【ガン】自助退縮とは? by川竹文夫

いいね!ボタン

バイオジェニックス

自助退縮とは?

「自然退縮の実例が、一つの団体で10人もまとまったら、世界が震撼する」
数年前、世界的免疫学者、故安保徹氏は、私にそう言って檄を飛ばしてくれた。
ガン患研には、すでに53人が登録されている。
自然退縮に変わる名称・<自助退縮>を提案しつつ、
私は今、53人のドキュメントを出版するべく執筆を開始した。
その、もっとも基本的な考えを、ここに示す!

医者の戸惑い

自分の患者のガンが<自然退縮>してしまったとき、主治医はどんな反応を示すのでしょうか? あなたはどう思いますか?
「おめでとう! ガンは消えていますね」「頑張りましたね」などと、一緒に喜んでくれるでしょうか? 残念ながら、そんなことはまずあり得ません。
医者の反応は、おおむね以下のようなものです。
「おっかしいなあ・・・」「うーん(あとは首をかしげるばかり)」
膵臓ガンが消えたある女性会員の場合、主治医は・・・。
「ここにあったはずなのに」。そう言いながら、以前ガンがまだあったときの画像に慌てて切り替え、「ほらね、あるでしょ」と。
卵巣ガンが消えた別の女性会員はこんな証言を寄せてくれました。
いつもは、画像を見せながらガンの大きさに必ず言及する主治医が、その日に限ってまったくその話題に触れないことを奇妙に思い、質問したそうです。
「先生、あのぅ、ガンはどうなっていますか?」
すると主治医は小さな声でポツンと、「写ってないね」。決して「消えている」ではなく、あくまでも、「写っていない」だったとか。
再発肺ガンが消えた男性の場合、主治医は小さな声で「誤診かなぁ・・・最初の検査の間違いかなぁ」と繰り返すばかり。

 

あってはならない!

 一体なぜ・・・。医師たちは、<自然退縮>を素直に認められないのでしょうか? ガンが消えたことを、患者と共に喜べないのでしょうか?
その理由は明白。自然退縮は、彼らにとって決して、<あってはならない>ことだからです。ガンとは、見つけ次第、手術で切って取る、放射線で焼き殺す、抗ガン剤で毒殺する。それ以外に有効な治療法はない。いや、それらすべてを駆使しても、多くの患者は命を落としてしまう・・・それがガンという病。
だのに、たとえ初期であっても、治療もしないガンが消えることなど、決してあり得ない。ましてや再発ガンや末期ガンまで消えるなどとは・・・あってはならない・・・。これが、医師たちの常識であり、信念なのです。

ますます、あってはならない!

 無理もありません、仮にも、一切の治療を受けずに、ガンが消えた患者がいたとしたら、医者は、自分が長年頼りにしてきた、常識も信念も否定されてしまうのですから。
さらにその上・・・。
再発・転移・進行ガンや末期ガンの場合、彼らが手を尽くしてもなお、治すことは極めて困難。治療はただ延命を目的としたものにならざるを得ません。
にもかかわらず・・・。
そんな患者たちのガンがあるときすべて消失していたとしたら、医者にとっては、なおさら認めがたいだろう。なにしろ、自分たちの力がまったく及ばなかったガンが、消えてしまったのだから。
ましてや・・・。
中には、医者の勧める治療を明確に拒否する患者もいる。そんな患者のガンが消えたとなれば、それは感情的にも認めがたい。それこそ、<あってはならない>ことなのです。

 

不当なる無視!

 自らの知識では説明できない<事実>が現れたとき、事実に合わせて知識を修正してゆくのが、科学的な態度。だのに医者たちは、そんな謙虚さを放棄し、あろうことか、認めがたい事実のほうを否定するのです。そうして、身の安全を守ろうとする。逃げようとするのです。
ガンが<自然>に消えるなど、あり得ない。そもそもガンではなかったのではないか。ガンであったとしても、この事例は、例外中の例外。何かの偶然に起こった奇跡のようなもの。わざわざ真面目に論じるほどのものではない・・・と。
このようにして自然退縮は、医者たちによって、長く、不当に無視されてきたのです。

希望の光

 しかし、私たちガン患研は、以下のように考え、主張しています。
自然退縮にこそ、ガンという病気の本質が、そして身体に優しい治し方、本当のガンの治し方が、示されているのだと。
医者がどこまでも、自然退縮を無視し続けるなら、それなら、私が、ガン患研が、それを究明するしかありません。自然退縮は、すべてのガン患者の希望の光になるに違いないのですから・・・。

圧倒的な努力

 そこで私は何よりもまず、世界的に通用している、自然退縮という名称を改めてみたいと考えました。
なぜなら・・・。
<自然>という言葉には、<何もしないのに、ガンが消えた>。何もしていないのだから消えた<理由が分からない>という、二つの意味合いが含まれているからです。
何もしないのに消えたなんて、とんでもない。
理由もなく消えたなんてとんでもない。
53人はみんな、ライフスタイルを整え、食事を変え、心の持ち方を根本的に改めました。
<ガンの原因と結果の図>に示された、ガンの原因を、一つひとつ、取り除いていったのです。そのプロセスで大きな自己変容と自己成長を遂げ、人生そのものを、まったく新たに築き直したのです。
ガンが消えたのは、その圧倒的な努力の結果。命がけの自助努力が、53人の、ガンを消失させたのです。医者には、患者のその努力がまるで見えていない。いや、最初から、そんなことには関心もないのです。だから、何もしないのにガンが消えたなどと、言うのです。
もう一度書きます。何もしないのに、ガンが消えたなんて、とんでもない! 理由もなく消えたなんてとんでもない! ガンが消えたのは、患者本人の圧倒的な努力の結果です。

 

命名!

 だから私は、世界に先駆けて、<ガンの自助退縮>、英語では、constructive regressionと命名しました。

そのことによって、ガンの消失は、その気にさえなれば、そして、必要にして充分な努力さえ積めば、誰にでも引き起こすことのできるものであることを訴えたのです。
ライフスタイルの乱れ、食事の乱れ、心の持ち方の乱れ。ガンの原因を一つひとつ取り除いていけば、ガンという結果が消滅することは、あまりにも当然なのですから。

そして今、ガン患研では、53人の<自助退縮>を数えるまでになりました。世界一の実績です。しかもその数は、少しずつですが、毎年着実に増え続けているのです。
もはや医学界も、例外中の例外、奇跡などというレッテルを貼り、無視し続けることはできないのではないでしょうか。

あなたなら、できる!

 ガン患者のほとんどは、三大療法に疑問を感じつつ、しかしガン治療にはこれしかないと思い込んでいます。いや、思い込まされています。
医者にしか、病院にしか、ガンは治せないと思い込んでいる。思い込まされているのです。だから、もはや、治る見込みが少なくなってきていることを知りつつも、そこにすがりついてしまうのでしょう。
何という、悲しく切ないことでしょうか。
私は再発を経験しました。再発ガンは、<自助退縮>させることに成功しました。
だから、もしあなたが、今の治療に行き詰まっているなら、それにもかかわらず疑問と不安を抱えて、今の治療にすがる他に道を見いだせないでいるのなら・・・私は、言いたい。
53人と声を合わせて、心から、次のように言って差しあげたいのです。

 

医者という赤の他人に、すべてを預けてしまうのは、あまりにも悔しい。
医者の言葉に負けてしまうなんて、あまりにも、もったいない。
治る力は、すでに、あなたの中にあるのだから。
治す方法は、いくらでもあるのだから。
<自助退縮>は、誰にでもできる。あなたなら、できる。
どうかどうか、勇気を奮い、自分を信じてあげてほしい。
たった一度の人生、決して二度とはない人生なのだから。

 

 
ガンを消失させるためには免疫力を高めることが必要です。
免疫の60%以上が腸管免疫ですから、これを高めることがなにより大切です。

最近、腸管免疫を高めるものとして乳酸菌発酵エキスと呼ばれるものが脚光をあびております。
この乳酸菌生産物質は、本来腸内で善玉菌により生産されているものですが、
これを体外で生産することができるのです。

ガン患者である私は、乳酸菌サプリメントとして評価の高い「善玉元気」をお勧めしております。
善玉元気は短鎖脂肪酸を含む乳酸菌発酵エキスを独自配合した乳酸菌サプリです

善玉元気によれば、食生活などの生活バランスの乱れや加齢により減少してしまう乳酸菌発酵エキスを補うことができます。

56種類もの選び抜かれたエリート善玉菌を共棲培養したので、免疫力向上などの直接的な健康効果とともに、理想的な腸内環境を取り戻すことができます。

乳酸菌発酵エキスに加えて、さらにプレバイオティクスを始めとする5大エイジングケアエキスを配合いたしました。

シニアソムリエの監修により美味しいゼリータイプに仕上げました。

バイオジェニックスガン
健康で生き生き生活するための情報を多くの方々と共有することを目指しております
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
あなたも健康情報を共有いたしませんか?
そして、この情報の拡散にご協力ください。
hiroshiをフォローする
健康と生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました