【がん光免疫療法】3月から日本でも治験開始 

いいね!ボタン

バイオジェニックス

がん光免疫療法は、光をあててがん細胞を壊す新たながん免疫療法です。
この療法の安全性を患者で確かめる臨床試験(治験)が3月から、
「国立がん研究センター東病院」で始まります。

この治療法の実用化を目指す米ベンチャー企業「アスピリアン・セラピューティクス」が17日に発表しました。

アスピリアン・セラピューティクスの発表によると、治験は手術や放射線、抗がん剤で治らずに再発した頭頸部(とうけいぶ)がんの患者を対象に安全性などを確認するものです。
国立がん研究センター内の審査を経て3月に開始される予定です。

米国では2015年に治験が始まり、これまでに15人中14人はがんが縮小しています。
そして、14人のうち7人はがんが消えたということです。

この治療法(「光免疫療法」と呼ばれる)は、米国立保健研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が開発したものです。
11年にマウスでの治療に成功したとの論文が発表されています。

この療法では、「ある化学物質」と「特定のがん細胞に結びつく性質があるたんぱく質(抗体)」を結合させた薬を注射します。
すると、抗体はがん細胞と結びつきます。
これに、人体に無害な近赤外光を当てると、化学物質が反応してがん細胞だけを破壊します。
さらに、このガン細胞の破壊をきっかけに免疫細胞が活性化します。

 
光免疫療法がだれでも利用できるようになることを待ち望んでおります。
しかし現状、最も有効な方法は自己の免疫力を高めて、がんを自然退縮に導くことと考えております。
であるならば、免疫の70%以上が腸管免疫ですから、腸管免疫を高めることが最重要です。

腸管免疫を高めるものとして注目されているものに、乳酸菌生産物質があります。
この乳酸菌生産物質は、本来、腸内でビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が生産している物質ですが、これを体外で製造したものが乳酸菌生産物質サプリと言うことができます。

善玉元気は短鎖脂肪酸を含む乳酸菌発酵エキスを独自配合した乳酸菌サプリです

善玉元気によれば、食生活などの生活バランスの乱れや加齢により減少してしまう乳酸菌発酵エキスを補うことができます。

56種類もの選び抜かれたエリート善玉菌を共棲培養したので、免疫力向上などの直接的な健康効果とともに、理想的な腸内環境を取り戻すことができます。

乳酸菌発酵エキスに加えて、さらにプレバイオティクスを始めとする5大エイジングケアエキスを配合いたしました。

シニアソムリエの監修により美味しいゼリータイプに仕上げました。

バイオジェニックスガン
健康で生き生き生活するための情報を多くの方々と共有することを目指しております
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
あなたも健康情報を共有いたしませんか?
そして、この情報の拡散にご協力ください。
hiroshiをフォローする
健康と生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました