内細菌の手助けへの返礼として、同じ細菌である病原菌やウィルスは敵として殺しても、腸内細菌とは平和的に共存をしております。
まさに、この友好関係は生命の神秘ともいうべき現象です。

免疫系は自分に望ましい細菌だけを腸内に共生させていますが、この腸内フローラ(腸内細菌叢)が理想的なあり方からはずれると、免疫系の異常をもたらし病気を起こします。

腸内細菌が病気になると、私たちも病気になるのです。
腸内細菌に元気でいてもらわなければ困ります。

(1)腸内細菌を元気にする方法の一つが最近の驚異的なヨーグルトブームであり、腸内細菌から見つかったプロバイオティクスの素晴らしい作用を多くの人が認めた結果です。
しかしながら、経口摂取したプロバイオティクスは、腸内に棲息する腸内細菌と同一のものであっても、小腸や大腸まで到達することができず、万一到達できても腸内に定着することができないという研究報告が多数あります。

(2)ところで、腸内細菌の善玉菌(有益菌)を増殖・活性化する難消化性食品成分をプレバイオティクスと呼んでいます。
代表例としては、オリゴ糖や食物繊維などが挙げられます。
オリゴ糖などのプレバイオティクスを摂取すれば、腸内に棲む善玉菌を増殖・活性化することにより腸内環境を改善できるというわけです。

(3) 第3の方法として、バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)を摂取することで、免疫の働きを高めて、感染症やガンを予防し、さらにアレルギーも予防するという安全で確かな健康法があるわけです。

バイオジェニックスは、厳密には乳酸菌の生産物質と乳酸菌の死骸です。
したがって、小腸や大腸まで到達することができないとか、腸内に定着できないとかいう問題はありません。

例えば、乳酸菌によって生成された生理活性物質(乳酸菌生産物質)を機能性食品の形で摂り入ることで、腸管免疫を活性化させると同時に腸内フローラを改善することができるのです。
もっとも、一口に「乳酸菌生産物質」といっても、その性能には大きなバラツキがあることも明らかです。

バイオジェニックス的な効果を持つ善玉菌・商品・食品を一覧にまとめました バイオジェニックスの定義

バイオジェニックスとは菌の作り出した物質や菌のカラダ自体がもたらす良い効果のことです。バイオジェニックスの要素をもつ乳酸菌などの善玉菌を一覧表示しています。

私のお勧めするバイオジェニックスサプリは、天然美通です。
天然美通は、けっして便秘解消のためだけのサプリメントではありません。
こちらをじっくり読んでいただければ、天然美通がバイオジェニックスサプリであることを、ご理解いただけると思います。

天然美通

上記ブログにも乳酸菌サプリと呼ばれるものは、数多く紹介されておりますが、「バイオジェニックス」サプリと呼べるものはほとんどありません。
すでにご説明させていただいたとおり、「バイオジェニックス」は「プロバイオティクス」とは異なるものです。
個人的には、「バイオジェニックス」サプリと呼べるのは「天然美通」だけと思っております。

 

自分磨きサークル
ブログを更新したらここで報告
ブログランキング応援サークル
アクセスアップのお手伝い!ブログサークルあんてな
【公式】健康・医療サークル
初心者アフィリエイター
アフィリエイト
2017年にブログ始めましたサークル
みんなで気軽にアクセスアップ
ブログランキング応援サークル


起業家のためのオンラインスクール



起業家のためのオンラインスクール↑↑↑を紹介するだけで高額の紹介手数料が貰えるアフィリエイト案件があります↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です